ベンテシキューメー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ベンテシキューメー古希: Βενθεσικύμη, Benthesicȳmē)は、ギリシア神話における女神である。長母音を省略してベンテシキュメとも表記される。その名は「深いところの波のうねり」の意[1]

海神ポセイドーンアムピトリーテーの娘で、アポロドーロスによればトリートーンロデーという兄弟がいた[2]。ベンテシキューメーはポセイドーンとキオネーの子エウモルポス英語版を父の命によりエチオピアで育てた[3]。またベンテシキューメーは結婚しており、夫との間に2人の娘がいた。娘のうちの1人は成長したエウモルポスと結婚した[3]

脚注[編集]

  1. ^ 呉茂一『ギリシア神話(上)』、362頁。
  2. ^ アポロドーロス、1巻4・5。
  3. ^ a b アポロドーロス、3巻15・4。

参考文献[編集]