分光連星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

分光連星[1](ぶんこうれんせい、spectroscopic binary[1])は、2つ以上の星が分離して観測できなくとも、分光スペクトルの観測により複数の恒星からなることが検出できる連星である[2][3]。分光スペクトル中に複数の恒星のスペクトル線が観測される「二重線分光連星 (double-lined spectroscopic binary, SB2) 」と、明るい星のスペクトル線しか観測できない「単線分光連星 (single-lined spectroscopic binary, SB1) 」があり、多くは単線分光連星である[1]。いずれも、波長の周期的な変化から連星であることが確認できる[1]。1889年に、ドイツヘルマン・カール・フォーゲルアメリカエドワード・ピッカリングによって、それぞれ独立に発見された。

分光連星に対し、望遠鏡による観測で2つ以上の星に分離できる連星を実視連星という。

主な分光連星[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 分光連星”. 天文学辞典. 日本天文学会 (2019年9月19日). 2019年11月1日閲覧。
  2. ^ a b c d 「天文部」『理科年表 国立天文台編』丸善出版、平成25年 第86冊、118-119頁。ISBN 978-4-621-08606-3
  3. ^ 重星と連星”. JAXA. 2017年8月13日閲覧。