社会科学高等研究院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

社会科学高等研究院(しゃかいかがくこうとうけんきゅういん、フランス語: École des hautes études en sciences sociales、略称:EHESS)は、フランスパリに所在する社会科学分野の教員の養成を目的とする1947年創立の高等教育機関である。

パリ中心部サン=ジェルマン=デ=プレに本部があるが、リヨンマルセイユにもキャンパスがある。大学卒業者を対象とする大学院であり、グランテタブリスマンのひとつである。歴史哲学統計学地理学社会学民俗学芸術文学言語学などの様々な社会科学の分野のセミナーが行われている。

沿革[編集]

高等研究実習院創設以来あった社会科学の再編を求める声を受け、アナール学派リュシアン・フェーヴルフェルナン・ブローデル、シャルル・モラゼの三人の哲学者、歴史学者によりロックフェラー財団の財政的援助を得て1947年高等研究実習院に第6部門(経済・社会科学)が創設された。

初代の部門長はリュシアン・フェーヴル1956年に部門長となったフェルナン・ブローデルフォード財団の支援を受け、カルチエ・ラタンに分散していたグループを現在の本部所在地であるラスパイユ大通りに集めた。1972年にはジャック・ル・ゴフが部門長となった。

1975年、第6部門は行政的に高等研究実習院から独立し、高等教育研究機関としての地位を持ち、独自に免状を発行することができる社会科学高等研究院となった。1977年フランソワ・フュレが院長となる。

2014年12月、社会科学高等研究院内にパリ日仏高等研究センターが設立された。

出身者・教授(高等研究実習院の第6部門を含む)[編集]

日本人出身者

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]