アケルナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アケルナル[1]
Achernar[2][3]
仮符号・別名 エリダヌス座α星[4]
星座 エリダヌス座
視等級 (V) 0.50[4]
0.40 - 0.46(変光)[5]
変光星型 BE[5]
位置
元期:J2000.0[4]
赤経 (RA, α) 01h 37m 42.84548s[4]
赤緯 (Dec, δ) -57° 14′ 12.3101″[4]
赤方偏移 0.000053[4]
視線速度 (Rv) 16km/s[4]
固有運動 (μ) 赤経: 87.00 ミリ秒/年[4]
赤緯: -38.24 ミリ秒/年[4]
年周視差 (π) 23.39± 0.57ミリ秒[4]
距離 139.38 ± 3.48光年[注 1]
(42.75 ± 1.07パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) -2.655[注 2]
物理的性質
半径 10 R
質量 6~8 M
自転速度 225~300 km/s
スペクトル分類 B6Vep[4]
表面温度 14,510 K
色指数 (B-V) -0.16[6]
色指数 (U-B) -0.66[6]
色指数 (R-I) -0.11[6]
年齢 1~5 × 108
別名称
別名称
CD -57 316[4], FK5 54[4]
HD 10144[4], HIP 7588[4]
HR 472[4], SAO 232481[4]
■Project ■Template

アケルナル[1]Achernar[2][3])は、エリダヌス座α星エリダヌス座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。

特徴[編集]

アケルナルの想像図。自転があまりに速いために、遠心力で引き延ばされているという説がある。また、表面は高温のため青白く見える。

2003年ヨーロッパ南天天文台VLT干渉計による観測により、アケルナルは、赤道方向に極めてつぶれた形をしていることが分かった。赤道方向の直径は太陽の約12倍、方向は約7.7倍であり、赤道方向の方が1.5倍あまりも長い。これは秒速約250kmという猛スピードで自転しているためだと考えられている(太陽は秒速約1.8km)。ただし、これは本当の星の形を示していないのではないかという説もある。例えば、何らかの原因で星の極方向が赤道付近より極端に暗くなっていれば、見かけ上つぶれた形に見えるだろう。

地球歳差運動により紀元前3000年頃には天の南極に近かった。

観測[編集]

アケルナルの赤緯は-57°14′(2000年)であり、北緯約33度より北では地平線より上に昇って来ない。そのため、日本では鹿児島宮崎高知南部・熊本南部以南の地域でしか見る事ができず、北半球の多くの国々では全く見ることができない。また、沖縄などでもあまり高く昇らず、南の空に低く見ることしかできない。このため、かなり明るい星にも関わらず、日本での知名度はそう高くない。しかし、南半球では、青白い輝きが目立ち、オーストラリアシドニーでは年中沈まない周極星になる。また、近くに小マゼラン雲も見える。

名称[編集]

バイエル符号はエリダヌス座α星(α Eridani、略称はα Eri)で、フラムスティード番号はない。アケルナルという固有名は、アラビア語で「河の果て」という意味である「آخر النهر ākhir an-nahr(アーヒル・アン=ナハル)」に由来する[1]。これは、アケルナルが、エリダヌス座の南端にあり、オリオン座の西から始まるエリダヌス川が、蛇行しながら南へ流れ、アケルナルで終わるように見立てられたことから来ている。中世までエリダヌス座の本来の南の端はθ星(アカマル)であり、「アカマル」(Acamar)という呼称自体がアラビア語で「川の果て」を意味するアラビア語「アーヒル・アン=ナフル」 ākhir al-nahr に由来したものであった。 ルネサンス期にエリダヌス座が南に拡張された時に、「川の果て」も南へ移動し現在のα星が新たに「川の果て」となりアカマル(Acamar)と同じ ākhir al-nahr の音に由来する「アケルナル」(Achernar)と呼ばれるようになった[2] 。2016年6月30日に国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Achernar をエリダヌス座α星の固有名として正式に承認した[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c 近藤二郎 『星の名前のはじまり アラビアで生まれた星の名称と歴史』 (新版) 誠文堂新光社、2012年8月ISBN 978-4-416-21283-7 
  2. ^ a b c Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations. Sky Pub. Corp.. p. 36. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  3. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年11月15日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME ACHERNAR. 2013年1月15日閲覧。
  5. ^ a b GCVS”. Results for alf Eri. 2015年10月12日閲覧。
  6. ^ a b c 輝星星表第5版

関連項目[編集]