アンドレ・ルロワ=グーラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アンドレ・ルロワ=グーラン
André Leroi-Gourhan
André Leroi-Gourhan.png
Portrait by José-Manuel Benito Álvarez
生誕 (1911-08-25) 1911年8月25日
パリ
死没 1986年2月19日(1986-02-19)(74歳)
パリ
国籍 フランスの旗 フランス

アンドレ・ルロワ=グーラン(André Leroi-Gourhan、1911年8月25日1986年2月19日)はフランス先史学者・社会文化人類学者。

20世紀フランスを代表する先史学者・社会文化人類学者。第二次世界大戦前には日本でアイヌ民族などの調査に従事。戦後はパリ国立自然史博物館教授などを経て、1969年コレージュ・ド・フランス先史学講座教授に就任、多彩な研究に取り組み厖大な著作を発表した。旧石器時代洞窟壁画などの調査から 壁画と人間の言語活動との関わりを考察した研究はその代表と言える。著書に『先史時代の宗教と芸術』『世界の根源』などがある[1]

著書[編集]

原著
  • L'Homme et la matière (Paris: Albin Michel, 1943).
  • Milieu et techniques (Paris: Albin Michel, 1945).
  • Le geste et la parole, 2 vols. (Paris: Albin Michel, 1964–65).
  • Les religions de la Préhistoire (Paris: PUF, 1964).
  • Préhistoire de l'art occidental (Paris: Mazenod, 1965).
日本語訳

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 筑摩書房 author アンドレ・ルロワ=グーラン
  2. ^ 1931年-2009年フランス文学者ソルボンヌ大学卒。元国際基督教大学教授。
  3. ^ 1974年生。建築家大阪芸術大学卒業後、難波和彦+界工作舎勤務。杉村浩一郎建築設計事務所主宰。
  4. ^ 1982年生。2008年神奈川大学大学院修了、2009年UCL The Bartlett School Diploma中退。坂茂建築設計勤務。