クレウーサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プリアモスの娘クレウーサ。フェデリコ・バロッチ英語版作『アエネアースの逃亡』(1598年、ボルゲーゼ美術館所蔵)の一部

クレウーサ古希: Κρέουσα, Kreoūsa, ラテン語: Creusa)は、「王女」を意味し、この名前を持つ人物がギリシア神話には4人いる。長母音を省略してクレウサとも表記される。

ガイアの娘[編集]

ガイアの娘にあたるナーイアスのクレウーサは、河神ペーネイオスとの間にラピテース族の王[1]ヒュプセウスと娘スティルベー[2]ダプネーを生んだ[3][4]

ヒュプセウスは娘アステュアギュイア[5]キューレーネー[6][7]テミストーの父[8][9][10][11]

スティルベーはアポローンとの間にラピテースケンタウロスを生んだが[12]、ダプネーはアポローンの愛を拒んで月桂樹となった[13][4]

クレオーンの娘[編集]

コリントスクレオーンの娘クレウーサは、メーデイアと離婚したイアーソーンと結婚することになる。しかし、メーデイアは呪いをこめた衣裳をクレウーサに贈ることによって復讐を果たす。この呪いにより、衣裳はクレウーサの肉体に貼りつき、脱ごうとするやいなや彼女を燃やした。アポロドーロスの『ビブリオテーケー』 (1.9.28) などではグラウケー英語版という名で知られる。

エレクテウスの娘[編集]

アテーナイエレクテウスとその妻プラークシテアーの娘のクレウーサ[14]。姉妹たちはアテナイを守るために死んだが、クレウーサは幼かったので助かった。クレウーサはクスートスと結婚し、息子アカイオス英語版イオーン英語版[15]、娘ディオメーデーがいた[16]

エウリーピデースの『イオーン』ではクラウーサは重要な登場人物で、アポローンとの間にイオーンを、夫クスートスとの間にアカイオスとドーロス英語版をもうけた。アポローンをイオーンの父とする文献はこれのみで、劇のために創案されたものかも知れない。

プリアモスの娘[編集]

プリアモスの娘クレウーサ[17]は、アイネイアース(ラテン語:アエネアース)の妻で、アスカニオス(ラテン語:アスカニウス)の母。ウェルギリウスの『アエネーイス』では、ギリシア軍によってトロイアが略奪されたさい、夫と我が子、アンキーセースとともにトロイアを脱出しようとするが、途中ではぐれて死ぬ。アイネイアースは無事に脱出したのち再びトロイアに戻り、クレウーサを探した。そこにクレウーサの霊が現れて語りかけ、新天地に向けて出港することを促して消える[18]

脚注[編集]

  1. ^ ピンダロス『ピュティア祝勝歌』第9歌14行。
  2. ^ シケリアのディオドロス、4巻69・1。
  3. ^ オウィディウス『変身物語』1巻。
  4. ^ a b ヒュギーヌス、203話。
  5. ^ シケリアのディオドロス、4巻69・3。
  6. ^ ピンダロス『ピュティア祝勝歌』第9歌13行1-18行。
  7. ^ シケリアのディオドロス、4巻81・1。
  8. ^ アポロドーロス、1巻9・2。
  9. ^ ヒュギーヌス、1話。
  10. ^ ヒュギーヌス、239話。
  11. ^ ヒュギーヌス、243話。
  12. ^ シケリアのディオドロス、4巻69・1。
  13. ^ オウィディウス『変身物語』1巻452行-567行。
  14. ^ アポロドーロス、3巻15・1。
  15. ^ アポロドーロス、1巻7・3。
  16. ^ アポロドーロス、1巻9・4。
  17. ^ アポロドーロス、3巻12・5。
  18. ^ ウェルギリウス『アエネーイス』2巻673行-794行。

参考文献[編集]