ネーレーイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ネーレーイスとヒッポカムポスグリュプトテーク蔵)

ネーレーイス古希: Νηρηΐς, Nērēïs)は、ギリシア神話に登場する海に棲む女神たち、あるいはニュムペーたちの総称である。ネーレーイスは単数形で、複数形ではネーレーイデス古希: Νηρηΐδες, NērēÏdes)。長母音を省略してネレイスネレイデスと呼ばれる。英語ではネレイド

彼女たちは「海の老人」ネーレウスオーケアノスの娘ドーリスの娘たちで[1][2]、姉妹の数は50人とも[3][4]、100人ともいわれ、エーゲ海の海底にある銀の洞窟で父ネーレウスとともに暮らし、イルカヒッポカンポスなどの海獣の背に乗って海を移動するとされた。

神話[編集]

大半のネーレーイスは独立の神話を持たず、これらの叙事詩では名前を数え上げるために海にちなんだ名や水と関連する名をつけたとも推測されている。

主なネーレーイスには、ポセイドーンの妻であるアムピトリーテートロイア戦争の英雄アキレウスの母テティスアイアコスの妻プサマテーなどがいる。また、ネーレーイスは美しいことで知られ、ガラテイアキュクロープスポリュペーモスに恋慕された。ペルセウスの伝説では、カッシオペイアが自分の娘であるアンドロメダーのほうがネーレーイスよりも美しいと言ったことがポセイドーンを怒らせている。

文献別リスト[編集]

ネーレーイスのリストについてはヘーシオドスの『神統記』243-62行 に列挙されており、ホメーロスの『イーリアス』第18巻39行 以下においても、親友パトロクロスの死を悼むアキレウスの母テティスの周囲に仲間たちが集まってくる場面で、ネーレーイスの名前が列挙されている。この他にはアポロドーロスの『ビブリオテーケー』1巻2・7、ヒュギーヌスの『神話集』序 でもネーレーイスの名前についての記述があるが、アポロドーロスのリストはヘーシオドスのものと類似しており、対してヒュギーヌスはホメーロスと類似している。

これら4文献に共通のネーレーイスは、アガウエー、アクタイエー、ガラテイア、キューモトエー、スペイオー、デュナメネー、ドートー、ネーサイエー、パノペー、プロートー、ペルーサにとどまり、アムピトリーテー、テティス、プサマテーといった有名なネーレーイスは必ずしも挙げられていないない。

以下にリストを挙げる(同一文献における重複は除く。『イーリアス』はテティスを含む)。

50音順
名前
綴り(el)
綴り(la)
Hesi
49人
Home
34人
Ap
45人
Hy
47人
順-01 アウトノエー Αὐτονόη Autonoē
順-02 アガウエー Ἀγαύη Agauē
順-03 アクタイエー Ἀκταίη Aktaiē
順-04 アプセウデース Ἀψευδὴς Apseudēs
順-05 アマテイア Ἀμάθεια Amatheia
順-06 アムピトエー Ἀμφιθόη Amphithoē
順-07 アムピノメー Ἀμφινόμη Amphinomē
順-08 アムピトリーテー Ἀμφιτρίτη Amphitrītē [5]
順-09 アレトゥーサ Ἀρέθουσα Arethūsa
順-10 イアイラ Ἴαιρα Iaira
順-11 イーアナッサ Ἰάνασσα Īanassa
順-12 イーアネイラ Ἰάνειρά Īaneira
順-13 イオネー Ionē
順-14 エーイオネー Ἠιόνη Ēionē
順-15 エウアゴレー Εὐαγόρη Euagorē
順-16 エウアルネー Εὐάρνη Euarnē
順-17 エウクランテー Εὐκράντη Eukrantē
順-18 エウドーラー Εὐδώρη Eudōrā
順-19 エウニーケー Εὐνίκη Eunīkē
順-20 エウポンペー Εὐπόμπη Eupompē
順-21 エウモルペー Eumolpē
順-22 エウリュディケー Ευρυδίκη Eurydíkē
順-23 エウリメーネー Εὐλιμένη Eulimēnē
順-24 エラトー Ἐρατώ Eratō
順-25 エピュレー Epyrē
順-26 オーピス Ōpis
順-27 オーレイテュイア Ὠρείθυια Ōrithyia
順-28 ガラテイア Γαλάτεια Galateia
順-29 カリアナッサ Καλλιάνασσα Kallianassa [6]
順-30 カリアネイラ Kallianeira Καλλιάνειρα
順-31 カリュプソー Καλυψώ Kalypsō
順-32 ガレーネー Γαλήνη Galēnē
順-33 キューディッペー Kȳdippē
順-34 キューマトレーゲー Κυματολήγη Kȳmatolēgē
順-35 キューモー Κυμώ Kȳmō
順-36 キューモトエー Κυμοθόη Kȳmothoē
順-37 キューモドケー Κυμοδόκη Kȳmodocē
順-38 クサントー Xanthō
順-39 グラウケー Γλαύκη Glaukē
順-40 グラウコノメー Γλαυκονόμη Glauconomē
順-41 クラントー Krantō
順-42 クリュメネー Κλυμένη Klymenē [7]
順-43 クレイオー Κλειώ Kleiō
順-44 クレーネーイス Krēnēis
順-45 ケートー Κητώ Kētō
順-46 サオー Σαώ Saō
順-47 スペイオー Σπειώ Speiō
順-48 タレイア Θάλεια Thaleia [8]
順-49 ディオーネー Διώνη Diōnē
順-50 デーイオペイア Dēiopeia
順-51 デクサメネー Δεξαμένη Dexamenē
順-52 テティス Θέτις Thetis
順-53 テミストー Θεμιστώ Themistō
順-54 デュナメネー Δυναμένη Dynamenē
順-55 デーロー Dērō
順-56 トエー Θόη Thoē
順-57 ドートー Δωτώ Dōtō
順-58 ドーリス Δωρίς Dōris
順-59 ドリューモー Drȳmō
順-60 ナウシトエー Nausithoē
順-61 ネオメーリス Neomēris
順-62 ネーサイエー Νησαίη Nēsaiē
順-63 ネーソー Νησώ Nēsō
順-64 ネーメルテース Νημερτής Nēmertēs
順-65 パシテアー Πασιθέα Pasitheā
順-66 パノパイア Πανόπεια Panopaia
順-67 パノペー Πανόπη Panopē
順-68 ハリエー Ἁλίη Haliē
順-69 ハリメーデー Ἁλιμήδη Halimēdē
順-70 ヒッポトエー Ἱπποθόη Hippothoē
順-71 ヒッポノエー Ἱππονόη Hipponoē
順-72 ピュロドケー Phyllodokē
順-73 プサマテー Ψαμάθη Psamathē
順-74 プリュノエー Πουλυνόη Poulynoē
順-75 プレークサウレー Plēxaurē
順-76 プロートー Πλωτώ Plōtō [9]
順-77 プロートメデイア Πρωτομέδεια Prōtomedeia
順-78 プロノエー Προνόη Pronoē
順-79 ペルーサ Φέρουσά Pherousa
順-75 ベロエー Beroē
順-76 ポリュノメー Polynomē
順-77 ポントポレイア Ποντοπόρεια Pontoporeia
順-78 ポントメドゥーサ Pontomedūsa
順-79 マイラ Μαῖρα Maira
順-80 メニッペー Μενίππη Menippē
順-81 メリテー Μελίτη Melitē
順-82 ラーオメデイア Λαομέδεια Lāomedeia
順-83 リゲイア Ligeia
順-84 リムノーレイア Λιμνώρεια Limnōreia
順-85 リュコーリアス Lycōrias
順-86 リューシアナッサ Λυσιάνασσα Lȳsianassa
順-87 レイアゴレー Ληαγόρη Leiagorē
順-88 レウコトエー Leucothoē

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、240〜264。
  2. ^ アポロドーロス、1巻2・7。
  3. ^ ヘーシオドス、264。
  4. ^ ヒュギーヌス、序文。
  5. ^ ヘーシオドス『神統記』243行および254行で重複。
  6. ^ カルリアナッサ
  7. ^ 重複1。
  8. ^ タリアー
  9. ^ 重複1。

参考文献[編集]

関連項目[編集]