エニーペウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エニーペウス古希: Ἐνιπεύς, Enipeus)は、ギリシア神話の神である。長母音を省略してエニペウスとも表記される。大洋神オーケアノステーテュースの息子の1人で、テッサリアー地方のエニーペウス川(現在のエニペアス川英語版)の河神である。エニーペウス川はプティーアーを流れてヒストリアエオティス英語版ペーネイオス川に合流する。神話によるとエニーペウスはサルモーネウスの娘テューローから熱烈に恋されたが、海神ポセイドーンはエニーペウスに化けてテューローを抱き、双生児ペリアースネーレウスを生んだ[1]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、1巻9・8。

参考文献[編集]