ヘーメラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘーメラーを描いたウィリアム・アドルフ・ブグローの絵画『日』(1884年)。個人蔵。

ヘーメラー古希: Ἡμέρα, Hēmerā)とは、ギリシア神話に登場する女神である。ヘーメレー古希: Ἡμέρη, Hēmerē)ともいう。その名はギリシア語で「昼間」、「昼の光」の意味で、昼が神格化された神である。

日本語では長母音を省略してヘメラヘメレとも表記される。

概説[編集]

エレボスニュクス(夜)の娘で、アイテール(清澄な大気)の姉妹である[1]

母のニュクス(夜)とは表裏一体をなす存在で、世界の西の果ての地下に館を共有している。ニュクスが世界を巡って夜をもたらしている間はヘーメラーがこの館に待機し、ヘーメラーが世界を巡って昼をもたらしている間は、ニュクスがここに待機している。そのため、2神が共に館にいるのは、昼と夜の境目の一瞬だけであるとされる[2]

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、123行-125行。
  2. ^ ヘーシオドス、744行-757行。

参考文献[編集]

関連項目[編集]