言叢社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
言叢社
正式名称 有限会社 言叢社
現況 事業継続中
種類 有限会社
出版者記号 905913, 86209
取次コード 2020
本社郵便番号 〒101‐0065
本社所在地 東京都千代田区西神田2‐4‐1
東方学会本館
外部リンク http://gensousha.sakura.ne.jp/
テンプレートを表示

言叢社(げんそうしゃ)は、東京都千代田区にある出版社有限会社)。 思想、造形表現、精神・心理、文化人類学、民族・民俗などのジャンルを横断し、新たな人間表現の形を模索しながら出版を続けている。

概要[編集]

所在地

  • 東京都千代田区西神田2-4-1 東方学会本館1F

沿革[編集]

  • 言叢社同人として原澤幸子(もと共同通信社文化部記者)、島亨、五十嵐芳子が参加、当時、紀伊國屋書店の会長であった田辺茂一に出版取次ぎ等の協力を得、吉本隆明『論註と喩』の書き下ろしを最初の出版物として、1978年に発足した。

代表的な出版物[編集]

  • 吉本隆明著『論註と喩』・『ハイ・エディプス論』
  • エミール・バンヴェニスト著『インド=ヨーロッパ諸制度語彙集』(全2巻が日本翻訳出版文化賞受賞)
  • ネリー・ナウマン著『山の神』(日本翻訳出版文化賞受賞)
  • ネリー・ナウマン著『生の緒 _縄文時代の物質・精神文化』
  • マリヤ・ギンブタス著『古ヨーロッパの神々』
  • フランツ・ボアズ著『プリミティヴ アート』
  • ディディエ・アンジュー著『皮膚‐自我』『集団と無意識』
  • ジャン・ドリュモー著『告白と許し』
  • ジン之林著『中国の生命の樹』(ジン=革へんに斤)
  • 蘇秉キ著『新探中国文明の起源』(キ=王へんに奇)
  • 渡辺公三『司法的同一性の誕生』『身体・歴史・人類学Ⅰ・Ⅱ』
  • 松村一男『神話思考Ⅰ—自然と人間』
  • 小林茂著『内水面漁撈の民具学』『秩父 山の生活文化』『秩父 山の民俗考古』
  • 崎尾英子著『かよいあいたい心たち』『子どもを支えることば』
  • 西原克成著『赤ちゃんの生命のきまり』
  • 浦上博子著『型の完成にむかって』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]