博物誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1669年版の表紙

博物誌』(Naturalis Historiæ)は、ローマ大プリニウスが著した書。全37巻。地理学天文学動植物鉱物などあらゆる知識に関して記述している。数多くの先行書を参照しており、必ずしも本人が見聞、検証した事柄だけではない。怪獣巨人狼人間などの非科学的な内容も多く含まれ、学問的な体系を完全に成しているわけではない。

古くから知られていたが、特にルネサンス期15世紀活版印刷で刊行されて以来、ヨーロッパの知識人たちに愛読され、引用されてきた。科学史・技術史上の貴重な記述を含むほか、芸術作品についての記述は古代ローマ芸術についての資料として美術史上も珍重された。また、幻想文学にも影響を与えた。

主な内容[編集]

『博物誌』に記された怪物[編集]

プリニウスが記した『博物誌』には、実在する生物に混ざって、ペガサスユニコーンスフィンクスマンティコアサラマンダーといった有名なものから、コロコッタ、アンフィスバエナカトブレパスなど、あまり知られていないものまで、多数の怪物が記されている。

アピス(Apis)
右腹に三日月型の白斑がある雄牛。エジプトの神牛。(第8巻第71(46)章第184 - 186節
アンフィスバエナ(Amphisbaena)
双頭の毒蛇。(第8巻第35(23)章第85節
エアレー(Eale)
カバぐらいの大きさで、ゾウの尾を持ち、毛色は黒あるいは黄褐色で、イノシシの顎を持ち、どの角度にも動かすことの出来る二本の長い角を持つ動物。(第8巻第30(21)章第73節
カトブレパス(Catoblepas)
頭をいつも地面に垂れ下げていて、その目を見た者は誰でも即座に絶命する。(第8巻第32(21)章第77節
コロコッタ(Crocota, Corocotta)
ハイエナと雌ライオンとの交配によって生まれる怪物。人間や牛の声を真似る。(第8巻第30(21)章第72節第8巻第45(30)章第107節
サラマンダー(Salamandra)
トカゲのような形をした、全身を斑点に覆われている動物。(第10巻第86(66)章第188節第11巻第116(53)章第280 – 281節第29巻第23(4)章第74 - 76節
スフィンクス(Sphinx)
毛が褐色で胸に一対の乳房がある獣。(第8巻第30(21)章第72節
ドラゴン(Draco)
インドに棲むドラゴンは象と戦う際に、体を巻きつけ、動けないようにする。(第8巻第11(11)章第32節
トリトン(Triton)
半人半魚の姿をした海神。(第9巻第4(5)章第9節
ナウプリウス(Nauplius)
船の形をした貝。(第9巻第49(30)章第94節
ネレイス(Nereis)
半人半魚の姿をした海の精霊。
バシリスク(Basiliscus)
キュレナイカリビア東半)に生息する猛毒のヘビの一種。その目で見られた者は即死、もしくは石化するといわれる。(第8巻第33(21)章第78 - 79節
フェニックス(Phoenix)
アラビアに生息し、大きさは鷲ぐらいで、頸まわりは金色、尾は青く、薔薇色の毛が点々と混ざり、体は紫。(第10巻第2(2)章第3 - 5節
ペガサス(Pegasus)
エチオピアに生息する翼の生えた角を持つ馬。(第8巻第30(21)章第72節第10巻第70(49)章第136節
マンティコア(Mantichora)
エチオピアに生息し、顔は人間、体は獅子、尻尾はサソリのようで、人間の声を真似るという。(第8巻第30(21)章第75節第8巻第45(30)章第107節
ユニコーン(Monoceros)
インドに生息し、馬の体、鹿の頭、象の肢、猪の尾を持ち、額の中央に黒く、長い一本の角が生えている獰猛な獣。(第8巻第31(21)章第76節
レウクロコタ(Leucrocota)
ハイエナの異種。ロバほどの大きさで、鹿の肢、獅子の首、尾、胸、穴熊の頭、割れた蹄、耳まで裂けた口を持ち、歯のかわりに一本の連続した骨がある。人間の声を真似る。(第8巻第30(21)章第72節

訳書[編集]

中野定雄・中野里美・中野美代訳、雄山閣出版1986年。新版1995年。
  • 『プリニウスの博物誌1〜5』
上記の縮刷版で、五分冊。雄山閣出版2012年。

日本語入門書[編集]

  • ウェザーレッド『古代へのいざない プリニウスの博物誌』中野里美訳、雄山閣出版、1990年
  • 中野里美『ローマのプリニウス』 光陽出版社、2008年 
  • 澁澤龍彦『私のプリニウス』 青土社河出文庫

外部リンク[編集]