アレークトー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アレークトー[1](またはアレクトー[2][3]アーレークトー[4]古希: Ἀληκτώ, Alektō; Ἀλληκτώ, Allektōラテン語: Alecto)は、ギリシア神話に登場するエリーニュスの1柱である。「止まない女」の意[5]長母音を省略してアレクトとも表記される。ローマ神話ではフリアエの1柱として登場する。

ヘーシオドスによると、クロノスウーラノスを去勢したときウーラノスから流れ出た血によって受胎したガイアの娘であった[6]。彼女の姉妹はティーシポネーメガイラである[1]

アレークトーはウェルギリウスの『アエネーイス』に[7][8][9]、そしてまたダンテの『地獄篇』に、3柱のエリーニュスの1柱として登場する。

出典[編集]

  1. ^ a b アポロドーロス、1巻1・4。
  2. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』72頁。
  3. ^ フェリックス・ギラン『ギリシア神話』255頁。
  4. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』39頁。
  5. ^ 呉茂一『ギリシア神話(上)』351頁。
  6. ^ ヘーシオドス、176行。
  7. ^ ウェルギリウス、6巻555行
  8. ^ ウェルギリウス、6巻571行。
  9. ^ ウェルギリウス、10巻761行。

参考文献[編集]

関連項目[編集]