カペラ (恒星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カペラ
Capella
仮符号・別名 ぎょしゃ座α星[1]
星座 ぎょしゃ座
視等級 (V) 0.08[1]
0.03 - 0.16(変光)[2]
変光星型 疑わしい[2]
りょうけん座RS星型変光星[要出典]
分類 4重連星
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 05h 16m 41.35871s[1]
赤緯 (Dec, δ) +45° 59′ 52.7693″[1]
赤方偏移 0.000097[1]
視線速度 (Rv) 29.19 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 75.25 ミリ秒/年[1]
赤緯: -426.89 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 76.20 ± 0.46ミリ秒[1]
距離 42.78 ± 0.26 光年[注 1]
(13.12 ± 0.08 パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) -0.510[注 2]
Auriga constellation map.png
Cercle rouge 100%.svg
カペラの位置
別名称
別名称
Alhajoth
ぎょしゃ座13番星[1]
BD +45 1077[1], FK5 193[1]
HD 34029[1], HIP 24608[1]
HR 1708[1], SAO 40186[1]
LTT11619[1]
NSV 1897[1]
■Project ■Template
カペラAa
仮符号・別名 カペラA
ぎょしゃ座α星A[3]
視等級 (V) 0.71[3]
分類 黄色巨星
位置
元期:J2000.0[3]
赤経 (RA, α) 05h 16m 41.36s[3]
赤緯 (Dec, δ) +45° 59′ 53.0″[3]
絶対等級 (MV) 0.296[4]
物理的性質
半径 11.98 ± 0.57 R[4]
質量 2.5687 ± 0.0074 M[4]
表面重力 2.691 ± 0.041 (log g)[4]
自転速度 4.1 ± 0.4 km/s[4]
自転周期 104 ± 3 [4]
スペクトル分類 G8III[3]
光度 78.7 ± 4.2 L[4]
表面温度 4,970 ± 50 K
金属量[Fe/H] -0.04 ± 0.06[4]
■Project ■Template
カペラAb
仮符号・別名 カペラB
ぎょしゃ座α星B[5]
視等級 (V) 0.96[5]
分類 黄色巨星
軌道要素と性質
元期:2448147.6 ± 2.6 JD[4]
軌道長半径 (a) 0.056442 ± 0.000023"[4]
(0.74272 ± 0.00069 au)
離心率 (e) 0.00089 ± 0.00011[4]
公転周期 (P) 104.02128 ± 0.00016 [4]
軌道傾斜角 (i) 137.156 ± 0.046°[4]
近日点引数 (ω) 342.6 ± 9.0 JD°
昇交点黄経 (Ω) 40.522 ± 0.039°
準振幅 26.860 ± 0.0017 km/s[4]
位置
元期:J2000.0[5]
赤経 (RA, α) 05h 16m 41.4s[5]
赤緯 (Dec, δ) +45° 59′ 53″[5]
固有運動 (μ) 赤経: 77 ミリ秒/年[5]
赤緯: -424 ミリ秒/年[5]
絶対等級 (MV) 0.167[4]
物理的性質
半径 8.83 ± 0.33 R[4]
質量 2.4828 ± 0.0067 M[4]
表面重力 2.941 ± 0.032 (log g)[4]
自転速度 35.0 ± 0.5 km/s[4]
自転周期 8.5 ± 0.2 [4]
スペクトル分類 G0III[5]
光度 72.7 ± 3.6 L[4]
表面温度 5,730 ± 60 K[4]
年齢 5.9 - 6.5 億年[4]
■Project ■Template

カペラ[6] (Capella[7][8]) は、ぎょしゃ座α星ぎょしゃ座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。冬のダイヤモンドを形成する恒星の1つでもある。

肉眼では、一つの恒星に見えるが、実は2つの恒星から成る連星が2組ある4重連星である。主星となる連星系はカペラAと呼ばれ、両者共にスペクトル型がG型の黄色巨星で、カペラAaカペラAbと呼ばれる分光連星である[9]。2つの恒星は0.76au離れていて、極めて円に近い軌道を約106日で公転している。カペラAaはスペクトル型がG8III型で、AbはG0III型になっている。光度ではAaの方が明るいが、表面温度はAbの方が高い。質量はそれぞれ、太陽の約3.05倍と約2.57倍である。この2つの恒星は、核融合反応を終えた巨星になっているが、巨星の進化過程において、現在、どの過程にあるかは分かっていない。

伴星となる連星系は、カペラAから約1万au離れた位置にあり、赤色矮星同士から成る、暗い連星系である。それぞれの恒星はカペラHカペラLと呼ばれる。カペラAbは「カペラB」とも呼ばれる。しかし、カペラCからGと、IからKの名称がつく恒星は偶然、カペラの近くに見える、見かけの二重星で、全て連星系とは無関係の恒星である。

観測の歴史[編集]

リック天文台で働いていたウィリアム・ウォレス・キャンベル1896年8月から1897年2月まで、カペラのスペクトルを観測した。観測し続けると、カペラは地球に対して、9月から10月の間に青方偏移を起こしていたが、11月から2月の間は赤方偏移に転じた。これはカペラが地球からの距離が、短時間で変化している事を示す。キャンベルは、この距離の変化は連星によるものと結論付け、1899年に、カペラが分光連星である事を発表した[10][11]。ほぼ同じ頃に、イギリスの天文学者Hugh Newallは、ケンブリッジにある、プリズム分光器を備え付けた口径25インチの望遠鏡でカペラを観測した。すると、複数の恒星の存在を示すスペクトルが得られ、Newallもカペラは連星であると結論付けた[12]

しかし、カペラAは恒星同士が非常に接近しているため、多くの天文台で観測が行われたが、大抵は2つの恒星に分離して観測する事は出来なかった[13]1919年ジョン・オーガスト・アンダースンとFrancis Peaseは、ウィルソン山天文台で、干渉法を用いて観測した結果、カペラAの分離に成功した。翌年の1920年にカペラAの詳細な軌道要素を発表した[14][15]。これは、太陽系外では史上初めて、天文干渉法による他の恒星の観測が成功した例となった[16]1994年、ウィルソン山天文台のMark III stellar干渉計を使用して、より高精度な軌道要素が判明した[17]

1914年フィンランドの天文学者Ragnar Furuhjelmは、カペラAと類似した固有運動を持った恒星が存在しており、この恒星がカペラ内の連星である事を発表した[18]。この恒星はカペラHと名付けられた。さらに、1936年2月には、Carl L. Stearnsは、この恒星も連星である可能性を指摘し[19]、同年9月に、ジェラルド・カイパーが連星である事を確認した[20]

観測[編集]

可視光では、カペラは黄白色に見える。しかし、望遠鏡による昼間での観測では、青空とのコントラストで、より明確に黄色がかってみえる。ぎょしゃ座では一番明るい恒星である。全天では、6番目に明るい恒星で、天の赤道よりも北側にある恒星の中では、アークトゥルスベガに次いで、3番目に明るい。北緯40度付近では、4番目に明るい恒星になる[21]。約16万年前から約21万年前は、視等級が-1.8等もあり、全天で一番明るい恒星であった。それ以前は、-1.1等のアルデバランが一番明るかった。カペラとアルデバランは、地球からは近くにみえるため、ポラリスと同様に北を示す指極星として認識されてきた[22]

カペラは、ギリシア神話に登場するヤギ、アマルテイアとされ、数度ほど南西にあるζ星η星のペアは、その子ヤギとされている[注 3]。現在、天の北極に最も近い1等星である[23][注 4]。カペラは南緯44度以南では、地平線の上に昇る事はない。南緯44度はニュージーランドの南端やアルゼンチンチリフォークランド諸島などが当てはまる。一方、スカンディナヴィア半島フランスカナダ北海道北部などが当てはまる北緯44度以北では、地平線に沈む事がない周極星になる。カペラから、ポラリスを通過する延長線上を引くと、こと座ベガに到達する。よって、カペラはベガに対してほぼ正反対の方向にある事が分かる[24]

古代バビロニアでは春分の日没直後、この恒星と新月とが西の空に並び懸かる日を元日としていた[25]

X線源[編集]

アメリカエアロビーHiロケットは1962年6月20日1963年3月15日に、赤経05h 09m赤緯+45°付近の領域から強いX線を検出した。分析の結果、このX線源はカペラに由来しているものが判明した。1974年4月5日に、X線天文学的な観測も始まった[26]。2回目の観測では、より容易に検出する事が出来た[27]

X線の原因は、カペラのコロナに由来するとされている[28]。カペラは、ドイツX線天文衛星ROSATの観測対象になった事から1RXS J051642.2+460001という別名称もある。アメリカのX線天文衛星HEAO-1もX線源として、カペラを観測し、その結果、高温のコロナに恒星の磁気が閉じ込められいる可能性が示唆された[29]

連星系[編集]

太陽系に比較的近い星である。太陽とカペラは大体同じ色の光を放っているため、太陽も太陽系外から見たらカペラのような黄色い星に見える。カペラは黄色巨星AaとAbからなる連星系と、赤色矮星HとLからなる連星系から成る[30]。先述のとおり、Hを除く、カペラCからKは、同一視野内にある見かけの二重星で、カペラ系とは無関係である[31]ヒッパルコス衛星による年周視差の値は、76.20ミリ秒で、誤差は0.46ミリ秒の範囲におさまっている[1]。この値に基づくと、カペラは地球から約42.8光年離れている事になる。

1960年、アメリカの天文学者オリン・エッゲンは、視線速度固有運動の分析から、カペラがヒアデス星団のメンバーであると主張した。カペラとヒアデス星団の恒星は、年齢が似ているため、物理的にも可能性は皆無ではない。

また、この2つの星から11000au(約0.17光年)離れたところに赤色矮星同士のペア(2つの星の距離は約48.1au)が発見されており、全体としては4連星である。

カペラA系[編集]

カペラは、2つの近接した黄色巨星で、2009年にGuillermo Torresは、この2つの恒星が約104日周期で公転しあっている事を算出した。主星カペラAaは、太陽の11.98 ± 0.57倍の半径と、2.5687 ± 0.0074倍の質量を持ち、表面温度は4,970 ± 50 Kである。光度は太陽の78.7 ± 4.2倍にもなる。伴星のカペラAbは太陽の8.83 ± 0.33倍の半径と、2.4828 ± 0.0067倍の質量で、表面温度は5,730 ± 60 K。光度は72.7 ± 3.6倍になる[13]2011年、WeberとStrassmeierはエシェル回折格子を用いて3年半観測した結果、AaとAbの質量をそれぞれ、2.573 ± 0.009倍と2.488 ± 0.008倍と算出した[32]

カペラAには連星系の影響で出来た黒点があり、自転によりごくわずか変光する(但し眼視観測では変光はわからない)。このような変光星りょうけん座RS型変光星という。AaよりもAbの方が恒星活動が活発で、現在、ヘルツシュプルング・ラッセル図において、ヘルツシュプルングの間隙と呼ばれる領域に位置するとされている[32]

カペラA系は、地球から見て日食を起こす事がない。恒星同士の距離は約1億kmしか離れておらず、公転周期は約104日である。現在は、スペクトル分類G型の巨星だが、主系列星だった頃は、A型主系列星だったとされている。今後、数百万年かけて巨大化して、赤色巨星になると考えられている。中心部では、水素の核融合反応を終え、ヘリウム炭素酸素などに合成される核融合反応が起きている[33]

カペラHとカペラL[編集]

カペラH
Capella H[34]
視等級 (V) 10.16[34]
分類 赤色矮星[34]
High proper-motion Star[34]
軌道の種類 Aの周回軌道
位置
元期:J2000.0[34]
赤経 (RA, α) 05h 17m 23.728s[34]
赤緯 (Dec, δ) +45° 50′ 22.97″[34]
赤方偏移 0.000120[34]
視線速度 (Rv) 36 km/s[34]
固有運動 (μ) 赤経: 58.5 ミリ秒/[34]
赤緯: -410.0 ミリ秒/年[34]
年周視差 (π) 72.00 ± 4.00 ミリ秒[34]
距離 45.28 ± 2.66 光年[注 1]
(13.89 ± 0.82 パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) 9.53[35]
物理的性質
半径 0.54 ± 0.03 R[35]
質量 0.53 M[36]
表面重力 4.7 - 4.8(log g)[35]
スペクトル分類 M2.5V[34]
光度 0.05 L[35]
表面温度 3,700 ± 150 K[35]
色指数 (B-V) 1.5[34]
色指数 (V-R) 0.46[34]
色指数 (R-I) 0.9[37]
金属量 [M/H] = 0.1[35]
別名称
別名称
ST 3H[34]
GJ 195 A[34]
2MASS J05172386+4550229[34]
CCDM J05168+4559H[34]
WDS J05167+4600H[34]
■Project ■Template
カペラL
Capella L[38]
視等級 (V) 13.7[38]
分類 赤色矮星
軌道の種類 Hの周回軌道
軌道要素と性質
元期:2010年[39]
軌道長半径 (a) 3.72"[39]
離心率 (e) 0[39]
公転周期 (P) 388 [39]
軌道傾斜角 (i) 65.0°[39]
近日点引数 (ω) [39]
昇交点黄経 (Ω) 168.5°[39]
位置
元期:J2000.0[38]
赤経 (RA, α) 05h 17m 23.943s[38]
赤緯 (Dec, δ) +45° 50′ 19.84″[38]
固有運動 (μ) 赤経: 58 ミリ秒/年[38]
赤緯: -401 ミリ秒/年[38]
絶対等級 (MV) 13.1[40]
物理的性質
質量 0.19 M[36]
スペクトル分類 M4:[38]
色指数 (B-V) 0.3[38]
別名称
別名称
ST 3L[38]
GJ 195 B[38]
2MASS J05172394+4550198[38]
WDS J05167+4600L[38]
■Project ■Template

カペラHとカペラLは、カペラA系から約10,000au離れた位置にある赤色矮星同士の連星である[30]。この2つの恒星は、約388年かけて公転しているとされている[39]

名称[編集]

学名はα Aurigae(略称はα Aur)。ぎょしゃ座α星という名称はバイエル符号による名称である。カペラとはラテン語で「雌ヤギ」を意味する「Capra」の指小語である[7]。2016年6月30日、国際天文学連合の恒星の固有名に関するワーキンググループは、Capella をぎょしゃ座α星の固有名として正式に承認した[8]

アラビア語では「おしゃれな男」という意味の「العيوق, al-cayyūq(アル・アイ=ユーク)」と呼ばれる[41]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位
  3. ^ The cooler and more massive star, the spectroscopic primary, is the visually fainter star. See Hummel et al. 1994, §1.
  4. ^ はくちょう座デネブとほぼ同じ赤緯であるが、カペラの方がわずかに北に位置する。なお、北極星ポラリスは2等星である。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t SIMBAD Astronomical Database”. Results for alf Aur. 2016年12月4日閲覧。
  2. ^ a b GCVS”. Result for HD 34029. 2016年12月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e f SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME CAPELLA A. 2013年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月19日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w Torres, Guillermo; Claret, Antonio; Pavlovski, Krešimir; Dotter, Aaron (2015). “Capella (α Aurigae) Revisited: New Binary Orbit, Physical Properties, and Evolutionary State”. The Astrophysical Journal 807: 26. arXiv:1505.07461. Bibcode 2015ApJ...807...26T. doi:10.1088/0004-637X/807/1/26. 
  5. ^ a b c d e f g h SIMBAD Astronomical Database”. Results NAME CAPELLA B. 2013年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月19日閲覧。
  6. ^ 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、96頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  7. ^ a b Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations. Sky Pub. Corp.. p. 42. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  8. ^ a b IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年11月29日閲覧。
  9. ^ James B. Kaler. “Capella”. University of Illinois. 2016年11月30日閲覧。
  10. ^ Campbell, William Wallace (October 1899). “The Spectroscopic Binary Capella”. Astrophysical Journal 10: 177. Bibcode 1899ApJ....10..177C. doi:10.1086/140625. 
  11. ^ Newall, Hugh Frank (December 1899). “Variable Velocities of Stars in the Line of Sight”. The Observatory 22: 436–37. Bibcode 1899Obs....22..436N. 
  12. ^ Newall, Hugh Frank (March 1900). “The Binary System of Capella”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 60 (6): 418–420. Bibcode 1900MNRAS..60..418N. doi:10.1093/mnras/60.6.418. 
  13. ^ a b Torres, Guillermo; Claret, Antonio; Young, Patrick A. (2009). “Binary Orbit, Physical Properties, and Evolutionary State of Capella (α Aurigae).”. The Astrophysical Journal 700 (2): 1349–1381. arXiv:0906.0977. Bibcode 2009ApJ...700.1349T. doi:10.1088/0004-637X/700/2/1349. 
  14. ^ Mason, B. (August 22–25, 2006). “Classical Observations of Visual Binary and Multiple Stars”. In William I. Hartkopf. Binary Stars as Critical Tools and Tests in Contemporary Astrophysics, Proceedings of the 240th Symposium of the International Astronomical Union, Held in Prague, Czech Republic. Cambridge University Press. pp. 88–96 [94]. doi:10.1017/S1743921307003857. ISBN 0-521-86348-1. 
  15. ^ Anderson, J.A. (1920). “Application of Michelson's Interferometer Method to the Measurement of Close Double Stars”. Astrophysical Journal 51: 263–75. Bibcode 1920ApJ....51..263A. doi:10.1086/142551. 
  16. ^ Modern Optical Interferometry, Astronomical Optical Interferometry: A Literature Review, Bob Tubbs, St. John's College, Cambridge, April 1997. Accessed on line December 4, 2016.
  17. ^ Very high precision orbit of Capella by long baseline interferometry, C. A. Hummel et al., The Astronomical Journal 107, #5 (May 1994), pp. 1859–1867, doi:10.1086/116995, Bibcode1994AJ....107.1859H . See §1 for spectral types, Table 1 for orbit, Table 5 for stellar parameters, and §6.3 for the age of the system.
  18. ^ Furuhjelm, Ragnar (April 1914). “Ein schwacher Begleiter zu Capella” (German). Astronomische Nachrichten 197 (11): 181–182. Bibcode 1914AN....197..181F. doi:10.1002/asna.19141971103. 4715. 
  19. ^ Stearns, Carl L. (July 1936). “Note on duplicity of Capella H”. Astronomical Journal 45 (1048): 120. Bibcode 1936AJ.....45..120S. doi:10.1086/105349. 
  20. ^ Kuiper, Gerard P. (October 1936). “Confirmation of the Duplicity of Capella H”. Astrophysical Journal 84: 359. Bibcode 1936ApJ....84Q.359K. doi:10.1086/143788. 
  21. ^ Schaaf 2008, p. 146.
  22. ^ Schaaf 2008, p. 155.
  23. ^ Burnham 1978, p. 261.
  24. ^ Arnold, H.P. (1999). The Photographic Atlas of the Stars. Bristol, UK: IOP Publishing Ltd.. p. 68. ISBN 0750306548. https://books.google.com/books?id=YjcvJUfnWBAC&pg=PA52&dq=grus+constellation#v=onepage&q&f=false. 
  25. ^ 野尻抱影 「11月25日「バビロンの星」」『星三百六十五夜(下)』 中央公論社1978年2月10日、210頁。ISBN 9784122005150
  26. ^ Catura, R.C.; Acton, L.W.; Johnson, H.M. (1975). “Evidence for X-ray emission from Capella”. Astrophysical Journal 196 (pt.2): L47–49. Bibcode 1975ApJ...196L..47C. doi:10.1086/181741. 
  27. ^ Fisher, Philip C.; Meyerott, Arthur J. (1964). “Stellar X-Ray Emission”. Astrophysical Journal 139 (1): 123–42. Bibcode 1964ApJ...139..123F. doi:10.1086/147742. 
  28. ^ Ishibashi, Kazunori; Dewey, Daniel; Huenemoerder, David P.; Testa, Paola (2006). “Chandra/HETGS Observations of the Capella System: The Primary as a Dominating X-Ray Source”. The Astrophysical Journal 644 (2): L117–L120. arXiv:astro-ph/0605383. Bibcode 2006ApJ...644L.117I. doi:10.1086/505702. 
  29. ^ Güdel, Manuel (2004). “X-ray astronomy of stellar coronae”. The Astronomy and Astrophysics Review 12 (2–3): 71–237. arXiv:astro-ph/0406661. Bibcode 2004A&ARv..12...71G. doi:10.1007/s00159-004-0023-2. 
  30. ^ a b Capella HL, T. R. Ayres, pp. 202–204, in Cool Stars, Stellar Systems, and the Sun: Proceedings of the Third Cambridge Workshop on Cool Stars, Stellar Systems, and the Sun, Held in Cambridge, Massachusetts, October 5–7, 1983, edited by Sallie L. Baliunas and Lee Hartmann, Berlin/Heidelberg, Springer-Verlag, 1984, Lecture Notes in Physics, vol. 193, ISBN 978-3-540-12907-3; doi:10.1007/3-540-12907-3_204, Bibcode1984LNP...193..202A
  31. ^ Schaaf, p. 154.
  32. ^ a b Weber, M.; Strassmeier, K.G. (2011). “The Spectroscopic Orbit of Capella Revisited”. Astronomy & Astrophysics 531: id.A89 (5 pp.). arXiv:1104.0342. Bibcode 2011A&A...531A..89W. doi:10.1051/0004-6361/201116885. 
  33. ^ The Brightest Stars: Discovering the Universe through the Sky's Most Brilliant Stars, Fred Schaaf, Hoboken, New Jersey: John Wiley & Sons, 2008, ISBN 978-0-471-70410-2; see pp. 153–155.
  34. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t SIMBAD Astronomical Database”. Result for GJ 195 A. 2016年12月6日閲覧。
  35. ^ a b c d e f Infrared Spectra of Low-Mass Stars: Toward a Temperature Scale for Red Dwarfs, by S. K. Leggett, F. Allard, Graham Berriman, Conard C. Dahn, and Peter H. Hauschildt, Astrophysical Journal Supplement 104 (May 1996), pp. 117–143, Bibcode1996ApJS..104..117L , doi:10.1086/192295; see Tables 3, 6 and 7.
  36. ^ a b Multiplicity among M dwarfs, Debra A. Fischer and Geoffrey W. Marcy, The Astrophysical Journal 396, #1 (September 1, 1992), pp. 178–194, Bibcode1992ApJ...396..178F , doi:10.1086/171708; see Table 1.
  37. ^ Chromospheric activity, kinematics, and metallicities of nearby M dwarfs, J. R. Stauffer and L. W. Hartmann, Astrophysical Journal Supplement Series 61 (July 1986), pp. 531–568, Bibcode1986ApJS...61..531S , doi:10.1086/191123; see Table 1.
  38. ^ a b c d e f g h i j k l m SIMBAD Astronomical Database”. Result for GJ 195 B. 2016年12月6日閲覧。
  39. ^ a b c d e f g h Parallax and motions of the Capella system, W. D. Heintz, Astrophysical Journal 195 (January 1975), pp. 411–412, doi:10.1086/153340, Bibcode1975ApJ...195..411H
  40. ^ Johnson, H. M. (1983). “Origins and ages of X-ray-luminous dwarf M stars”. Astrophysical Journal 273: 702. Bibcode 1983ApJ...273..702J. doi:10.1086/161405. 
  41. ^ 近藤二郎 『アラビアで生まれた星の名称と歴史 - 星の名前のはじまり』 誠文堂新光社2012年8月30日、初版、60-62頁。ISBN 978-4-416-21283-7
[ヘルプ]

関連項目[編集]