ユニチカ・フェニックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユニチカフェニックス
原語表記 ユニチカフェニックス
ホームタウン 大阪府貝塚市
クラブカラー 紺・青
創設年 1954年
廃部年 2000年
チーム所在地 大阪府貝塚市
体育館所在地 大阪府貝塚市半田150
 表示 

ユニチカ・フェニックスは、かつて大阪府貝塚市を本拠地として活動していた日本の女子バレーボールチーム。東京五輪で金メダルを獲得した「東洋の魔女」の母体であり、現在V・プレミアリーグに所属する東レ・アローズの前身となったチームである。

歴史[編集]

ユニチカの前身である大日本紡績(日紡)では、当初各工場ごとに女子バレーボール部があり、日紡尼崎が最も早くから活躍を見せ、次いで日紡足利が台頭するようになっていた。両チームとも全日本女子総合優勝を果たした強豪チームであったが、1953年に大日本紡績は女子バレーボール活動を貝塚工場に統合させることを決定。翌1954年に大日本紡績代表女子バレーボールチーム日紡貝塚が結成され、監督に大松博文が就任した。

1959年から1966年にかけて258連勝という大記録を樹立(ニチボー貝塚258連勝の戦績一覧を参照)。「東洋の魔女」の異名で呼ばれるきっかけとなった1961年の欧州遠征では22戦全勝を果たし、日本スポーツ賞を受賞。翌1962年の世界選手権では日紡貝塚単独編成の全日本女子代表チームで優勝を果たした。1964年4月、大日本紡績からニチボーへの社名変更[1]に伴い、チーム名をニチボー貝塚に変更。そして、同年10月の東京オリンピックでもほとんどの日本代表選手を輩出し、金メダル獲得に大きく貢献した。

大松博文監督の指導法にも注目され、プロ野球選手監督や、日本全国からアマチュア指導者も見学に訪れた[2]南海ホークス鶴岡一人監督は「こりゃ、男には通用せんわ」と口をあんぐりさせる程厳しいものだったといわれる[2]

1969年、ニチボーと日本レイヨンの合併によるユニチカへの社名変更に伴い、チーム名をユニチカ貝塚に変更。1977年に拠点名を廃してユニチカ、1991年からは愛称を加えてユニチカ・フェニックスとなった。

世界選手権1回、日本リーグ6回、全日本総合16回(6人制と9人制の合計)、黒鷲旗全日本選抜19回、国民体育大会9回(6人制と9人制の合計)、全日本実業団4回(6人制と9人制の合計)、NHK杯6回、四強シリーズ1回の優勝を果たした。獲得した主要タイトル計62回は、日立ベルフィーユの53回を上回る歴代最多記録であり、女子リーグでは強豪の地位を不動のものとしていた。

しかし、長期不況による経営悪化を受けて1997年3月に貝塚工場が操業を停止。チームも2000年7月に活動を休止した。選手全員の完全移籍を目指し交渉を行った結果、同年9月に東レ滋賀事業場が選手全員の受け入れを発表。チーム全体で東レ・アローズへ移籍する運びとなった。

2003年にはユニチカ貝塚体育館が日本バレーボール協会貝塚ナショナルトレーニングセンターとなり、全日本女子代表チームの合宿などに活用されている。また、2005年には体育館に隣接する旧ユニチカ貝塚工場事務所が貝塚市歴史展示館となり、優勝カップ等が展示されている。

フェニックスのチーム愛称については同社女子バスケットボール部(旧ニチボー平野)も使用していたが、こちらも2004年に廃部となったため、翌2005年から同社ラグビー部(トップウェストA1所属。前身は日本レイヨン)が使用している。

成績[編集]

次に示す各記録は、後身の「東レアローズ女子チーム」やVリーグの公式サイトではユニチカ時代・東レ時代と合算しているが、この項では東レを別チームと扱って、ユニチカ時代の成績のみを載せる。

主な成績[編集]

世界選手権
  • 優勝1回(1962年) ※単独チーム編成で参加。
日本リーグ/Vリーグ
  • 優勝6回(1969年度、1970年度、1971年度、1979年度、1980年度、1996年度)
黒鷲旗全日本選抜
  • 優勝19回(1953年、1956年、1957年、1958年、1959年、1961年、1962年、1963年、1964年、1965年、1966年、1967年、1969年、1971年、1981年、1989年、1991年、1995年、2000年)
四強シリーズ
  • 優勝1回(1965年度)
全日本総合(6人制)
  • 優勝11回(1958-1966年、1970年、1978年)
全日本総合(9人制)
  • 優勝5回(1955年、1957-58年、1960-61年)
全日本実業団(6人制)
  • 優勝2回(1960-1961年)
全日本実業団(9人制)
  • 優勝2回(1955年、1958年)
国民体育大会一般女子(9人制)
  • 優勝3回(1955年、1957-1958年)
国民体育大会成年女子(6人制)
  • 優勝4回(1971-73年、1975年)
国民体育大会成年女子1部(6人制)
  • 優勝2回(1990年、1996年)
NHK杯
  • 優勝6回(1962-66年、1971年)

年度別成績[編集]

大会名 順位 参加チーム数 試合数 勝率
日本リーグ 第1回 (1967/68) 3位 6チーム 10 8 2 0.800
第2回 (1968/69) 3位 6チーム 10 5 5 0.500
第3回 (1969/70) 優勝 6チーム 10 9 1 0.900
第4回 (1970/71) 優勝 6チーム 10 10 0 1.000
第5回 (1971/72) 優勝 6チーム 10 9 1 0.900
第6回 (1972/73) 3位 6チーム 10 6 4 0.600
第7回 (1973/74) 6位 6チーム 10 1 9 0.100
第8回 (1974/75) 5位 6チーム 10 3 7 0.300
第9回 (1975/76) 準優勝 6チーム 10 8 2 0.800
第10回 (1976/77) 準優勝 6チーム 10 6 4 0.600
第11回 (1977/78) 準優勝 6チーム 10 8 2 0.800
第12回 (1978/79) 3位 6チーム 10 6 4 0.600
第13回 (1979/80) 優勝 6チーム 10 9 1 0.900
第14回 (1980/81) 優勝 8チーム 14 14 0 1.000
第15回 (1981/82) 準優勝 8チーム 21 17 4 0.810
第16回 (1982/83) 準優勝 8チーム 21 18 3 0.857
第17回 (1983/84) 4位 8チーム 21 11 10 0.524
第18回 (1984/85) 5位 8チーム 21 9 12 0.429
第19回 (1985/86) 6位 8チーム 21 8 13 0.381
第20回 (1986/87) 4位 8チーム 21 13 8 0.619
第21回 (1987/88) 5位 8チーム 14 5 9 0.357
第22回 (1988/89) 準優勝 8チーム 17 14 3 0.824
第23回 (1989/90) 準優勝 8チーム 17 13 4 0.765
第24回 (1990/91) 4位 8チーム 17 6 11 0.353
第25回 (1991/92) 4位 8チーム 20 10 10 0.500
第26回 (1992/93) 準優勝 8チーム 20 13 7 0.650
第27回 (1993/94) 6位 8チーム 14 6 8 0.429
日本リーグ通算 (27年) 388 245 143 0.631
Vリーグ 第1回 (1994/95) 準優勝 8チーム 21 13 8 0.619
第2回 (1995/96) 優勝 8チーム 21 13 8 0.619
第3回 (1996/97) 5位 8チーム 21 10 11 0.476
第4回 (1997/98) 3位 8チーム 21 9 12 0.429
第5回 (1998/99) 6位 10チーム 18 10 8 0.556
第6回 (1999/2000) 3位 10チーム 18 11 7 0.611
Vリーグ通算 (6年) 120 66 54 0.550

休部年度の選手・スタッフ[編集]

1999年12月17日版[3]

選手[編集]

背番号 名前 年齢 国籍 Position 備考
1 熊前知加子 25 日本の旗 日本 レフト
2 木村久美 25 日本の旗 日本 ライト 主将
3 苧坂一美 22 日本の旗 日本 センター
4 磯辺絵梨子 22 日本の旗 日本 セッター
5 内野由希 22 日本の旗 日本 レフト
6 向井久子 21 日本の旗 日本 レフト
7 上田かおり 21 日本の旗 日本 センター
8 澤井美里 20 日本の旗 日本 センター
9 山本明日香 20 日本の旗 日本 ライト
10 佐野優子 20 日本の旗 日本 レシーバー
11 湯浅記世 20 日本の旗 日本 センター
12 池田幸子 20 日本の旗 日本 レフト
13 五十川葉子 19 日本の旗 日本 レフト
14 中田美和 19 日本の旗 日本 セッター
15 芝田安希 18 日本の旗 日本 ライト
16 緑川真由美 19 日本の旗 日本 ライト

スタッフ[編集]

役職 名前 国籍 備考
部長 小林義克 日本の旗 日本
監督 達川実 日本の旗 日本
コーチ 岸本太道 日本の旗 日本
コーチ 濱田義弘 日本の旗 日本
コーチ 中西千枝子 日本の旗 日本
トレーナー 岩間徹 日本の旗 日本
アシスタントトレーナー 吉本恵保美 日本の旗 日本
総務 鶴徹朗 日本の旗 日本
マネージャー 松木麻貴子 日本の旗 日本

在籍していた主な選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、1950年頃から「ニチボー」表記も社内外で広く使用されていた。
  2. ^ a b 日刊スポーツ連載 〈伝説〉258連勝 ニチボー貝塚バレーボール部 2007年11月9日。
  3. ^ 月刊バレーボール2000年2月号臨時増刊 第6回Vリーグ観戦ガイドブック 86-87ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]