こぐま座ベータ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こぐま座β星[1]
Beta Ursae Minoris
星座 こぐま座
視等級 (V) 2.078[1]
変光星型 変光星[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 14h 50m 42.32580s[1]
赤緯 (Dec, δ) +74° 09′ 19.8142″[1]
赤方偏移 0.000057[1]
視線速度 (Rv) 16.96km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -32.61 ミリ秒/年[1]
赤緯: 11.42 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 24.91 ± 0.12 ミリ秒[1]
距離 130.87 ± 0.63光年[注 1]
(40.14 ± 0.19パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) -0.940[注 2]
Ursa Minor constellation map.png
物理的性質
半径 41 R
質量 4.4 M
自転速度 17km/s
スペクトル分類 K4III [1]
光度 500 L
表面温度 4,000 K
色指数 (B-V) +1.47[2]
色指数 (U-B) +1.78[2]
別名称
別名称
こぐま座7番星[1]
BD +74 595[1]
FK5 550[1], HD 131873[1]
HIP 72607[1], HR 5563[1]
SAO 8102[1]
■Project ■Template

こぐま座β星は、こぐま座恒星で2等星。北斗七星より一回り小さな、こぐま座の小北斗七星ともいえる星の並びの中にあり、ひしゃくの水汲みの先にある。

概要[編集]

こぐま座γ星と共に、地球歳差運動により、紀元前1500年頃から西暦500年頃にかけて北極星であった。1つ前の北極星はりゅう座α星で、1つ後の北極星は現在のポラリスである。

特徴[編集]

現在、水素を使い果たし、核に溶け込むヘリウムを燃焼する段階に入っている。また、うみへび座α星アルファルドなどと同じくバリウム星としての性質を持っている。この恒星よりも大きかった当時の主星が巨星化して死を迎え、その過程で生み出された物質が流れ込んだのではないかと考えられている[3]

名称[編集]

β星(β Ursa Minoris、略称β UMi)。

固有名コカブ(Kochab)の由来はアラビア語で「北の星」を意味するアル・カウカブ・アル・シャマリーAl Kaukab al Shamaliyy,)の「カウカブ」の部分が残ったものである。コカブはこぐま座γ星と共に、北極星の守護者と呼ばれている。北極星ポラリスの周囲にある、肉眼で見ることのできる明るい星としては、最も北極星に近いからだろうと思われる。

昔の中国での名称もあり、北極五星(太子、帝、庶子、后、北辰)のうち帝がコカブである。これが天帝太一(大一)タイチー、太極、太乙)即ち天皇大帝である。その周囲を北斗七星など所臣が廻って守っているとされた。

参考文献[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME KOCHAB. 2013年2月7日閲覧。
  2. ^ a b イェール輝星目録第5版
  3. ^ KOCHAB (Beta Ursae Minoris)

関連項目[編集]

先代:
りゅう座α星
北極星
紀元前1500年500年
次代:
ポラリス