ケンタウルス座アルファ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケンタウルス座α星[1]
Alpha Centauri
ケンタウルス座の2つの1等星。左がα星。
ケンタウルス座の2つの1等星。左がα星。
星座 ケンタウルス座
視等級 (V) -0.1[1]
分類 G型主系列星K型主系列星連星
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 14h 39m 36.204s[1]
赤緯 (Dec, δ) -60° 50′ 08.23″[1]
赤方偏移 -0.000074[1]
視線速度 (Rv) -22.3km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -3608 ミリ秒/年[1]
赤緯: 686 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 742ミリ秒[1]
距離 4.39光年[注 1]
(1.35パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) 4.252[注 2]
Position Alpha Cen.png
ケンタウルス座α星の位置
別名称
別名称
Rigil Kent
Toliman, Bungula
FK5 538[1], HD 128620J[1]
SAO 252838[1]
■Project ■Template
ケンタウルス座α星A[2]
Alpha Centauri A
仮符号・別名 リギル・ケンタウルス[3],
Rigil Kentaurus[4][5]
視等級 (V) 0.01[2]
分類 G型主系列星
位置
元期:J2000.0[2]
赤経 (RA, α) 14h 39m 36.49400s[2]
赤緯 (Dec, δ) -60° 50′ 02.3737″[2]
赤方偏移 -0.000071[2]
視線速度 (Rv) -21.40 ± 0.76 km/s[2]
固有運動 (μ) 赤経: -3679.25 ミリ秒/年[2]
赤緯: 473.67 ミリ秒/年[2]
年周視差 (π) 754.81 ± 4.11ミリ秒[2]
距離 4.32 ± 0.02光年[注 1]
(1.32 ± 0.01パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) 4.399[注 2]
物理的性質
半径 1.227 R[6]
質量 1.100 M[6]
表面重力 4.30 (log g)[7]
自転周期 約22日[8]
スペクトル分類 G2V[2]
光度 1.519 L[6]
表面温度 5,790 K[6]
色指数 (B-V) +0.71[9]
色指数 (U-B) +0.24[9]
金属量[Fe/H] 0.20[10]
年齢 48.5億年[6]?
別名称
別名称
CD -60 5293A[2]
HD 128620[2], HIP 71683[2]
HR 5459[2]
LTT 5806[2]
■Project ■Template
ケンタウルス座α星B[11]
Alpha Centauri B
視等級 (V) 1.33[11]
分類 K型主系列星
位置
元期:J2000.0[11]
赤経 (RA, α) 14h 39m 35.06311s[11]
赤緯 (Dec, δ) -60° 50′ 15.0992″[11]
赤方偏移 -0.000069[11]
視線速度 (Rv) -20.7km/s[11]
固有運動 (μ) 赤経: -3614.39 ミリ秒/年[11]
赤緯: 802.98 ミリ秒/年[11]
年周視差 (π) 796.92± 25.90ミリ秒[11]
距離 4.09 ± 0.14光年[注 1]
(1.25 ± 0.04パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) 5.837[注 2]
物理的性質
半径 0.865 R[6]
質量 0.907 M[6]
表面重力 4.37 (log g)[7]
自転周期 約47日[8]
スペクトル分類 K1V[11]
光度 0.500 L[6]
表面温度 5,260 K[6]
色指数 (B-V) +0.88[9]
色指数 (U-B) +6.88[9]
金属量[Fe/H] 0.23[10]
年齢 48.5億年[6]?
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 17.57 ± 0.022″[12]
離心率 (e) 0.5179 ± 0.00076[12]
公転周期 (P) 79.91 ± 0.011 年[12]
軌道傾斜角 (i) 79.205 ± 0.041°[12]
近日点引数 (ω) 231.65 ± 0.076°[12]
昇交点黄経 (Ω) 204.85 ± 0.084°[12]
前回近点通過 1,875.66 ± 0.012[12]
別名称
別名称
CD -60 5483B[11]
HD 128621[11], HIP 71681[11]
HR 5460[11]
LTT 5807[11]
■Project ■Template

ケンタウルス座α星は、ケンタウルス座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。

太陽系から4.39光年しか離れておらず[注 1]、最も近い恒星系である。ケンタウルス座α星系は三重連星である。ケンタウルス座α星Aケンタウルス座α星B、そして暗く小さな赤色矮星プロキシマ・ケンタウリから成る。α星Aとα星Bは肉眼では一つの恒星に見える。α星Aとα星Bをあわせた見かけの明るさは-0.1[1]であり、全天では、シリウスカノープスに次いで3番目に明るい。α星A・α星Bとプロキシマ・ケンタウリは2.2度離れて見える。プロキシマ・ケンタウリはα星A・α星Bと重力的に結合していると考えられている[13]

α星Aは質量が太陽の1.1倍、明るさは太陽の1.519倍である。スペクトル型は太陽と同じG2V型[14]。第1伴星のα星Bはそれよりも小さく、質量は太陽の0.907倍、明るさは太陽の半分しかない[6]。この2つの恒星は互いの共通重心を79.91年で公転している[15]。それぞれの恒星の距離は太陽-土星間(約10au)から太陽-冥王星間(約40au)まで変動する。

第2伴星プロキシマ・ケンタウリは地球から肉眼では観測出来ないにも関わらず、地球に最も近い恒星として知られている。その距離は4.22光年[注 1]で、α星A・α星Bよりわずかに近い。α星A・α星Bからの距離は0.2光年で、天文単位で表すと15,000auとなる[16]。これは太陽から海王星(30au)までの距離の約500倍にもなる。2016年8月にプロキシマ・ケンタウリのハビタブルゾーン内を公転する惑星プロキシマ・ケンタウリbが発見された[17]。そのため、現在では小型のスターチップ英語版を送り込み、プロキシマ・ケンタウリをフライバイして探査を行う、スターショット計画の構想が練られている[17]

構成[編集]

先述の通り、ケンタウルス座α星は、肉眼では単一の恒星に見える。α星Aとα星Bの見かけの明るさは-0.1等級[1]である。ケンタウルス座α星系は通常、異なる恒星として識別され、主星をα星A、伴星をα星Bと定義している。第2伴星のプロキシマ・ケンタウリはα星Cとも呼ばれるが、α星A-α星B間の距離よりもはるかに遠くにある。しかし、重力的に結合しているとされている。プロキシマはα星Aとα星Bからは2.2度ほど離れている[18]。これは満月の約4倍で、α星とβ星の間隔の約半分である。プロキシマは連星の典型例のように、楕円軌道で公転しているとされているが、まだ直接的な証拠は発見されていない[19]

肉眼で観測出来るケンタウルス座α星が2つの恒星から成る事を前提にして、ケンタウルス座α星ABと呼ぶ事もある。この「AB」は、それぞれの恒星を1つの主星として扱い、伴星の見かけ上の重心を示している[20]。「AB-C」とするとプロキシマ・ケンタウリがα星Aとα星Bの連星系の周り、全体を公転している事を表す。古い文献では「A×B」と記されているものもあるが、現在では使用されていない。太陽からα星ABの共通重心までの距離は、それぞれの恒星までの距離とほとんど変わらない。そのため、上記の見かけ上の重心とは別に、1つの恒星だとして考える事もある[21]

星震学恒星彩層、および恒星の自転運動の研究から、ケンタウルス座α星系のそれぞれの恒星の年齢に大きな差は無い。しかし、その年齢は観測結果によって、45億年から70億年の間[22]と、かなり誤差がある。星震学の分析に基づくと、推定年齢は48.5億±5億年になる[10]。しかし、その他にも50億±5億年[23]、52億年から71億年[24]、64億年[25]、65億2000万±3億年[26]という結果も得られている。

ケンタウルス座α星A[編集]

ケンタウルス座α星Aはケンタウルス座α星系の主星で、太陽よりわずかに大きい。スペクトル分類は太陽と同じG2V型で、可視光では黄色に見える[27]。質量は太陽より10%大きく、半径は23%大きい。推定自転周期は約22日で、自転速度は秒速2.7±0.7kmになる[8]。この自転周期は太陽の約25日よりもわずかに短い。α星Aのみの視等級は0.01等[2]

ケンタウルス座α星B[編集]

ケンタウルス座α星Bはケンタウルス座α星系の第1伴星で、太陽より小さく暗い。スペクトル分類はK1V型で、橙色に光る[27]。質量は太陽の10%小さく、半径は14%小さい。推定自転速度は約41日で、自転速度は秒速1.1±0.8kmになる[8]1995年までは自転周期は36.8日とされていた[28]。α星Bはα星Aよりも強いX線を放射しており[29]、α星Bの光度曲線は短時間に著しく変化し、太陽フレアが観測される事もある[29]。α星Bのみの視等級は1.33等級[11]

ケンタウルス座α星C(プロキシマ・ケンタウリ)[編集]

ケンタウルス座α星Cはケンタウルス座α星系の第2伴星で、通常は「プロキシマ・ケンタウリ」と呼ばれる。プロキシマの意味は、ラテン語で「最も近い」という意味であり、太陽系に最も近い恒星であることから来ている。スペクトル分類がM5.5Ve[30]の小さな赤色矮星である。BV色指数は1.82[30]で、質量は太陽の12.3%[31]木星の129倍しかない。

観測[編集]

太陽と比較したケンタウルス座α星の大きさと色

α星Aとα星Bは公転によって2秒角から22秒角、離れて見える[32]が、どちらにせよ、非常に接近しているので肉眼で分離するのは困難であるが、双眼鏡か5cm程度の望遠鏡があれば容易に可能である[33]

南半球では、ケンタウルス座α星とケンタウルス座β星の2つの恒星をThe Pointers、あるいは南の指極星 (Southern Pointers) と呼び[33][3]、その線の延長線上にみなみじゅうじ座がある[34]。β星から西に4.5度離れた位置にα星がある。しかしこの線の延長線上には、みなみじゅうじ座とは区別されている星群ニセ十字も存在している[35]

南緯29度以南になると、ケンタウルス座α星は周極星になり、地平線の下に沈む事はない[36]。ケンタウルス座α星が観測出来るのは、北緯29度以南でメキシコエルモシージョチワワテキサス州ガルベストンフロリダ州オカラランサローテ島スペインカナリア諸島などが該当する。日本では奄美大島付近にあたる。正中は毎年4月24日6月8日の午後9時である[34][37]

地球からはプロキシマ・ケンタウリはケンタウルス座α星ABから南西に2.2度離れて見える[18]。先述の通り、満月4個分の距離で、β星との距離の約半分にあたる。プロキシマ・ケンタウリは視等級が11.13[30]で、観測するには適度な口径の望遠鏡が必要になる。望遠鏡で観測すると小さく赤く輝く恒星として見える。変光星総合カタログ(GCVS)Ver.4.2にケンタウルス座V645星という名称として登録されている。プロキシマは閃光星くじら座UV型変光星)であり、わずか数分で視等級が0.6上がる事もある[38]。何人かの天文学者や天文愛好家は定期的に、プロキシマの増光の様子を監視している[39]

観測の歴史[編集]

Digitized Sky Surveyで撮影されたケンタウルス座α星

イギリスの探検家Robert Huesは、1592年製作の「Tractatus de Globis」で以下のように記している。

Now, therefore, there are but three Stars of the first magnitude that I could perceive in all those parts which are never seene here in England. The first of these is that bright Star in the sterne of Argo which they call Canobus. The secound is in the end of Eridanus. The third [Alpha Centauri] is in the right foote of the Centaure.

—Robert Hues[40]

ケンタウルス座α星がABから成る連星であるという事が発見されたのは1689年12月で、Jean Richaudによって発見された。彼は源インドポンディシェリ連邦直轄領から彗星を発見しようとしていた。その時、偶然にもみなみじゅうじ座α星と共に、ケンタウルス座α星が連星である事を発見した[41]

1752年にはフランスの天文学者ニコラ・ルイ・ド・ラカーユは、当時最先端の機器を使って詳細にケンタウルス座α星の位置観測を行った[42]。その後、マニュエル・ジョンソンがケンタウルス座α星の固有運動がそれまで知られていた数値よりも高い事を発見した。セントヘレナ島を訪れたトーマス・ヘンダーソンにそのことを教え、これがヘンダーソンの年周視差観測の成功に役立った。トーマスは、ケンタウルス座α星を1832年の4月と1833年に観測し、その視差を求めたが、あまりにもその値が大きすぎた為、疑念を持った彼は公表する事をしばらく控える事にしたが、最終的には1839年には公表した。しかし、奇しくも前年の1838年にフリードリッヒ・ヴィルヘルム・ベッセルはくちょう座61番星の年周視差を求める事に成功し、それを基にはくちょう座61番星までの距離を公表している[43]。このため、ケンタウルス座α星は、はくちょう座61番星に次いで2番目に、地球からの距離が判明した恒星となった[43]

1834年にはジョン・ハーシェルが初めて、マイクロメータを使って観測し[44]20世紀初頭には、写真乾板を使って分析を行うのが普通になっていった[45]

Aは太陽と同じG2型、BはK1型である[46]

1926年には南アフリカの天文学者William Stephen Finsenがケンタウルス座α星ABの大まかな軌道要素を計算し、現在知られている値に近い値を算出した[47]

ケンタウルス座α星は星間雲Gクラウドの近くにあるとされ、最も近い恒星系は褐色矮星[注 3]の連星系WISE J104915.57-531906.1で、約3.6光年離れている[48]

スコットランドの天文学者ロバート・イネス1915年に写真乾板を使って、プロキシマ・ケンタウリを発見した。観測結果、固有運動がケンタウルス座α星とほぼ一致した為、ケンタウルス座α星系の構成員である事が判明した。しかし、距離はケンタウルス座α星ABよりも地球に近い事が示唆された。その距離は4.24光年と計算され、地球に最も近い恒星である事が判明した。現在の地球からの最新の距離のデータは全て、ヒッパルコス星表(HIP)[49][50][51][52] に記載されている、またはハッブル宇宙望遠鏡の観測によって得られた年周視差を基に計算されている[53]

連星系[編集]

惑星系[編集]

2012年10月にHARPSの観測により、ケンタウルス座α星Bを公転する太陽系外惑星が発見された。これは、太陽系に最も近い太陽系外惑星である。下限質量は地球の1.13倍。主星に近い軌道を周回しているため、生命が存在する可能性は低いと考えられている[54][55]。ただし2015年11月には惑星の存在を否定する研究結果が発表されている[56]

2013年にはBbとは異なり、トランジット法による観測でケンタウルス座α星Bにもう1つの惑星、ケンタウルス座α星Bcが存在する可能性があると発表された[57]。ケンタウルス座α星Bcも地球の0.92倍の半径を持つ岩石惑星とされており、Bbの外側、0.1auのところを12.4日で公転していると思われている[57]

ケンタウルス座α星Bの惑星
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b (未確認) > 1.13 ± 0.09 M 0.04 3.2357 ± 0.0008 0.0
c (未確認) 0.1 12.4 <0.24 0.92 ± 0.06 R

名称[編集]

学名 Alpha Centauri(略号 α Cen)。固有名のリギル・ケンタウルス[3](あるいはリジル・ケンタウルスRigil Kentaurus[4][5])は、アラビア語で「ケンタウルスの足」を意味する rigl qanṭūris という言葉に由来する。2016年11月6日に国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Rigil Kentaurus をケンタウルス座α星Aの固有名として正式に承認した[5]

リギル・ケント(Rigil Kent、Rigil Kentaurus の略形)、トリマン (Toliman) という呼び名もあった。日本語では、学名そのままにアルファ・ケンタウリとそのまま呼ばれることも少なくなかった。

リギル・ケンタウルス[編集]

20世紀の中頃、航海暦において再命名されたものが、1980年代に恒星の位置の表示が1950年分点 (B.1950.0) から2000年分点 (J.2000.0) へ元期の変換が行われた際、主に英語圏の星図星表類に記載されるようになったものである[注 4]。以後、英米では星座解説書等他の文献でも見られるようになった[注 5]が、この情勢は日本には伝わっていない。そのため、日本ではいまだこの星を固有名で呼ぶ慣習が根付いておらず、翻訳書や一部[注 6]の書籍で用いられている程度であり、依然としてバイエル名の「α星」の呼び名のままである。

出自・語源[編集]

固有名として使われ出したのは20世紀になってからのことだが、星名そのものはかなり古くから存在している。アラビアではこの星のことを رجل قنطورسRijl Qanṭūris; リヂル・カントゥーリス、「ケンタウルス(座)の足(の星)」の意)と呼んでいた。明らかにギリシア星座に由来するものであり、アッ=スーフィーの星図や「ウルグ・ベグの星表」に見られる。このうち、「ウルグ・ベグの星表」のラテン語訳本のハイド版(1665年)で Rigjl Kentaurus と音訳され、更にベイリー版(1843年)において現行の Rigil Kentaurus となった。

トリマン[編集]

アラビア語で「ダチョウ」を意味する الظلمان (al-Ẓulmān) を語源とする説[58]の他、「ぶどうの蔓の射手」を意味する言葉に由来するとする説[3][59]がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g h パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ a b c 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位
  3. ^ 厳密には恒星と区別されている。
  4. ^ たとえば、Sky Atlas 2000.0Uranometria 2000.0
  5. ^ この頃から、略してリギル・ケント(Rigil Kent) と表記されるようにもなった。
  6. ^ 日本を代表する星図作成者である中野繁の手になる『標準星図2000』(1995年、第2版:1998年)では英語圏の情勢を反映してか「リギル・ケンタウルス」とある(ただし、初版の第23図・第24図では「リギル・ケンタウス」と誤記されている)。また、石田五郎は雑誌『ニュートン』に掲載していた「新・星の歳時記」などで「リギル・ケント」としており、宮本正太郎は著書『宇宙の広さは測れるか』(1985年)の中で「リジル・ケント」としている。その他、『星座大全』を代表とする藤井旭の著書ではリギルケンタウルスという名称が用いられている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o SIMBAD Astronomical Database”. Results for * alf Cen. 2013年1月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q SIMBAD Astronomical Database”. Results for alf Cen A. 2016年10月15日閲覧。
  3. ^ a b c d 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、126頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  4. ^ a b Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations. Sky Pub. Corp.. p. 27. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  5. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年11月9日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k Kervella, Pierre; Thevenin, Frederic (2003年3月15日). “A Family Portrait of the Alpha Centauri System”. ESO. 2013年1月20日閲覧。
  7. ^ a b Gilli G.; Israelian G.; Ecuvillon A.; Santos N. C.; Mayor M. (2006). “Abundances of Refractory Elements in the Atmospheres of Stars with Extrasolar Planets”. Astronomy and Astrophysics 449 (2): 723–36. arXiv:astro-ph/0512219. Bibcode 2006A&A...449..723G. doi:10.1051/0004-6361:20053850. libcode 2005astro.ph.12219G. 
  8. ^ a b c d Bazot, M.; Bouchy, F.; Kjeldsen, H.; Charpinets, S.; Laymand, M.; Vauclair, S. (2007). “Asteroseismology of α Centauri A. Evidence of rotational splitting”. Astronomy and Astrophysics 470: 295-302. doi:10.1051/0004-6361:20065694. 
  9. ^ a b c d 輝星星表第5版
  10. ^ a b c Thévenin, F.; Provost, J.; Morel, P.; Berthomieu, G.; Bouchy, F.; Carrier, F. (2002). “Asteroseismology and calibration of alpha Cen binary system”. Astronomy & Astrophysics 392: L9. arXiv:astro-ph/0206283. Bibcode 2002A&A...392L...9T. doi:10.1051/0004-6361:20021074. 
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q SIMBAD Astronomical Database”. Results HR 5460. 2013年1月20日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g Pourbaix, D. (2002). “Constraining the difference in convective blueshift between the components of alpha Centauri with precise radial velocities”. Astronomy and Astrophysics 386 (1): 280–85. arXiv:astro-ph/0202400. Bibcode 2002A&A...386..280P. doi:10.1051/0004-6361:20020287. 
  13. ^ Beech, M. Alpha Centauri: Unveiling the Secrets of Our Nearest Stellar Neighbor. New York: Springer, 2015. pp. x-xi.
  14. ^ Research Consortium on Nearby Stars, GSU (2007-09-17). “The One Hundred Nearest Star Systems”. RECONS. http://www.chara.gsu.edu/RECONS/TOP100.posted.htm 2013年1月20日閲覧。. 
  15. ^ Hartkopf, W.; Mason, D. M. (2008年). “Sixth Catalog of Orbits of Visual Binaries”. U.S. Naval Observatory. http://ad.usno.navy.mil/wds/orb6.html 
  16. ^ Reipurth, B., Mikkola, S. "Formation of the Widest Binaries from Dynamical Unfolding of Triple Systems". Aohoku Place, HI: Institute for Astronomy, Univ. of Hawaii at Manoa. December 6, 2012. PDF. Retrieved 14 October 2016.
  17. ^ a b Chang, Kenneth (2016年8月24日). “One Star Over, a Planet That Might Be Another Earth”. ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/2016/08/25/science/earth-planet-proxima-centauri.html 2016年10月14日閲覧。 
  18. ^ a b Matthews, R.A.J.; Gilmore, G. (1993). “Is Proxima really in orbit about α Cen A/B?”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 261: L5. http://adsabs.harvard.edu/abs/1993MNRAS.261L...5M. 
  19. ^ Washington Visual Double Star Catalog, 2006.5 (WDS)”. U.S. Naval Observatory (2008年). 2016年10月15日閲覧。
  20. ^ Heintz, W. D. (1978). Double Stars. D. Reidel. p. 19. ISBN 90-277-0885-1. 
  21. ^ Worley, C. E.; Douglass, G. G. (1996). Washington Visual Double Star Catalog, 1996.0 (WDS). United States Naval Observatory. http://adc.gsfc.nasa.gov/adc-cgi/cat.pl?/catalogs/1/1237. 
  22. ^ E. E. Mamajek; L. A. Hillenbrand (2008). “Improved Age Estimation for Solar-Type Dwarfs Using Activity-Rotation Diagnostics”. Astrophysical Journal 687 (2): 1264–1293. arXiv:0807.1686. Bibcode 2008ApJ...687.1264M. doi:10.1086/591785. 
  23. ^ Bazot, M.; Bourguignon, S.; Christensen-Dalsgaard, J. (2012). “A Bayesian approach to the modelling of alpha Cen A”. MNRAS 427: 1847–1866. arXiv:1209.0222. Bibcode 2012MNRAS.427.1847B. doi:10.1111/j.1365-2966.2012.21818.x. 
  24. ^ Miglio, A.; Montalbán, J. (2005). “Constraining fundamental stellar parameters using seismology. Application to α Centauri AB”. Astronomy & Astrophysics 441: 615–629. arXiv:astro-ph/0505537. Bibcode 2005A&A...441..615M. doi:10.1051/0004-6361:20052988. 
  25. ^ Thoul, A.; Scuflaire, R.; Noels, A.; Vatovez, B.; Briquet, M.; Dupret, M.-A.; Montalban, J. (2003). “A New Seismic Analysis of Alpha Centauri”. Astronomy & Astrophysics 402: 293–297. arXiv:astro-ph/0303467. Bibcode 2003A&A...402..293T. doi:10.1051/0004-6361:20030244. 
  26. ^ Eggenberger, P.; Charbonnel, C.; Talon, S.; Meynet, G.; Maeder, A.; Carrier, F.; Bourban, G. (2004). “Analysis of α Centauri AB including seismic constraints”. Astronomy & Astrophysics 417: 235–246. arXiv:astro-ph/0401606. Bibcode 2004A&A...417..235E. doi:10.1051/0004-6361:20034203. 
  27. ^ a b “The Colour of Stars”, Australia Telescope, Outreach and Education (Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation), (December 21, 2004), オリジナルの2012年5月24日時点によるアーカイブ。, https://archive.is/Nn1L 2016年10月15日閲覧。 
  28. ^ Guinan, E.; Messina, S. (1995年). “IAU Circular 6259, Alpha Centauri B”. Central Bureau for Astronomical Telegrams 
  29. ^ a b Robrade, J.; Schmitt, J.H.M.M., Favata, F. (2005). “X-rays from α Centauri - The darkening of the solar twin”. Astronomy and Astrophysics 442 (1): 315-321. doi:10.1051/0004-6361:20053314. http://adsabs.harvard.edu/abs/2005A&A...442..315R 2008年6月27日閲覧。. 
  30. ^ a b c SIMBAD Astronomical Database”. Results for V* V645 Cen. 2016年10月15日閲覧。
  31. ^ Ségransan, D. et al. (2003), “First radius measurements of very low mass stars with the VLTI”, Astronomy and Astrophysics 397 (3): L5–L8, arXiv:astro-ph/0211647, Bibcode 2003A&A...397L...5S, doi:10.1051/0004-6361:20021714 
  32. ^ Van Zyl, Johannes Ebenhaezer (1996). Unveiling the Universe: An Introduction to Astronomy. Springer. ISBN 3540760237. 
  33. ^ a b Hartung, E.J.; Frew, David Malin, David (1994年). “Astronomical Objects for Southern Telescopes”. Cambridge University Press 
  34. ^ a b Norton, A. P.; Ed. I. Ridpath (1986). Norton's 2000.0 :Star Atlas and Reference Handbook. Longman Scientific and Technical. pp. 39-40. 
  35. ^ Mitton, Jacquelin (1993). The Penguin Dictionary of Astronomy. Penguin Books. p. 148. 
  36. ^ This is calculated for a fixed latitude by knowing the star's declination (δ) using the formulae (90°+ δ). Alpha Centauri's declination is −60° 50′, so the latitude where the star is circumpolar will be south of −29° 10′S or 29°. Similarly, the place where Alpha Centauri never rises for northern observers is north of the latitude (90°+ δ) N or +29°N.
  37. ^ James, Andrew. “'The '"Constellations : Part 2 Culmination Times"'”. Sydney, New South Wales: Southern Astronomical Delights. 2008年8月6日閲覧。
  38. ^ Benedict, G. Fritz; McArthur, Barbara; Nelan, E.; Story, D.; Whipple, A. L.; Shelus, P. J.; Jefferys, W. H.; Hemenway, P. D. et al. (1998). “Proxima Centauri: Time-resolved Astrometry of a Flare Site using HST Fine Guidance Sensor 3”. In Donahue, R. A.; Bookbinder, J. A.. ASP Conf. Ser. 154, The Tenth Cambridge Workshop on Cool Stars, Stellar Systems and the Sun. p. 1212 
  39. ^ Page, A.A. (1982). “Mount Tamborine Observatory”. International Amateur-Professional Photoelectric Photometry Communication 10: 26. Bibcode 1982IAPPP..10...26P. 
  40. ^ Knobel, p. 416.
  41. ^ Kameswara Rao, R. (1984). “Father J. Richaud and early telescope observations in India”. Bulletin of the Astronomical Society of India 81: 81. 
  42. ^ Glass, I. S. (2013). Nicolas-Louis de La Caille, Astronomer and Geodesist. Oxford University Press. 
  43. ^ a b Pannekoek, A., "A Short History of Astronomy", Dover, 1989, pp. 345–6
  44. ^ Herschel, J. F. W. (1847). Results of Astronomical Observations made during the years 1834,5,6,7,8 at the Cape of Good Hope; being the completion of a telescopic survey of the whole surface of the visible heavens, commenced in 1825.. Smith, Elder and Co, London. 
  45. ^ Kamper, K. W.; Wesselink, A. J. (1978). “Alpha and Proxima Centauri”. Astronomical Journal 83: 1653. Bibcode 1978AJ.....83.1653K. doi:10.1086/112378. 
  46. ^ Best image of Alpha Centauri A and B”. 2016年10月21日閲覧。
  47. ^ Aitken, R.G., "The Binary Stars", Dover, 1961, pp. 236–237.
  48. ^ Boffin, Henri M. J. et al. (2013-12-04). “Possible astrometric discovery of a substellar companion to the closest binary brown dwarf system WISE J104915.57–531906.1”. Astronomy and Astrophysics 561: L4. arXiv:1312.1303. Bibcode 2014A&A...561L...4B. doi:10.1051/0004-6361/201322975. 
  49. ^ The Hipparcos Catalogue – R.A. 14h-19h, HIP: 68301-93276”. ESA. 2016年10月21日閲覧。
  50. ^ Hipparcos Data Vol.8. (1997)”. ESA. 2009年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月21日閲覧。
  51. ^ The 150 Stars in the Hipparcos Catalogue Closest to the Sun (1997)”. ESA. 20016-10-21閲覧。
  52. ^ Contents of the Hipparcos Catalogue (1997)”. ESA. 2016年10月21日閲覧。
  53. ^ Benedict, G. F. (1999). “Interferometric Astrometry of Proxima Centauri and Barnard's Star Using HUBBLE SPACE TELESCOPE Fine Guidance Sensor 3: Detection Limits for Substellar Companions”. Astronomical Journal 118 (2): 1086–1100. arXiv:astro-ph/9905318. Bibcode 1999AJ....118.1086B. doi:10.1086/300975. 
  54. ^ “Planet Found in Nearest Star System to Earth”. ヨーロッパ南天天文台. (2012年10月16日). http://www.eso.org/public/news/eso1241/ 2012年10月18日閲覧。 
  55. ^ “最も近い恒星系に地球大の惑星…研究チーム発見”. 読売新聞. (2012年10月17日). オリジナル2012年10月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121019053529/http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20121017-OYT1T00521.htm 2012年10月18日閲覧。 
  56. ^ “太陽系から最も近い太陽系外惑星が消えた!”. ナショナルジオグラフィック. (2015年11月4日). http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/110200307/ 2015年11月4日閲覧。 
  57. ^ a b LePage,Andrew (2015年3月28日). “Has Another Planet Been Found Orbiting Alpha Centauri B?”. Drew ex Machina. 2015年10月12日閲覧。
  58. ^ Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations. Sky Pub. Corp.. p. 27. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  59. ^ Mark Fisher. “eSky: Alpha Centauri”. eSky. 2014年4月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]