ケルベロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケルベロスを捕えてエウリュステウスに見せるヘーラクレース。エウリュステウスは真鍮製の巨大なに隠れている。紀元前525年頃の壺絵ルーブル美術館所蔵。
ローマ時代のケルベロスの彫像。
19世紀のイギリス画家ウィリアム・ブレイクが描いたケルベロス。

ケルベロス古希: Κέρβερος, Kerberos)は、ギリシア神話に登場する怪物ハーデースが支配する冥界番犬である。その名は「底無し穴の霊」を意味する[1]。ラテン語ではケルベルスラテン語: Cerberus)、英語読みはサーベラス

テューポーンエキドナの息子で、オルトロスヒュドラーキマイラスピンクスネメアーの獅子[2]、不死の百頭竜(ラードーン)、プロメーテウスの肝臓を喰らう不死のワシ[3]パイア[4]金羊毛の守護竜[5]といった怪物たちと兄弟。

概要[編集]

ケルベロスは冥府の入り口を守護する番犬である。ヘーシオドスは『神統記』の中で、50の首を持ち、青銅の声で吠える恐るべき猛犬として描いているが[6]、普通は「三つの頭を持つ犬」というのがケルベロスの一般像であり[7]、文献によって多少の差異はあるが、主に3つ首で、たてがみを持つ巨大な犬や獅子の姿で描かれる。

またハーデースに対して忠実で、ヘーシオドスは死者が冥界にやって来る場合にはそのまま冥界へ通すが、冥界から逃げ出そうとする亡者は捕らえて貪り食うと述べている[8]。これが地獄の番犬といわれる由来である。

神話におけるエピソードは多くないが、ヘーラクレースがケルベロスを捕えて地上に連れ出した話は有名である。この際にケルベロスは太陽に驚いて吠え、飛び散った唾液から猛毒植物であるトリカブトが発生したという話も残っている。

3つの頭が交代で眠るが、音楽を聴くと全ての頭が眠ってしまう。ギリシア神話では、竪琴の名手オルペウスが死んだ恋人エウリュディケーを追って冥界まで行く話があるが、ケルベロスはオルペウスの竪琴によって眠らされている。

また、甘いものが好きで蜂蜜芥子小麦とも)の粉を練って焼いた菓子を与えればそれを食べている間に目の前を通過することが出来る。アイネイアースを連れたクーマイのシビュレーや、ペルセポネーに美を分けて貰いに行ったプシューケーはこの方法でケルベロスをやり過ごした。その後この菓子はカローンへの渡し賃にもなっている。ただし、プシューケーが冥界にやってきた際、カローンに渡したのはオボロス銅貨、ケルベロスに食べさせたのは堅パン、シビュレーが食べさせたのは睡眠薬入りの酒に浸したパン(ソップ)だともいわれる。そして、後にこのことから厄介な相手を懐柔する賄賂の意で「ケルベロスにパンを与える」という言葉が生まれた[9]

ダンテの『神曲』「地獄篇」では、貪食者の地獄において罪人を引き裂く姿が描かれた。

後世の解釈[編集]

ルネッサンスの時代、プラトン主義の哲学者達は、ケルベロスを地獄における三位一体の象徴と解釈した[10]。それによれば、3つの頭はそれぞれ、「保存」「再生」「霊化」を象徴し、死後に魂が辿る順序を示すという。

ヨーハン・ヴァイヤーの『悪魔の偽王国』は、悪魔ナベリウスの別名としてケルベロス (Cerberus) の名を挙げている[11]

ザカリー・グレイはケルベロスの三つの首を過去、現在、そして未来の象徴であると解釈して、ヘラクレスがこれに打ち勝ったことは、英雄的な行為は時間にすらも打ち勝つことを意味していると評した[12]

ケルベロスのような「地獄の番犬」の存在はバラモン教仏教の世界にも見られる[13]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ バーバラ・ウォーカー著 『神話伝承事典』より
  2. ^ ヘーシオドス『神統記』309〜332行。
  3. ^ アポロードロス、2巻5・11。
  4. ^ アポロドーロス、摘要(E)1・2。
  5. ^ ヒュギーヌス、151。
  6. ^ ヘーシオドス『神統記』310~312行。
  7. ^ 松平・92P
  8. ^ ヘーシオドス『神統記』769~773行。
  9. ^ 松平・94P
  10. ^ 松平・94P
  11. ^ Johann Weyer; Reginald Scot; Joseph H. Peterson, ed. (2000). Pseudomonarchia Daemonum. http://www.esotericarchives.com/solomon/weyer.htm 2013年8月11日閲覧。. 
  12. ^ ボルヘス・54-55頁
  13. ^ ボルヘス・55頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]