不和の林檎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『不和の黄金の林檎』(1633年、ヤーコブ・ヨルダーンス/画)

不和の林檎(ふわのりんご、Apple of Discord)は、ギリシア神話において、トロイア戦争の発端とされる事件である。

アイアコスの子・ペーレウスと海の女神・テティスの結婚式に招かれなかった不和と争いを司る女神・エリスは怒り、その恨みから、宴会の席に「最も美しい女神に(καλλίστῃ)」という文字が書かれた黄金の林檎を投げ入れた。ゼウスの妻・ヘーラー、戦いと知恵の女神・アテーナー、愛と美の女神・アプロディーテーは、それぞれ自分が一番美しい容貌の持ち主であると思っていたので、この林檎を得るために争った。その後の事はパリスの審判を参照。

この事から、「不和の林檎」という言葉は、論争の要点や、小さな出来事が大事になることを表す言葉となった[1]

派生的用法[編集]

この事から、ギリシア神話のエリスと同一視されるローマ神話の女神はディスコルディア(Discordia)と呼ばれる。また、ドイツ語及びオランダ語では、この語は英語よりもより口語的に使用され、ドイツ語では"Zankapfel"(口論の-林檎)、あるいは"Erisapfel"(エリスの林檎)、オランダ語では"twistappel"(争いの林檎)と呼ばれる。

バルセロナの行政区・アシャンプラでは、スペイン語でLa manzana de la discordia(カタルーニャ語: L'illa de la discòrdia)と呼ばれる一角がある。"manzana"は、「林檎」と「街の一区画」の両方を表すスペイン語である。モダニズム建築の4つの建造物(アントニ・ガウディカサ・バトリョリュイス・ドメネク・イ・ムンタネーのカサ・リェオ・モレラ、ジュゼップ・プッチ・イ・カダファルクのカサ・アマトリェール、Enric SagnierのCasa Mulleras)があることから、「不和の区画」を意味するこの名が付けられた。

参考文献[編集]

  • フェリックス・ギラン/著 『ギリシア神話』 青土社、137頁
  • 山室静/著 『ギリシャ神話〈付・北欧神話〉』 社会思想社、204頁
  • B・エヴスリン/著、小林稔/訳 『ギリシア神話小事典』 社会思想社、214頁

脚注[編集]

  1. ^ Timothy L. Gall; Susan B. Gall (1 January 2006). The Lincoln library of Greek & Roman mythology. Lincoln Library Press, The. pp. 16–. ISBN 978-0-912168-21-0. https://books.google.com/books?id=_u8NY0ZRDUcC. 

関連項目[編集]