昇交点黄経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

昇交点黄経(しょうこうてんこうけい、英語: longitude of the ascending node)は、軌道要素の1つで、軌道の春分点から反時計回り昇交点までの角度のことを指す[1]。天体の座標を表すときに使われる。記号Ωを使って表す[2]

太陽系の惑星の昇交点黄経は以下のとおりである[2]

惑星 昇交点黄経(
水星 48.312
金星 76.637
地球 174.836
火星 49.512
木星 100.493
土星 113.625
天王星 74.018
海王星 131.781

出典[編集]

  1. ^ 昇交点黄経”. 美星天文台. 2015年9月24日閲覧。
  2. ^ a b 国立天文台編 『理科年表 第88冊(平成27年)』 丸善2014年11月30日ISBN 978-4-621-08889-0