パネース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パネース
創造の神
Phanes.jpg
他の名前 プロートゴノス
エリカパイオス
メーティス
エロース
シンボル
クロノスアナンケー(またはニュクス
兄弟 カオスモイラホーラ

パネース古希: Φάνης, Phanês、「顕現する者」の意)は、オルペウス教創世神話に登場する原初の両性具有

アイテールの中にクロノスによって創られた卵から生れた神[1]。黄金の翼と種々の動物の頭を持ち、光り輝き、全ての物の創造者である[1]

プロートゴノス古希: Πρωτογονος, Prôtogonos、「最初に生まれた者」の意)」とも呼ばれる[1]。その他、メーティスエロース、「エリカパイオス古希: Ηρικεπαιος, Êrikepaios、「力」の意)」とも呼ばれている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』191頁。