ポイベー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
紀元前170年頃、ペルガモンアクロポリスに建てられたペルガモンの大祭壇英語版に描かれたポイベーとアステリアー。ベルリンペルガモン博物館
同上。ポイベー。

ポイベー古希: Φοίβη, Phoibē)は、ギリシア神話に登場するティーターン神族の女神である。日本語では長母音を省略してポイベとも呼ぶ。

概説[編集]

ウーラノスガイアの娘で、オーケアノスコイオスクレイオスヒュペリーオーンイーアペトスクロノステイアーレアーテミスムネーモシュネーテーテュースと兄弟[1][2]。またコイオスの妻で、レートーアステリアー姉妹の母である[3][4]

したがってアポローンアルテミス、またヘカテーの祖母である。

その名は輝く女を意味し、光明神と考えられる。また、この名は月神としてのアルテミスの呼称としても用いられる。

一説によるとポイベーはデルポイ神託所の支配者の1人で、大地母神ガイア、ティーターン神族のテミスに次いで3番目に支配し、後にここを孫のアポローンに譲ったともいわれる[5]

また、上記のティーターン神族の女神の他にもヘーリオスレーダーレウキッポスの娘にそれぞれ同名のニュンペー(ヘーリオスの娘)及び人物がいる[6]

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、133行-138行。
  2. ^ アポロドーロス、1巻1・3。
  3. ^ ヘーシオドス、404行-409行。
  4. ^ アポロドーロス、1巻2・2。
  5. ^ アイスキュロス『エウメニデス』冒頭。
  6. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』261,308頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]