ネーレウス (ギリシア神話の神)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボイオーティア地方から出土した紀元前590年-前580年ごろの黒絵式レキュトス。ネーレウスを捕らえようとするヘーラクレースが描かれており、ネーレウスは逃れようとして下半身が魚のような姿に変身している。

ネーレウス古希: Νηρεύς, Nēreus, 英語: Nereus)は、ギリシア神話に登場する海神である。特に穏やかな内海を神格化している。ギリシア神話の英雄ネーレウスとは綴りが違う。長母音を省略してネレウスとも表記される。

概要[編集]

ポントス(海)とガイア(大地)の息子で、タウマースポルキュースケートーエウリュビアーと兄弟[1][2][3]オーケアノスの娘ドーリスとの間に、ネーレーイデス(ネーレーイスたち)と呼ばれる一群の海の女神たちをもうけた[4][5][3]ティーターン神族とされることもある。

ヘーシオドスによれば人々はネーレウスのことを「老人」と呼んだ[6]ホメーロスも『イーリアス』でネーレウスを「海の老人」と呼んでいる[7]。ただし『オデュッセイア』では同じく海の神であるプローテウスのことも「海の老人」と呼んでいる[8]。古代の美術でも老人の姿で表される。そのためプローテウスとも混同された。

ネーレウスは正直で、穏和かつ聡明な神であり、予言の力を持っていた[9]。娘たちネーレーイスの数は50人とも[10][3]、100人ともいわれ、ポセイドーンの妃となったアムピトリーテーペーレウスと結婚して英雄アキレウスを生んだテティスガラテイアプサマテーといった有名な女神もいる。彼女たちと共にエーゲ海の海底に住んだ。

ネーレウスはヘーラクレース伝説に登場する。ネーレウスは海岸で眠っているとことをヘーラクレースに捕らえられ、逃れようとして様々な姿に変身したがヘーラクレースの力に抗することが出来なかったので、ヘスペリスの園へ行く方法をヘーラクレースに教えたという[11]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポントス
 
 
 
ガイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネーレウス
 
ドーリス
 
タウマース
 
エーレクトラー
 
 
 
 
 
ポルキュース
 
ケートー
 
 
 
エウリュビアー
 
クレイオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネーレーイデス
 
イーリス
 
アエロー
 
オーキュペテー
 
ペンプレードー
 
エニューオー
 
ステンノー
 
エウリュアレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポセイドーン
 
 
 
メドゥーサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タルタロス
 
ガイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カリロエー
 
 
 
クリューサーオール
 
 
 
 
 
 
 
ペーガソス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューポーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エキドナ
 
 
 
 
 
 
 
ゲーリュオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケルベロス
 
オルトロス
 
 
 
 
 
 
ヒュドラー
 
キマイラ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スピンクス
 
ネメアーの獅子
 


脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、233行-239行。
  2. ^ アポロドーロス、1巻2・6。
  3. ^ a b c ヒュギーヌス、序文。
  4. ^ ヘーシオドス、240行-264行。
  5. ^ アポロドーロス、1巻2・7。
  6. ^ ヘーシオドス、234行。
  7. ^ 『イーリアス』18巻140行-141行。
  8. ^ 『オデュッセイア』4巻365行。
  9. ^ ヘーシオドス、233行-236行。
  10. ^ ヘーシオドス、264行。
  11. ^ アポロドーロス、2巻5・11。

参考文献[編集]

関連項目[編集]