半保護されたページ

JTマーヴェラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

JTマーヴェラス
原語表記 JTマーヴェラス
ホームタウン 大阪府大阪市
クラブカラー 緑、黒
創設年 1956年
所属リーグ V.LEAGUE DIVISION1
チーム所在地 大阪府大阪市
体育館所在地 兵庫県西宮市
代表者 則包雅巳
監督 吉原知子
ホームページ 公式サイト
 表示 

JTマーヴェラス(ジェイティー マーヴェラス)は、大阪府大阪市を本拠地とする日本たばこ産業の女子バレーボールチームである。2021-22シーズンはV.LEAGUE DIVISION1(V1リーグ)に所属。

概要

日本専売公社広島地方専売局で男子バレーボールチーム(現・JTサンダーズ広島)が活動を始めて二十数年経ったころの1956年、茨木工場創業時にそこで9人制女子バレーボール同好会(専売茨木)が設立されたのが始まりであり、1965年に6人制に移行[1]。1985年に男子チームと共に日本たばこ産業に承継された。1996年に初のV・プレミアリーグ昇格を果たす。

チーム名の『マーヴェラス』とは、「素晴らしい」「奇跡的な」などの意味で、Vリーグ昇格時に「Vリーグに驚くべき奇跡を!」と社員応募により決定したマスコットネームである[2]。チームマスコットは『マーヴェりん』で、太陽のようなみかけであり、発熱するものが好きで、わたあめが苦手である[3]

練習場は兵庫県西宮市にあるJTバレーボール部体育館[2][4]。ホームゲームは大阪府兵庫県の体育館で開催されている。

歴史

1956年、日本専売公社茨木工場創業時に同好会として9人制のチームが誕生した(チーム名は専売茨木)。1965年、6人制に移行。

1969年に実業団リーグ(現・Vチャレンジリーグ)が発足し、リーグ入りを推薦される[1]。1969/70シーズン、第1回実業団リーグに出場し、6チーム中最下位で入替戦にも敗れリーグ陥落。1977年にチーム名を「専売茨木」から「専売大阪」に変更する。1980年、全日本6人制実業団優勝大会で優勝し11年ぶりに全国実業団リーグに復帰する[1]。1980/81シーズン、復帰戦の第12回実業団リーグも最下位に終わり地域リーグへ降格。1985年、日本たばこ産業設立承継に伴いチームも承継され、チーム名も「専売大阪」から「日本たばこ」に変更した。また、1988年の日本たばこ産業コミュニケーション・ネーム「JT」導入に伴い、1989年にチーム名も「日本たばこ」から「JT」に変更した。1991年、実業団選抜男女地域リーグプレーオフ大会で優勝し、12年ぶりの実業団リーグ再復帰を果たした[1]

1991/92シーズン、第23回実業団リーグで8チーム中3位に入った。それから第24回以降も4強に入る。そして、1995/96シーズンの第27回実業団リーグで12勝2敗という成績で準優勝を果たし、Vリーグ入替戦で小田急ジュノーに2連勝し、Vリーグ(現・Vプレミアリーグ)へ昇格した。それに伴いチーム名にマスコットネームをつけることとなり、社員応募によりチーム名が今の「JTマーヴェラス」となった[5]。また、兵庫県西宮市に新しい体育館と合宿所が竣工した[1]

1996/97シーズン、初のVリーグとなった第3回Vリーグで最下位の8位となり実業団リーグに降格。1998/99シーズンはV1リーグ(実業団リーグより名称変更)で14戦全勝で優勝し、Vリーグ入替戦で1勝1敗で3年ぶりにVリーグに復帰する。1999/2000シーズン第6回Vリーグで全10チーム中7位と健闘する。第7回リーグも8位でVリーグ残留。しかし、第8回リーグでは最下位となり、入替戦でも日立佐和に連敗してV1リーグ降格となる。2002/03シーズンの第5回V1リーグで13勝1敗で優勝し、1年でVリーグに復帰した。同シーズンの第52回黒鷲旗大会で、チーム初の準優勝を果たし、来季Vリーグに向けて頭角を現す。2003/04シーズン、復帰戦の第10回Vリーグでは7位となるが、第53回黒鷲旗大会で2年連続2度目の準優勝を果たした。そして、第11回Vリーグでは、竹下佳江熊前知加子宝来真紀子菅山かおるらを擁して4位となり、初めての4強入りを果たした。

2005年に元全日本男子監督の寺廻太が監督に就任。寺廻にとっては初めての女子チーム監督となる。2005/06シーズンの第12回Vリーグは7位にとどまる。しかし、2006/07シーズンは、V・プレミアリーグ(Vリーグから名称変更)で初の準優勝。第56回黒鷲旗大会でも3度目の準優勝を果たした。ところが、2007/08シーズンは、V・プレミアリーグでは8位に低迷。第57回黒鷲旗大会では2年連続4度目の準優勝。2008/09V・プレミアリーグでは9位となりV・チャレンジマッチ(入替戦)出場となる。V・チャレンジマッチでは連勝しプレミア残留を果たす。2009年5月に寺廻監督退任[6]

2009年、5月に廃部した武富士バンブーの監督だった石原昭久が監督に就任。韓国のエースキム・ヨンギョンを補強。V・プレミアリーグ女子初の開幕24連勝を果たしレギュラーラウンドを首位で通過。セミファイナルラウンドも3戦全勝の首位で決勝進出を果たす。しかし、最後の優勝決定戦では東レアローズに敗れ準優勝となる。第59回黒鷲旗大会も決勝で東レに敗れ初優勝を逃す(5度目の準優勝)。2010/11シーズン東日本大震災の影響により、V・プレミアリーグが打ち切りとなり、暫定で1位だったためそのまま初優勝となった。第60回黒鷲旗大会でも初優勝を果たし、二冠を達成した。

その後、エースとして活躍したキム・ヨンギョンがトルコフェネルバフチェに移籍。新外国人選手が入団するもの、2011/12V・プレミアリーグでは5位に留まる。第61回黒鷲旗大会では連覇を果たした。2012/13V・プレミアリーグでは序盤につまずき、中盤から少しずつ挽回するも6位で終える。2013年5月に石原監督退任、後任は尾崎侯コーチが昇格[7]

尾崎体制になった2013/14シーズン、V・プレミアリーグで7位となり、V・チャレンジマッチ(入替戦)に出場。上尾メディックス(現・埼玉上尾)に連敗し[8]、同年5月の理事会をもってV・チャレンジリーグ降格が決定した[9]。2014/15年シーズンはV・チャレンジリーグ1位で入れ替え戦に出場したもののプレミアリーグ8位のトヨタ車体クインシーズに敗れ、V・プレミアリーグ昇格はならなかった。

2015年5月、マーヴェラスは闘将吉原知子を監督に招聘し[10]V・チャレンジリーグIに優勝すると、V・チャレンジマッチでも上尾に2連勝して[11]、再びV・プレミアリーグへの昇格資格を得た。2016年3月16日に開催されたVリーグ機構理事会において、2016/17シーズンからV・プレミアリーグへの再昇格が正式決定した[12]。復帰後の2016/17シーズンではVファイナル6に進出する健闘を見せ、4位に食い込んだ[13]

2018年、これまでのVリーグに変わり新生V.LEAGUEが誕生し、1部のDIVISION1に所属[14]。初年度の2018-19シーズンは3位に入った[15]

2019-20シーズン、レギュラーラウンドはスターカンファレンス所属となり、首位で通過し[16]、ファイナル8も首位で通過[17]。準決勝で埼玉上尾に勝ち、2020年1月26日、決勝で岡山シーガルズにフルセットで勝ち、9シーズンぶりの優勝を果たした[18][19]。9年前はシーズン途中の打ち切りによる暫定成績での優勝のため、シーズンを最後まで戦っての優勝はチーム初である。

2020-21シーズン、令和2年度皇后杯選手権大会で初の決勝進出を果たし、決勝でも東レアローズに勝ち皇后杯初優勝を果たした[20]リーグ戦でもV・レギュラーラウンドで2位に入りセミファイナル進出[21]。セミファイナルではNECレッドロケッツに苦闘するもフルセットで勝利しファイナルに進出。そして、ファイナルでは皇后杯に続きまたも東レが相手となり、東レはここまでリーグ戦で22戦全勝の負けなしであったが、相手の若き日本代表エース陣(黒後愛石川真佑)の制御に成功したJTが3-1で勝利し、リーグ戦連覇と2冠を達成した[22][23][24]。吉原は「大事な試合に向かうための集中力やコンディション調整がうまくなっている。」と選手を評した[25]。連覇に貢献したアメリカ代表アンドレア・ドルーズは「チーム全員で仕事をした結果が優勝につながったと思う。」と仲間を讃え、主将で最高殊勲選手賞に輝いた小幡真子は「昨季とは違ったうれしさがある。今季は勝つことの難しさを感じた。」とコメントを残した[26]

成績

主な成績

V.LEAGUE DIVISION1(日本リーグ/Vリーグ/V・プレミアリーグ
V.LEAGUE DIVISION2(実業団リーグ/V1リーグ/V・チャレンジリーグ/V・チャレンジリーグI
黒鷲旗全日本選抜大会
天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会

年度別成績

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
試合 勝率
実業団リーグ 第1回 (1969/70) 6位 6チーム 10 1 9 0.100
第12回 (1980/81) 6位 6チーム 10 1 9 0.100
第23回 (1991/92) 3位 8チーム 14 10 4 0.714
第24回 (1992/93) 4位 8チーム 14 8 6 0.571
第25回 (1993/94) 4位 8チーム 14 6 8 0.429

Vリーグ / 実業団リーグ・V1リーグ

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
試合 勝率
実業団リーグ 第26回 (1994/95) 4位 8チーム 14 7 7 0.500
第27回 (1995/96) 準優勝 8チーム 14 12 2 0.857
Vリーグ 第3回 (1996/97) 8位 8チーム 21 1 20 0.048
実業団リーグ 第29回 (1997/98) 4位 8チーム 14 8 6 0.571
V1リーグ 第1回 (1998/99) 優勝 8チーム 14 14 0 1.000
Vリーグ 第6回 (1999/2000) 7位 10チーム 18 6 12 0.333
第7回 (2000/01) 8位 10チーム 18 6 12 0.333
第8回 (2001/02) 9位 9チーム 16 2 14 0.125
V1リーグ 第5回 (2002/03) 優勝 8チーム 14 13 1 0.929
Vリーグ 第10回 (2003/04) 7位 10チーム 18 6 12 0.333
第11回 (2004/05) 4位 10チーム 27 15 12 0.556
第12回 (2005/06) 7位 10チーム 27 12 15 0.444

V・プレミアリーグ / V・チャレンジリーグ

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
レギュラーラウンド ポストシーズン
順位 試合 試合
プレミア 2006/07 準優勝 10チーム 2位 27 20 7 4 2 2
2007/08 8位 10チーム 8位 27 12 15 -
2008/09 9位 10チーム 9位 27 10 17 -
2009/10 準優勝 8チーム 1位 28 26 2 4 3 1
2010/11 優勝 8チーム 1位 26 20 6 中止
2011/12 5位 8チーム 5位 21 11 10 -
2012/13 6位 8チーム 6位 28 9 19 -
2013/14 7位 8チーム 7位 28 12 16 -
チャレンジ 2014/15 優勝 10チーム 1位 18 17 1 -
チャレンジⅠ 2015/16 優勝 8チーム 1位 21 21 0 -
プレミア 2016/17 4位 8チーム 4位 21 13 8 5 2 3
2017/18 準優勝 8チーム 2位 21 13 8 7 5 2

V.LEAGUE

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
レギュラーラウンド ポストシーズン
カンファレンス 順位 チーム数 試合 試合
DIVISION1 2018-19 3位 11チーム ウエスタン 2位 5チーム 20 14 6 9 4 5
2019-20 優勝 12チーム スター 1位 6チーム 21 17 4 5 4 1
2020-21 優勝 12チーム (1リーグ制) 2位 12チーム 20 16 4 2 2 0

選手・スタッフ(2021-22)

選手

背番号 名前 シャツネーム 生年月日(年齢) 身長 国籍 Pos 在籍年 前所属 備考
1 芥川愛加 AKUTAGAWA (1991-04-03) 1991年4月3日(30歳) 179 日本の旗 日本 MB 2010年- 東九州龍谷高校
2 林琴奈 HAYASHI (1999-11-13) 1999年11月13日(22歳) 173 日本の旗 日本 OH 2018年- 金蘭会高校
4 橘井友香 KITSUI (1997-01-15) 1997年1月15日(25歳) 174 日本の旗 日本 OH 2015年- 札幌山の手高校
5 柴田真果 SHIBATA (1994-06-07) 1994年6月7日(27歳) 171 日本の旗 日本 S 2017年- 日本体育大学
6 田中瑞稀 M.TANAKA (1996-01-28) 1996年1月28日(25歳) 170 日本の旗 日本 OH 2014年- 九州文化学園高校
7 タットダオ・ヌクジャン N.THATDAO (1994-02-03) 1994年2月3日(27歳) 185 タイ王国の旗 タイ MB 2020年- タイ王国の旗 コーンケーンスタータイ語版
8 籾井あき MOMII (2000-10-07) 2000年10月7日(21歳) 176 日本の旗 日本 S 2019年- 八王子実践高校
9 榊原菜那 SAKAKIBARA (2002-03-07) 2002年3月7日(19歳) 180 日本の旗 日本 MB 2020年- 八王子実践高校
10 アンドレア・ドルーズ DREWS (1993-12-25) 1993年12月25日(28歳) 191 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 OP 2019年- トルコの旗 Beylikduzu Voleybol Ihtisasトルコ語
11 目黒優佳 MEGURO (1996-01-16) 1996年1月16日(26歳) 170 日本の旗 日本 OH 2018年- 日本体育大学
12 深萱知代 FUKAGAYA (1996-08-27) 1996年8月27日(25歳) 165 日本の旗 日本 L 2019年- 東海大学
13 西川有喜 NISHIKAWA (2000-09-04) 2000年9月4日(21歳) 180 日本の旗 日本 OH 2019年- 金蘭会高校
14 ヒックマン・ジャスティス JAHSTICE (1999-10-09) 1999年10月9日(22歳) 178 日本の旗 日本 OH 2018年- 誠英高校
15 小幡真子 KOBATA (1992-08-15) 1992年8月15日(29歳) 164 日本の旗 日本 L 2015年- 日本体育大学 主将
16 和田由紀子 WADA (2002-01-08) 2002年1月8日(20歳) 174 日本の旗 日本 OH 2020年- 京都橘高校
17 神田さくら KANDA (2000-04-27) 2000年4月27日(21歳) 182 日本の旗 日本 MB 2019年- 就実高校
18 小山愛実 KOYAMA (2002-07-29) 2002年7月29日(19歳) 178 日本の旗 日本 OH 2021年- 共栄学園高校 新人[27]
19 高橋茉莉奈 TAKAHASHI (1998-08-11) 1998年8月11日(23歳) 180 日本の旗 日本 MB 2021年- 筑波大学 新人[28]
20 西崎愛菜 NISHIZAKI (2002-05-01) 2002年5月1日(19歳) 158 日本の旗 日本 L 2021年- 金蘭会高校 新人[27]
出典:チーム新体制リリース[29] チーム公式サイト[30] Vリーグ公式サイト[31]
更新:2021年7月13日

スタッフ

役職 名前 備考
部長 則包雅巳
ゼネラルマネージャー 谷口雅美
副部長 筧本翔昂
監督 吉原知子
コーチ 加藤陽一
コーチ 丹山禎昭
コーチ 伊藤翔矢 新任
アナリスト 宮城果歩
S&Cコーチ 山内亮
トレーナー 上村宗男
トレーナー 古川美幸
マネージャー 中村雅則
通訳 山中ラーワン
通訳 楳本弥衣
事務局長 田中信雄
総務 田中美咲
広報 城村千佳
広報 山本美沙
広報 橋本梨紗
出典:チーム新体制リリース[29] チーム公式サイト[30]
Vリーグ公式サイト[31]
更新:2021年7月12日

在籍していた主な選手

その他

  • 女優江角マキコがかつて所属していたが、故障で直ぐに引退した。
  • ピン芸人の幹てつやが、吉本入り前にアシスタントコーチを務めた時期がある。

スポンサー

関連項目

脚注

  1. ^ a b c d e チーム沿革”. Vリーグ機構. 2013年10月23日閲覧。
  2. ^ a b チーム紹介”. JTマーヴェラス. 2014年2月27日閲覧。
  3. ^ ブイリーの部屋。”. Vリーグ機構. 2021年2月18日閲覧。
  4. ^ チームカレンダー”. JTマーヴェラス. 2013年10月23日閲覧。
  5. ^ チーム概要”. Vリーグ機構. 2014年2月27日閲覧。
  6. ^ 監督、コーチ、スタッフ退任のお知らせ”. JTマーヴェラス (2009年5月). 2013年10月23日閲覧。
  7. ^ 尾﨑侯氏が新監督に就任いたします”. JTマーヴェラス (2013年5月). 2013年10月23日閲覧。
  8. ^ Vリーグ機構. “2013/14V・チャレンジマッチ(入替戦) 試合結果のお知らせ”. 2014年4月6日閲覧。
  9. ^ Vリーグ機構. “デンソーエアリービーズ、上尾メディックス V・プレミアリーグ昇格決定について”. 2014年5月22日閲覧。
  10. ^ JTマーヴェラス. “吉原知子氏が新監督に就任いたします”. 2015年6月1日閲覧。
  11. ^ Vリーグ機構. “試合結果”. 2016年3月6日閲覧。
  12. ^ Vリーグ機構. “JTマーヴェラス、PFUブルーキャッツのV・プレミアリーグ昇格決定のお知らせ”. 2016年3月17日閲覧。
  13. ^ 【レポート】NECとJTが勝利! 日立はファイナル3へ!~V・ファイナルステージ 女子ファイナル6横浜大会(3/5)~”. Vリーグ機構. 2017年3月6日閲覧。
  14. ^ 2018-19 V.LEAGUEの編成について”. Vリーグ機構 (2018年3月24日). 2020年1月28日閲覧。
  15. ^ 2018-19 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V・ファイナルステージ グランドファイナル 試合結果のお知らせ”. Vリーグ機構 (2019年4月13日). 2020年1月28日閲覧。
  16. ^ ※1月4日更新【V1女子】スターカンファレンス最終順位”. Vリーグ機構 (2020年1月4日). 2020年1月28日閲覧。
  17. ^ ※1/19時点※ 2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN 最終結果のお知らせ”. Vリーグ機構 (2020年1月19日). 2020年1月28日閲覧。
  18. ^ 【レポート】JTマーヴェラスがフルセットの激闘を制し頂点に輝く!~V・ファイナルステージ ファイナル”. Vリーグ機構 (2020年1月26日). 2020年1月28日閲覧。
  19. ^ 2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V・ファイナルステージ ファイナル 試合結果のお知らせ”. Vリーグ機構 (2020年1月26日). 2020年1月28日閲覧。
  20. ^ トーナメント - ファイナルラウンド”. 令和2年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年12月20日閲覧。
  21. ^ “2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V・レギュラーラウンド最終結果・個人賞受賞選手決定のお知らせ” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2021年2月14日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21904 2021年2月21日閲覧。 
  22. ^ “「2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN」優勝” (プレスリリース), JTマーヴェラス, (2021年2月21日), https://www.jti.co.jp/sports/marvelous/information/topics/2020/2102_05/index.html 2021年2月22日閲覧。 
  23. ^ “2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V・ファイナルステージ ファイナル 試合結果のお知らせ” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2021年2月21日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21904 2021年2月21日閲覧。 
  24. ^ “JT、2季連続3度目V 吉原監督「選手たちが頑張ってくれた」 レギュラーシーズン21戦全勝の東レ撃破”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2021年2月22日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/02/22/kiji/20210221s00070000711000c.html 2021年2月22日閲覧。 
  25. ^ 平山連 (2021年2月21日). “JT2連覇「最後まで頑張ってくれた」吉原知子監督”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). https://www.nikkansports.com/sports/news/202102210000827.html 2021年2月22日閲覧。 
  26. ^ “【Vリーグ】JTが連覇達成 全日本選手権に続き2冠 MVP小幡「昨季と違ったうれしさがある」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年2月21日). https://hochi.news/articles/20210221-OHT1T50229.html 2021年2月22日閲覧。 
  27. ^ a b 2021年度加入予定選手(内定選手)のお知らせ”. JTマーヴェラス (2021年2月17日). 2021年6月20日閲覧。
  28. ^ 2021年度加入予定選手(内定選手)のお知らせ”. JTマーヴェラス (2020年12月23日). 2021年6月20日閲覧。
  29. ^ a b 2021/22シーズンJTマーヴェラス新体制のお知らせ”. JTマーヴェラス (2021年7月12日). 2021年7月12日閲覧。
  30. ^ a b 選手・スタッフ”. JTマーヴェラス. 2021年7月13日閲覧。
  31. ^ a b JTマーヴェラス”. Vリーグ機構. 2021年7月13日閲覧。

外部リンク