アンドロメダ座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンドロメダ座
Andromeda
Andromeda
属格 Andromedae
略符 And
発音 IPA: [ænˈdrɒmɨdə]、属格 /ænˈdrɒmɨdiː/
象徴 Andromeda,
the Woman Chained
概略位置:赤経 0h40m
概略位置:赤緯 +38°
20時20分正中 11月27日
広さ 722平方度[1]19位
主要恒星数 4, 18
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
65
系外惑星が確認されている恒星数 4
3.0等より明るい恒星数 3
10パーセク以内にある恒星数 5
最輝星 β And(2.05
最も近い星 ロス248;(10.32光年)
メシエ天体 3
流星群 アンドロメダ座流星群英語版ビエラ群)
隣接する星座 ペガスス座
カシオペヤ座
とかげ座
ペルセウス座
うお座
さんかく座
テンプレートを表示

アンドロメダ座(アンドロメダざ、Andromeda)は、北天の星座トレミーの48星座の1つ。アンドロメダ銀河 (M31) があることで知られている。

主な天体[編集]

恒星[編集]

α星、β星、γ星の3つの2等星がある[2][3][4]。以下の恒星には、国際天文学連合によって正式に固有名が定められている。

  • α星:アルフェラッツ (Alpheratz) は、かつて、ペガスス座の一部分であり、「ペガスス座δ星」でもあった。この星とペガスス座のα星、β星、γ星の4つの星により形作られる四角形は「ペガススの大四辺形」と呼ばれる。
  • β星:ミラク (Mirach) は「腰布」という意味のアラビア語に由来する。赤色巨星[3]
  • γ星:対照的な色の美しい二重星であり、γ1星の固有名はアルマク。
  • ξ星:固有名はアディル (Adhil) 。
  • υ星:固有名はTitawin。最低でも惑星を3つ持つ。
  • 14番星:固有名はVeritate。Speと命名された惑星を持つ。
  • 51番星:固有名はネンブス (Nembus) 。かつてペルセウス座υ星と呼ばれたこともある。
  • HD 16175:国際天文学連合の100周年記念行事「IAU100 NameExoworlds」でエチオピアに命名権が与えられ、主星はBuna、太陽系外惑星はAbolと命名された[5]
  • HAT-P-6:国際天文学連合の100周年記念行事「IAU100 NameExoworlds」でオランダに命名権が与えられ、主星はSterrennacht、太陽系外惑星はNachtwachtと命名された[5]

その他、以下の恒星が知られている。

星団・星雲・銀河[編集]

アンドロメダ銀河 (M31)

神話[編集]

ボーデ星図に描かれたアンドロメダ

帝政ローマ最初期の詩人オウィディウスの『変身物語』や偽アポロドーロスの『ビブリオテーケー』では以下の物語が伝えられている[7]

アンドロメダーは、エチオピア[注 2]の王ケーペウスと王妃カッシオペイアの娘である。カッシオペイアが「自分の美貌は海のニュムペー ネーレーイスに優る」と自惚れたことに腹を立てたネーレーイスたちはポセイドーンに訴え出た。それを聞き入れたポセイドーンは、エチオピアに海の怪物ケートスを遣わし、災害を引き起こした。困ったケーペウスが神託を立てたところ、「災害を止めるにはアンドロメダーをケートスに生贄として捧げなければならない」とされたため、アンドロメダーはヨッパの海辺の岩に鎖で縛られ、ケートスに捧げられた[8]

そこに、ゴルゴーンの一人メドゥーサを退治して帰る途中のペルセウスが通りかかり、事情を聞いた。ペルセウスは、ケートスを倒して彼女を救うことができたら彼女との結婚を認めることをケーペウスに約束させると、ケートスをハルパーで切って倒してアンドロメダーを救った[8][9]

以後若干の紆余曲折はあったが、アンドロメダーはペルセウスの妻となり、6人の子を成した。後にアテーナーにより天に上げられ、星座になったとされる[8]

呼称と方言[編集]

明治期より「アンドロメダ」という訳名が使われており[10]、明治末期以降数度行われた星座の訳名見直しでも他の呼び名が採用されることはなかった[11][12][13]。これに対して京都帝国大学系の研究者山本一清は「日本語で「アンドロメダ」とするよりも「アンドロメ」に止めた方が女性らしい優しみの感じを與へる[14]」という見解を持っており、1928年に天文同好会の編集により新光社から刊行された『天文年鑑』の第2号では、この星座を「アンドロメ」と表記させた[15]

δ、β、γの3つの星が作る線を、升に盛った穀類の盛り上がった部分を平らにならす「斗掻き」に見立てて「とかきぼし」(斗掻き星)と呼んだことが伝えられている[16][17]。アンドロメダ座は、その領域の多くが二十八宿の1つ「奎宿」の領域に含まれており、江戸時代には奎宿に「トカキボシ」と訓があてられることもあった[17]。また新潟県三条市には、玄米からを落として白米にする作業に使う「米搗き」に見立てた「こめつきぼし」(米搗き星)という呼び名が伝えられている[16][17]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「肉眼で見える最遠天体」には異論がある。たとえば、同じ局所銀河群に属するさんかく座銀河 (M33) も肉眼で見える銀河であり、どちらか遠くにあるかは定かではない。また、約1200万光年とはるか遠くにあるおおぐま座ボーデの銀河 (M81) も恵まれた観測条件であれば肉眼で見えるとする報告もある[6]
  2. ^ 古代ギリシャで「エチオピア (: Aethiopia, (: Αἰθιοπία)」とは、現在の「エチオピア (Ethiopia)」ではなく、リビアや広く北アフリカを指すのに使われた言葉であった。詳しくはen:Aethiopiaを参照。

出典[編集]

  1. ^ 星座名・星座略符一覧(面積順)”. 国立天文台(NAOJ). 2023年1月1日閲覧。
  2. ^ "alf And". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月3日閲覧
  3. ^ a b "bet And". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月3日閲覧
  4. ^ "gam01 And". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月3日閲覧
  5. ^ a b Approved names” (英語). Name Exoworlds. 国際天文学連合 (2019年12月17日). 2020年1月4日閲覧。
  6. ^ McArthur, Guy (2007年9月2日). “Messier Object 81”. SEDS Messier Database. 2022年11月3日閲覧。
  7. ^ Wikisource reference Ovid. “Book IV, V”. In Miller, Frank Justus. Metamorphoses. - ウィキソース. 
  8. ^ a b c Ridpath, Ian. “Star Tales - Andromeda”. 2022年11月3日閲覧。
  9. ^ 草野巧 『ギリシア神話 神・英雄録』新紀元社、1995年1月30日、109頁。ISBN 4883172473 
  10. ^ ジェー、ノルマン、ロックヤー 著、木村一歩内田正雄『洛氏天文学 上冊』文部省、1879年3月、57頁https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/831055 
  11. ^ 星座名」『天文月報』第2巻第11号、1910年2月、 11頁、 ISSN 0374-2466
  12. ^ 学術研究会議 編「星座名」 『天文術語集』1944年1月。doi:10.11501/1124236https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1124236 
  13. ^ 星座名」『天文月報』第45巻第10号、1952年10月、 13頁、 ISSN 0374-2466
  14. ^ 山本一清「天文用語に關する私見と主張 (2)」『天界』第14巻第157号、東亜天文学会、1934年4月、 247-250頁、 doi:10.11501/3219878ISSN 0287-6906
  15. ^ 天文同好会『天文年鑑』2号、新光社、1928年6月、3-6頁。doi:10.11501/1138377https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1138377 
  16. ^ a b 北尾浩一「第4章第2節03「アンドロメダδβγ」」 『日本の星名事典』原書房、2018年5月30日、385-386頁。ISBN 978-4-562-05569-2 
  17. ^ a b c 野尻抱影「秋の星の和名 アンドロメダ座・三角座」 『日本星名辞典』(七版)東京堂出版、1986年4月10日、95頁。ISBN 4490100787 

座標: 星図 00h 46m 00s, 37° 00′ 00″