アステリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アステリズム (asterism) 、あるいは星群(せいぐん)とは、複数の明るい恒星天球上に形作るパターンである。しばしば、星をで結んで表現される。

星座も歴史的にはアステリズムであった。しかし、プトレマイオス48星座を定めたことで、アステリズムとは区別されるようになった。かみのけ座のように、近代にアステリズムから昇格した星座もある。現在の星座は天球上の区画として星とは無関係に定義されており、アステリズムとは共通点が薄い。[要出典]

星座の星の並び同様、地球からの距離は同じとは限らず、空間的にはまとまっていない。

アステリズムの例[編集]

1つの星座[編集]

三ツ星
オリオン座δ星ε星ζ星
北斗七星
おおぐま座α星β星γ星δ星ε星ζ星(ミザール)η星
小北斗七星
こぐま座α星(ポラリス)β星γ星δ星ε星ζ星η星
南斗六星
いて座ζ星λ星μ星σ星τ星φ星
北十字星
はくちょう座α星(デネブ)β星(アルビレオ)γ星δ星ε星

2つの星座[編集]

ペガススの四辺形
ペガスス座α星β星γ星アンドロメダ座α星
ニセ十字
ほ座δ星κ星りゅうこつ座ε星ι星

多数の星座[編集]

春の大曲線
北斗七星アークトゥルススピカ
春の大三角
アークトゥルス、スピカ、しし座β星(デネボラ)
春のダイヤモンド
アークトゥルス、スピカ、しし座β星(デネボラ)、りょうけん座α星
夏の大三角
アルタイルデネブベガ
冬の大三角
ベテルギウスシリウスプロキオン
冬のダイアモンド
リゲル、シリウス、プロキオン、ポルックスカペラアルデバラン

関連項目[編集]