ケートー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケートー古希: Κητώ, Kētō, 英語: Ceto)は、ギリシア神話の女神である。その名は「海の怪物」という意味である。ケートーは海の危険性や恐怖、海の未知の生物を神格化した女神である。長母音を省略してケトとも表記される。

大地母神ガイア海神ポントスの子で、ネーレウスタウマースポルキュスエウリュビアーと兄弟[1]。兄であるポルキュスを夫とし、ゴルゴーン3姉妹やグライアイ3姉妹の母となった[2]。一説にはエキドナスキュラセイレーンの母ともいう。

このように、二人の子や孫はすべて怪物となった。

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、233~239。アポロドーロス、1巻2・6。
  2. ^ ヘーシオドス、270~276。

参考文献[編集]

関連項目[編集]