アステリアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペルガモンの大祭壇にあるアステリアーとポイベー

アステリアー古希: Ἀστερία, Asteriā)は、ギリシア神話に伝わる女神である。長母音を省略してアステリアとも表記される。

ティーターン神族のコイオスポイベーの娘であり、レートーとは姉妹。ペルセースとの間に娘ヘカテーを生んでいる[1]。一説にポーロスとポイベーの娘[2]。その名は「星座」、あるいは「星の女」を意味するとされる。

あるときアステリアーはゼウスに気に入られてしまい、彼から逃れようとした。逃げ切れないと悟ったときに姿をに変え、海に身を投げた[3]。他説ではアステリアーはゼウスにに変えられ、海に投げ捨てられた。そこから島が生まれ、オルテュギアー島(Isola di Ortigia)と名付けられた。この島は後にゼウスに愛されたレートーがやって来てアポローンアルテミスを産み、デーロス島と改名された[4]

またキケロは、複数のヘーラクレースのうちテュロスで崇められた第4のヘーラクレースは、ユーピテル(ゼウス)とアステリアーの子であり、その娘はカルターゴーであるとしている。[5]

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、404~411。アポロドーロス、1巻2・2、2・4。
  2. ^ ヒュギーヌス、序文。
  3. ^ アポロドーロス、1巻4・1。
  4. ^ ヒュギーヌス、53。
  5. ^ マルクス・トゥッリウス・キケロ『神々の本性について』、3巻42

参考文献[編集]