荒木亨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒木 亨(あらき とおる、1931年1月16日 - 2009年8月31日[1])は、フランス文学比較文学者。

北海道生まれ。東京大学文学部仏文科卒、同大学院比較文学比較文化博士課程中退。ソルボンヌ大学を卒業後、1966年国際基督教大学講師。助教授、準教授を経て1978年教授。1992-1995年比較文化研究科長。2002年退任[2]。指導学生に松本俊博NHK編成局長)等がいる[3]

著書[編集]

  • 『ものの静寂と充実 詩・ことば・リズム』朝日出版社 1974
  • 『木魂を失った世界のなかで 詩・ことば・リズム』朝日出版社 1982
  • 『鎖国の日本語』木魂社 1989
  • ロラン・バルト/日本』木魂社 1989
  • 『言葉に形を』研究会シグノ 2003

翻訳[編集]

  • ジャン=ルネ・ユグナン『荒れた海辺』筑摩書房 1965
  • ジャン=ルネ・ユグナン『荒れた海辺の日記』筑摩書房 1965
  • ルネーヴィクトール・ピール『リュバルブの葉蔭に』筑摩書房 1966
  • ジャン=ルネ・ユグナン『もう一つの青春』晶文社 1968
  • ジャン・チボードー『序曲』新潮社 1971
  • ジャン・チボードー『夜を想像せよ』新潮社 1971
  • フェルナン・プイヨン『粗い石』文和書房 1973
  • 『粗い石 ル・トロネ修道院工事監督の日記』形文社 2001
  • アンドレ・ルロワ=グーラン『身ぶりと言葉』新潮社 1973、復刊1992/ちくま学芸文庫 2012
  • セベロ・サルドゥイ『コブラ』晶文社 1975
  • フェルナン・プイヨン『石叫ぶべし』文和書房 1976
  • ティエリ・ド・ボッセ,クリスチャン・ポラック『ジャポニチュード 日本の深層構造』サイマル出版会 1980
  • ジェイムス・L.キューゲル『象徴詩と変化の手法』東海大学出版会 1981
  • ジャック・ルスールヌ『2025年 全人類の道しるべ』東海大学出版会 1983
  • ルネ=ヴィクトル・ピーユ『魔性』早川書房 1983
  • オギュスタン・ベルク『都市の日本 所作から共同体へ』宮原信共訳 筑摩書房 1996 

脚注[編集]