V.LEAGUE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
V.LEAGUE
今シーズン・大会:
現在進行のスポーツイベント V.LEAGUE2018-19
V.LEAGUE ロゴ.png
競技 バレーボール
開始年 2018年
参加チーム 男子:V1:10、V2:9、V3:6
女子:V1:11、V2:10
日本の旗 日本

V.LEAGUE(ブイリーグ)は日本バレーボールリーグ機構が2018/19シーズンから開催する日本国内のバレーボール大会である[1][2]スーパーリーグ構想に基づき[3]、これまでのV・プレミアリーグV・チャレンジリーグI・IIを再編して開催される。リーグはV1リーグ、V2リーグ、V3リーグ(男子のみ)の3部構成である[4]

リーグ構成[編集]

2018年3月24日、Vリーグ機構は2018/19シーズンのリーグ編成を正式に発表した[5]。V1リーグ女子は当初12チームと発表されていたが、フォレストリーヴズ熊本のライセンス取り消しにより、2018-19シーズンのV2からの追加補充はせず、このシーズンに限り暫定的に11クラブの参加に変更となった。2019-20シーズン以後は未定。

V1リーグ[編集]

V.LEAGUEの最上位リーグ。S1ライセンスを保有するチームのうち、男子10チーム、女子11チーム(2018-19シーズン限定)が出場[6]。女子は6チームの東カンファレンスと5チームの西カンファレンスに分かれてリーグ戦を行う(本来は東西6チームづつの配分)[4]

V2リーグ[編集]

V.LEAGUEの中位リーグ。S1またはS2ライセンスを保有するチームのうち、男子9チーム、女子10チーム[7]がリーグ戦を行う[4]

V3リーグ[編集]

V.LEAGUEの下位リーグ。S1またはS2・S3ライセンスを保有するチームのうち、男子6チームが出場する。女子はS3ライセンス保有クラブが当初1クラブのみの為[7]当分開催されない[4]

入替戦[編集]

S1ライセンスを保有しV2リーグ所属のチームがリーグの上位となった場合、V1リーグ下部チームとの入替戦を行う[3]

クラブ一覧[編集]

  • 2018-2019シーズンへ参加するクラブを「ホームタウンの全国地方公共団体コード順→所属するカテゴリの高い順→チーム名の五十音順」に並べた。
  • 「2017-2018カテゴリ・順位」は2017-2018シーズンのカテゴリ、順位を指す。
  • チーム名およびホームタウンはいずれも一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に掲載されているもの。

男子[編集]

ブロック チーム名
(呼称)
ホームタウン 所属カテゴリ 所持ライセンス 2017-2018カテゴリ・順位 備考
北海道 ヴォレアス北海道 北海道旭川市 V3 S3[8] チャレンジリーグⅡ・優勝
関東 つくばユナイテッドSun GAIA 茨城県つくば市 V2 S1 チャレンジリーグⅠ・7位
埼玉アザレア 埼玉県川越市 V2 S2 チャレンジリーグⅡ・8位
FC東京バレーボールチーム
(FC東京)
東京都 V1 S1 プレミアリーグ・8位
警視庁フォートファイターズ 東京都 V2 S2 チャレンジリーグⅠ・3位
東京ヴェルディバレーボールチーム
(東京ヴェルディ)
東京都 V2 S2 チャレンジリーグⅡ・5位
東京トヨペット・グリーンスパークル 東京都 V3 S3 チャレンジリーグⅡ・10位
富士通カワサキレッドスピリッツ 神奈川県川崎市 V2 S2 チャレンジリーグⅠ・優勝
中部 VC長野トライデンツ 長野県上伊那郡南箕輪村
長野県飯田市
V1 S1 チャレンジリーグⅠ・5位
長野GaRons 長野県須坂市
長野県長野市
V2 S2 チャレンジリーグⅡ・7位
東レ・アローズ 静岡県三島市 V1 S1 プレミアリーグ・4位
ジェイテクトSTINGS 愛知県刈谷市
奈良県橿原市
V1 S1 プレミアリーグ・5位
豊田合成トレフェルサ 愛知県稲沢市
富山県氷見市
V1 S1 プレミアリーグ・準優勝
大同特殊鋼レッドスター 愛知県名古屋市 V2 S2 チャレンジリーグⅠ・4位
トヨタ自動車サンホークス 愛知県豊田市 V2 S2 チャレンジリーグⅠ・6位
ヴィアティン三重バレーボールチーム
(ヴィアティン三重)
三重県桑名市 V3 S3[8] チャレンジリーグⅡ・4位
近畿 堺ブレイザーズ 大阪府堺市 V1 S1 プレミアリーグ・7位
サントリーサンバーズ 大阪府箕面市 V1 S1 プレミアリーグ・6位
パナソニック・パンサーズ 大阪府枚方市 V1 S1 プレミアリーグ・優勝
きんでんトリニティーブリッツ 大阪府大阪市 V2 S2 チャレンジリーグⅡ・準優勝
近畿クラブスフィーダ 大阪府東大阪市 V3 S3 チャレンジリーグⅡ・3位
兵庫デルフィーノ 兵庫県尼崎市 V3 S3 チャレンジリーグⅡ・9位
奈良NBKドリーマーズ 奈良県 V3 S3 チャレンジリーグⅡ・8位
中国 JTサンダーズ 広島県広島市 V1 S1 プレミアリーグ・3位
九州 大分三好ヴァイセアドラー 大分県大分市 V1 S1 チャレンジリーグⅠ・準優勝

女子[編集]

ブロック チーム名
(呼称)
ホームタウン 所属カテゴリ
(地区、V1のみ)
所持ライセンス 2017-2018カテゴリ・順位 備考
東北 プレステージ・インターナショナルアランマーレ 山形県酒田市 V2 S2 チャレンジリーグⅡ・5位
関東 日立リヴァーレ 茨城県ひたちなか市 V1(東) S1 プレミアリーグ・8位
埼玉上尾メディックス 埼玉県上尾市 V1(東) S1 プレミアリーグ[9]・7位
柏エンゼルクロス 千葉県柏市 V2 S2 チャレンジリーグ・準優勝
NECレッドロケッツ 神奈川県川崎市 V1(東) S1 プレミアリーグ・5位
群馬銀行グリーンウイングス 群馬県前橋市 V2 S2 チャレンジリーグⅡ・優勝
GSS東京サンビームズ 東京都 V2 S2 チャレンジリーグⅡ・3位
中部 KUROBEアクアフェアリーズ 富山県黒部市 V1(東) S1 チャレンジリーグⅠ・3位
PFUブルーキャッツ 石川県かほく市 V1(東) S1 チャレンジリーグⅠ・準優勝
JAぎふリオレーナ 岐阜県岐阜市 V2 S1 チャレンジリーグⅠ・5位
ブレス浜松 静岡県浜松市 V2 S1 チャレンジリーグⅡ・4位
デンソー・エアリービーズ 愛知県西尾市 V1(東) S1 プレミアリーグ・4位
トヨタ車体クインシーズ 愛知県刈谷市 V1(西) S1 プレミアリーグ・3位
トヨタ自動車ヴァルキューレ 愛知県豊田市 V2 S2 チャレンジリーグⅠ・6位
近畿 東レ・アローズ 滋賀県大津市 V1(西) S1 プレミアリーグ・6位
JTマーヴェラス 大阪府大阪市 V1(西) S1 プレミアリーグ・準優勝
大阪スーペリアーズ 大阪府大阪市 V2 S2 チャレンジリーグⅡ・6位
ヴィクトリーナ姫路 兵庫県姫路市 V2 S3[8] 新規参入
中国 岡山シーガルズ 岡山県岡山市 V1(西) S1 チャレンジリーグⅠ・優勝
大野石油広島オイラーズ 広島県広島市 V2 S2 チャレンジリーグⅠ・7位
九州 久光製薬スプリングス 佐賀県鳥栖市
兵庫県神戸市
V1(西) S1 プレミアリーグ・優勝

参戦が認められなかったクラブ[編集]

ブロック チーム名 ホームタウン 2017-2018カテゴリ・順位 備考
九州 フォレストリーヴズ熊本 熊本県熊本市 チャレンジリーグⅠ・4位 運営会社の経営危機により日本バレーボールリーグ機構から退社。
それに伴い交付されていたS1ライセンスも取り消し。

試合方式[編集]

2017年12月に発表された試合方式は下記の通り[10]

V1リーグ[編集]

男子
  • レギュラーラウンド - 10チームが3回戦総当たりで、1チーム27試合を行う。
  • ファイナル6 - レギュラーラウンドの上位6チームによる1回戦総当たり。最上位となったチームはファイナルへ進出。2位及び3位となったチームはファイナル3に進出。
  • ファイナル3 - 2回戦制で勝利したチームがファイナルに進出。
  • ファイナル - 2回戦制で勝利したチームが優勝。
女子
  • レギュラーラウンド - 12チームを東西カンファレンス6チームずつに振り分けて、同一カンファレンス6チームによる3回戦総当たり(1チーム15試合)と東西交流戦(1チーム6試合)を行う。
  • ファイナル8 - レギュラーラウンドの上位8チームによる1回戦総当たり。最上位となったチームはファイナルへ進出。2位及び3位となったチームはファイナル3に進出。
  • ファイナル3 - 2回戦制で勝利したチームがファイナルに進出。
  • ファイナル - 2回戦制で勝利したチームが優勝。

V2リーグ[編集]

男子

未発表

女子
  • レギュラーラウンド - 10チームが2回戦総当たりで、1チーム18試合を行う。
  • ファイナル6 - レギュラーラウンドの上位6チームによる1回戦総当たり。
  • 入替戦出場決定戦 - S1ライセンスを保有するチームにより入替戦出場をかけて行われる。1試合制。

V3リーグ[編集]

男子

未発表

脚注[編集]

  1. ^ 2018/19シーズン 新リーグ名称・ロゴデザイン決定のお知らせ 記者会見を開催!”. Vリーグ機構. 2017年12月29日閲覧。
  2. ^ “[https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201712250006-spnavi バレーボール新リーグの名称とロゴを発表 2018年秋から「V.LEAGUE」へ]”. sportsnavi. 2017年12月29日閲覧。
  3. ^ a b Vの構造改革 (PDF)
  4. ^ a b c d 新リーグ・ライセンス取得状況について”. Vリーグ機構. 2017年12月29日閲覧。
  5. ^ 2018-19 V.LEAGUEの編成について”. Vリーグ機構. 2018年3月24日閲覧。
  6. ^ 新リーグ2018年度V1参戦は男子10チーム、女子12チーム 清水邦広「僕達も地域に愛される活動をしたい」高松卓矢「Bリーグに負けないような活気あるリーグに」”. バレーボールマガジン. 2017年12月29日閲覧。
  7. ^ a b ただし、女子のヴィクトリーナ姫路は交付されたライセンスがS3ライセンスだが、女子はV3リーグが開催されないためV2リーグへ参加している。
  8. ^ a b c ライセンス新規取得クラブ
  9. ^ 2017-2018シーズンは上尾メディックスとして参加。
  10. ^ 新リーグの構造”. Vリーグ機構(コーポレートサイト). 2018年1月6日閲覧。

関連項目[編集]