おひつじ座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おひつじ座
Aries
Aries
属格 Arietis
略符 Ari
発音 発音: [ˈɛəriːz]、正式には/ˈɛərɪ.iːz/; 属格:/əˈraɪ.ɨtɨs/
象徴 the Ram
概略位置:赤経 3
概略位置:赤緯 +20
広さ 441平方度 (39位
主要恒星数 3, 10
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
67
系外惑星が確認されている恒星数 4
3.0等より明るい恒星数 2
10パーセク以内にある恒星数 2
最輝星 α Ari(2.01
最も近い星 ティーガーデン星;(12.5光年)
メシエ天体 0
流星群 おひつじ座五月流星群
おひつじ座秋季流星群
おひつじ座δ流星群
おひつじ座ε流星群
おひつじ座白昼流星群
おひつじ座-さんかく座流星群
隣接する星座 ペルセウス座
さんかく座
うお座
くじら座
おうし座
テンプレートを表示

おひつじ座(おひつじざ、牡羊座、Aries)は、黄道十二星座の1つ。トレミーの48星座の1つでもある。

主な天体[編集]

恒星[編集]

おひつじ座の主な星は、α星と β星の2つ。以下の恒星には、国際天文学連合によって正式に固有名が定められている[1]

  • α星:おひつじ座で最も明るい恒星で、唯一の2等星[2]。「ハマル[3](Hamal[1])」は、アラビア語で「羊」を意味する言葉に由来する。
  • β星:おひつじ座で2番目に明るい恒星で、3等星[4]。A星は「シェラタン[3](Sheratan[1])」という固有名を持つ。
  • γ星:4.52等のγ2星[5]と4.589等のγ1星[6]のほぼ同じ明るさを持つ2つの恒星からなる連星。γ2星Aは「メサルティム[3](Mesarthim[1])」という固有名を持つ。
  • δ星:4等星[7]。「ボタイン[3](Botein[1])」という固有名を持つ。
  • 39番星[8]。「北のユリ」を意味する「リリーボレア[9](Lilii Borea[1])」という固有名を持つ。
  • 41番星:4等星[10]。Aa星は「バラニー[9](Bharani[1])」という固有名を持つ。

上記以外で、以下の星が知られている。

星団・星雲・銀河[編集]

どれも暗く、望遠鏡でもかすかにしか見えない。

由来と歴史[編集]

紀元前500年頃に制作されたとされる古代メソポタミアの粘土板文書『ムル・アピン英語版』では、「雇夫」と呼ばれる麦播きの農繁期に雇われる日雇い農夫を指すアステリズムであった[12]。この雇夫は、現在「ペガススの四辺形」と呼ばれているペガスス座α星β星γ星アンドロメダ座α星からなるアステリズムである「野(耕地)」を耕すものとされた[12]。「男」と「」を表す言葉の発音が共に「ル (lu)」であったことから、羊と同一視されるようになったとされる[12]

神話[編集]

19世紀の星座カード集『ウラニアの鏡』に描かれたおひつじ座。隣には現在は廃止された北蠅座も描かれている。

紀元前3世紀頃の学者エラトステネースの著書『カタステリスモイ[注 1]』や紀元前1世紀の著作家ヒュギーヌスの著書『天文詩』では、ヘーシオドスペレキュデースが伝える伝承として、ボイオーティアアタマースの息子プリクソスと娘ヘレ双子の兄妹が、継母イーノーの悪巧みによって生贄にされそうになったときに、大神ゼウスが遣わして二人を乗せて逃げた金の毛皮を持つ雄羊であると伝えている[13][14]。ヘレは羊が走る途中に手が滑り、現在のダーダネルス海峡に落ちて溺れ死んでしまった[13]。そのため、ギリシアではこの海を「ヘレの海」を意味する「ヘレースポントス (Έλλης πόντος)」と呼んだ[13]。プリクソスは逃亡先のコルキスでこの羊を生贄に捧げ、その金羊毛を当地の王アイエテスに贈った[注 2]。この羊の皮を手に入れるための冒険がアルゴー号アルゴ座)の冒険、アルゴナウタイ神話である[13]

またヒュギーヌスは著書『天文詩』の中で、紀元前5世紀頃のアテネの喜劇作家ヘルミッポスの伝える話として、アフリカに遠征したローマの豊穣神で酒神のリーベルの軍隊が渇きに苦しんでいるときに彼らを水場へ導いた羊の伝承を紹介している[14]。羊は兵を水場に導くと姿を消した。リーベルはこの地にユピテル・アモン[注 3]を称える神殿を建立し、雄羊の角を持つ神の像を立てた[14]

呼称と方言[編集]

中国
おひつじ座は、二十八宿婁宿胃宿昴宿に跨っている[13]。α星、β星、γ星の3星は婁宿の星官「婁」を成す[13]。μ星、ν星、ο星、π星、σ星の5星からなる婁宿の星官「左更」は山林を管理する官職を指す[13]。35番星、39番星、41番星の3星からなる胃宿の星官「胃」は穀倉を指すとされる[13]。昴宿に属するδ星、ζ星を含む5つの星は星官「天陰」を成す[13]。同じく昴宿のHD 20644は単独で星官「天河」を成す[13]
日本
二十八宿の婁宿を「たたらぼし」と訓読みしていた[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『カタステリスモイ』の作者はエラトステネースではない、とする説もある。
  2. ^ エラトステネースは、雄羊自身が金羊毛を脱ぎ捨ててプリクソスに贈ったものとしている[13]
  3. ^ 羊の角を持つエジプトの最高神アモンとゼウスまたはユピテルを習合させた神。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g IAU Catalog of Star Names (IAU-CSN)”. 国際天文学連合 (2022年4月4日). 2022年11月13日閲覧。
  2. ^ "alf Ari". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月13日閲覧
  3. ^ a b c d e 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』(新装改訂版第4刷)恒星社厚生閣、2007年2月28日、210頁。ISBN 978-4-7699-0825-8 
  4. ^ "bet Ari". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月13日閲覧
  5. ^ "gam2 Ari". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月13日閲覧
  6. ^ "gam1 Ari". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月13日閲覧
  7. ^ "del Ari". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月13日閲覧
  8. ^ "39 Ari". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月13日閲覧
  9. ^ a b 『ステラナビゲータ11』(11.0i)AstroArts。 
  10. ^ "41 Ari". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月13日閲覧
  11. ^ a b Durlevich, Olga. “GCVS Introduction”. Sternberg Astronomical Institute. 2022年11月13日閲覧。
  12. ^ a b c 近藤二郎 『わかってきた星座神話の起源 古代メソポタミアの星座』誠文堂新光社、2010年、56-57頁。ISBN 978-4-416-21024-6 
  13. ^ a b c d e f g h i j k Ridpath, Ian. “Aries”. Star Tales. 2022年2月5日閲覧。
  14. ^ a b c Condos; Theony (1997). Star myths of the Greeks and Romans : a sourcebook containing the Constellations of Pseudo-Eratosthenes and the Poetic astronomy of Hyginus. Grand Rapids, MI, U.S.A.: Phanes Press. pp. 36-42. ISBN 978-1-60925-678-4. OCLC 840823460 

座標: 星図 03h 00m 00s, +20° 00′ 00″