大野石油広島オイラーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大野石油広島オイラーズ
原語表記 大野石油広島女子バレーボール部
ホームタウン 広島県広島市
クラブカラー 紺、赤
創設年 1992年
所属リーグ VチャレンジリーグI
チーム所在地 広島県広島市
体育館所在地 広島県広島市
代表者 谷口圭司
監督 原秀治
ホームページ 公式サイト
 表示 

大野石油広島オイラーズ(おおのせきゆ ひろしまオイラーズ)は、広島県広島市を拠点とする大野石油店の女子バレーボールチームである。現在V・チャレンジリーグIに所属。

概要[編集]

猫田記念体育館

母体は広島県内で石油製品を取り扱う大野石油店。1992年創部。2003年V1リーグ(現・チャレンジリーグ)に昇格。

当初は「大野石油スポーツクラブ(OSC広島)」として活動していたが、1993年に「大野石油広島女子バレー部」に改名した。2007年に愛称を「オイラーズ」とした。この愛称は、母体の業務である「石油(オイル、OIL)」を由来としている。

選手達は昼間、市内の給油所でサービス業務に従事し夕方まで勤務した後、本社ビル内にある専用体育館で練習を行っている[1]

試合会場は広島市の猫田記念体育館や、福山市ローズアリーナを使用している。ユニフォームサプライヤーはミズノ

所属選手のほとんどが広島県出身であることも特徴[1]。また、他の広島のスポーツチームの応援と同様に、しゃもじを楽器として使うところも特徴である。

歴史[編集]

1992年に大野石油スポーツクラブとして創部。翌1993年から大野石油広島女子バレー部と改称。

1994年、地域リーグ(女子・西部)に参戦。2000年には地区リーグ西部で過去最高の2位となり、初のプレーオフ(現ファイナルリーグ)に進出[1]、翌2001年には地域リーグ西部で優勝を飾るもののプレーオフを勝ち抜けず昇格できなかった。2003年、プレーオフで優勝し、V1リーグに昇格を果たした[2]

以降、チャレンジリーグに定着している。2007年に愛称を「オイラーズ」とした。

2009/10シーズン開幕前日である11月27日、遠征先で2選手が新型インフルエンザを発症した。試合前日であり準備が出来ないことから、翌28日の開幕戦対KUROBEアクアフェアリーズ戦、29日の健祥会レッドハーツ戦を棄権した。ちなみに、棄権試合はVリーグ史上初[3][4]

2012年5月、9度目の出場となった第61回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会において、初の決勝トーナメント進出を果たし、ベスト8に輝いた[5]

成績[編集]

主な成績[編集]

チャレンジリーグ、チャレンジリーグI(実業団リーグ/V1リーグ)
  • 優勝なし
  • 準優勝なし
黒鷲旗全日本選手権
  • 優勝なし
  • 準優勝なし

年度別成績[編集]

大会名 順位 参加チーム数 試合数 備考
V1リーグ 第6回 (2003/04) 7位 7チーム 14 1 11
第7回 (2004/05) 6位 8チーム 14 3 11
第8回 (2005/06) 6位 8チーム 14 4 10
V・チャレンジリーグ 2006/07シーズン 4位 8チーム 14 7 7
2007/08シーズン 5位 8チーム 14 8 6
2008/09シーズン 4位 10チーム 18 12 6
2009/10シーズン 6位 12チーム 16 7 9 [注 1]
2010/11シーズン 9位 12チーム 19 6 13 [注 2]
2011/12シーズン 4位 12チーム 22 13 9
2012/13シーズン 3位 10チーム 18 13 5
2013/14シーズン 5位 10チーム 18 8 10
2014/15シーズン 3位 10チーム 18 13 5
V・チャレンジリーグI 2015/16シーズン 6位 8チーム 21 6 15
2016/17シーズン 6位 8チーム 21 9 12
2017/18シーズン 7チーム

選手・スタッフ[編集]

選手[編集]

2017年9月19日版[6][7]

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考
1 北川育海 KITAGAWA 日本の旗 日本 MB 主将
2 正田美友貴 SHODA 日本の旗 日本 MB
3 磯部成里 ISOBE 日本の旗 日本 MB
4 長谷川侑南 HASEGAWA 日本の旗 日本
5 藤田萠英 FUJITA 日本の旗 日本
6 吉里遥 YOSHIZATO 日本の旗 日本 WS
7 馬渡晴菜 MAWATARI 日本の旗 日本 S マネージャー兼任
8 吉本梓穂 YOSHIMOTO 日本の旗 日本 S/L
9 佐藤愛美 SATO 日本の旗 日本 WS
10 山内佑里子 YAMAUCHI 日本の旗 日本
11 中田唯香 NAKATA 日本の旗 日本 WS 仙台ベルフィーユから移籍
12 谷岡初生 TANIOKA 日本の旗 日本

スタッフ[編集]

2017年8月13日版[6][7]

役職 名前 国籍
顧問 小田重行 日本の旗 日本
部長 谷口圭司 日本の旗 日本
監督 原秀治 日本の旗 日本
コーチ 鈴木輝 日本の旗 日本
トレーナー 新井美由紀 日本の旗 日本
マネージャー兼選手 馬渡晴菜 日本の旗 日本

在籍していた主な選手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新型インフルエンザの影響で2試合不戦敗。
  2. ^ 東日本大震災のため打ち切り。

出典[編集]

  1. ^ a b c バレーの大野石油広島 V1に向けアタック”. 中国新聞(Internet Archive) (2000年3月2日). 2000年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月23日閲覧。
  2. ^ V1リーグ女子にいざ船出 昇格の大野石油広島”. 中国新聞(Internet Archive) (2004年1月14日). 2004年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月23日閲覧。
  3. ^ インフル禍で開幕戦を棄権 チャレンジLの大野石油”. 中国新聞 (2009年11月29日). 2009年11月29日閲覧。
  4. ^ 弊社バレーボール部(大野石油広島オイラーズ)出場辞退に関する件 (PDF)”. 大野石油公式. 2009年11月30日閲覧。
  5. ^ 大阪府バレーボール協会. “決勝トーナメント結果 (PDF)”. 2012年5月17日閲覧。
  6. ^ a b スタッフ・選手紹介”. 大野石油広島オイラーズ. 2017年8月13日閲覧。
  7. ^ a b チーム登録選手”. Vリーグ機構. 2017年8月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]