J2000.0

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

J2000.0またはJ2000とは、天文学または測量学でいう元期のひとつであり、地球時西暦2000年1月1.5日(1月1日12:00、正午)を指す。この時刻は、協定世界時では2000年1月1日11:58:55.816 UTC、日本標準時では、2000年1月1日20:58:55.816 に当たる。なお、地球時(TT)は、過去の暦表時と連続していて、閏秒のない時刻系で、世界時(UT)より約1分進んでいる[1]

J2000.0元期を使う状況では、以前にはB1950.0元期が使われていた。

特に、J2000.0分点赤道座標を指す。1992年1月1日から、B1950.0分点のものに代わり使用されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 時刻系(Time System)よりTDT-UTCは、2009. 1. 1以降66.184秒となっているが、今後増加する可能性がある。なおTDTはTTとは厳密には定義が異なり、一般的にはTTが使われているが、一部でTDTを使用したままの場合がある。原子時計の精度に由来する。