蔵持不三也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

蔵持 不三也(くらもち ふみや、1946年8月28日 - )は、日本の文化人類学者早稲田大学名誉教授。専門は文化人類学・フランス民族学・歴史人類学

来歴・人物[編集]

1946年栃木県今市市(現日光市)生まれ。1965年東京都立鷺宮高等学校卒業。1972年、早稲田大学第一文学部仏文専修卒業。1977年パリ第4大学(ソルボンヌ大学)修士課程(比較文化専攻)修了。1979年社会科学高等研究院(École des Hautes Études en Sciences Sociales)DEA課程(民族学専攻)修了。EHESSではマルセル・モースの高弟アンドレ・ヴァラニャックに師事。1986年、『インド=ヨーロッパ諸制度語彙集I・II』(共訳、エミール・バンヴェニスト)で日本翻訳出版文化賞受賞。1997年、「ペストの文化誌―ヨーロッパの民衆文化と疫病」で早稲田大学より博士号(人間科学)取得。和光大学人文学部・早稲田大学第一文学部非常勤講師を経て、1987年に早稲田大学人間科学部助教授、1992年に同教授。1999年モンペリエ第3大学客員教授(–2000年)。2004年、学術院体制発足により人間科学学術院教授。早稲田大学国際医食文化研究所所長、早稲田文化人類学会会長、ヨーロッパ民族学会日本代表委員など歴任。2017年定年退職。日本語・フランス語論文多数。武蔵大学教授嶋内博愛氏東京学芸大学准教授出口雅敏氏はゼミの一期生。北海道教育大学准教授村田敦郎氏、ソウル祥明大学准教授曺圭憲氏なども門下生。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『祝祭の構図―ブリューゲル・カルナヴァル・民衆文化』(ありな書房、1984年)
  • 『異貌の中世―ヨーロッパの聖と俗』(弘文堂、1986年)
  • 『ワインの民族誌』(筑摩書房、1988年)
  • 『シャリヴァリ―民衆文化の修辞学』(同文舘、1991年)
  • 『ペストの文化誌―ヨーロッパの民衆文化と疫病』(朝日新聞社、1995年)
  • 『シャルラタン―歴史と諧謔の仕掛人たち』(新評論、2003年)
  • 『英雄の表徴―大盗賊カルトゥーシュと民衆文化』(新評論、2011年)

共編著・監修[編集]

  • 『フランス・国境の地アルザス』(編著、社会評論社、1990年)
  • 『ドイツとフランスの高齢者』(共著、早稲田大学人間総合研究センター流動化社会と生活の質プロジェクト、神崎厳、1990年)
  • 『食と健康の文化人類学』(共編著、学術図書出版社、滝口直子、秋野晃司、1995年)
  • 『ヨーロッパの祝祭』(共著、河出書房新社、レオン・マルケ、ジェニファー・M・ラス、エンツォ・スペーラ、1996年)
  • 『ヴィジュアル版世界の神話百科 東洋編―エジプトからインド、中国まで』(監修、原書房、レイチェル・ストーム、2000年)
  • 『巨石文化の謎』(監修、創元社、ジャン=ピエール・モエン、2000年)
  • 『神話・象徴・イメージ』(共編著、原書房、永澤峻、松枝到、2003年)
  • 『図説ヨーロッパ怪物文化誌事典』(監修、原書房、松平俊久、2005年)
  • 『エコ・イマジネール―文化の生態系と人類学的眺望』(監修、言叢社、嶋内博愛、出口雅敏、村田敦郎、2007年)
  • 『医食文化の世界』(監修、早稲田大学国際医食文化研究所、松平俊久、松田俊介、2010年)
  • 『医食の文化学』(共著、松田俊介、言叢社、2011年)
  • 『ヨーロッパ民衆文化の想像力』(共著、伊東一郎・松平俊久、言叢社、2013年)
  • 『神話で訪れる世界遺産』(監修、ナツメ社、2015年)
  • 『「あの世」の名画』(監修、実業之日本社、2016年)
  • 『文化の遠近法』(嶋内博愛と共同監修、伊藤純・藤井紘司・山越英嗣編、言叢社、2017年)

訳書[編集]

  • 『エネルギーの征服―成熟と喪失の文明史』(新泉社、アンドレ・ヴァラニャック、1979年)
  • 『ヨーロッパの庶民生活と伝承』(白水社文庫クセジュ、アンドレ・ヴァラニャック、マルト・ショロ=ヴァラニャック、1980年)
  • 『肉体―伝統社会における慣習と知恵』(信部保隆共訳、社会評論社、フランソワーズ・ルークス、1983年)
  • 『世界考古学地図』(原書房、デーヴィッド・ホワイトハウス、ルース・ホワイトハウス、1984年)
  • 『先史時代の宗教と芸術』(日本エディタースクール出版部、アンドレ・ルロワ=グーラン、1985年)
  • 『世界の根源―先史絵画・神話・記号』(言叢社、アンドレ・ルロワ=グーラン、アンリ・ロケ、1985年)
  • 『時間の歴史』(原書房、ジャック・アタリ、1986年)
  • 『インド=ヨーロッパ諸制度語彙集』I・II(共訳、言叢社、エミール・バンヴェニスト、1986年-1987年)
  • 『農民の愛と性―新しい愛の歴史学』(野池恵子訳共訳、白水社、ジャン=ルイ・フランドラン、1989年)
  • 『図説ヴァイキングの歴史』(原書房、B・アルムグレン、1990年)
  • 『図説パリ歴史物語+パリ歴史小事典』2巻(原書房、ミシェル・ダンセル、1991年)
  • 『新版スポーツの歴史』(白水社、レイモン・トマ、1993年)
  • 『図説世界魔女百科』(杉谷綾子共訳、原書房、フェルナンド・ヒメネス、デル・オリ、1997年)
  • 『図説キリスト教文化事典』(原書房、ニコル・ルメートル、ヴェロニク・ソ、マリー=テレーズ・カンソン、1998年)
  • 『図説ケルト文化誌』(原書房、バリー・カンリフ、1998年)
  • 『ヴィジュアル版図説世界の神話百科―ギリシア・ローマ/ケルト/北欧』(松村一男,米原まり子共訳、原書房、1999年)
  • 『南仏ロマンの謝肉祭(カルナヴァル)―叛乱の想像力』(新評論、エマニュエル・ル・ロア・ラデュリ、2000年)
  • 『絵解き中世のヨーロッパ』(原書房、フランソワ・イシェ、2003年)
  • 『世界秘儀秘教事典』(原書房、エルヴェ・マソン、2006年)
  • 『ヴィジュアル版ラルース世界の神々・神話百科』(原書房、フェルナン・コント、2006年)
  • 『図説人類の起源と移住の歴史―旧石器時代から現代まで』(監訳、リリー・セルデン訳、柊風舎、ラッセル・キング編、2008年)
  • 『図説パリの街路歴史物語』(原書房、ベルナール・ステファヌ、2010年)
  • 『世界の怪物・魔物文化図鑑』(監訳、松平俊久訳、柊風舎、クリストファー・デル、2010年)
  • 『パリのメトロ歴史物語』(原書房、ロジェ・ミケル、2011年)
  • 『世界の民族衣装文化図鑑I・II』(監訳、柊風舎、パトリシア・リーフ・アナワルト、2011年)
  • 『図説パリ魔界伝説』(原書房、フィリップ・カヴァリエ、2012年)
  • 『本の歴史文化図鑑』(監訳、三芳康義訳、柊風舎、マーティン・ライアンズ、2012年)
  • 『世界の文様歴史文化図鑑』(監訳、松平俊久訳、柊風舎、ダイアナ・ニューオール、クリスティナ・アンウィン、2012年)
  • 『ラルース版世界宗教大図鑑』(原書房、アンリ・タンクほか、2013年)
  • 『世界の民族・国家興亡歴史地図年表』(日本語版監修、柊風舎、ジョン・ヘイウッド、2013年)
  • 『街角の遺物・遺構から見たパリ歴史図鑑』(編訳、原書房、ドミニク・レズロ、2015年)
  • 『世界の交易ルート大図鑑――陸・海路を渡った人・物・文化の歴史』(嶋内博愛共訳、柊風舎、フィリップ・パーカー、2015年)
  • 『図説イスラーム百科』(原書房、キャロル・ヒレンブランド、2016年)