エウリュビアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エウリュビアー古希: Εὐρυβία, Eurybiā)は、ギリシア神話の女神、あるいは人間の女性である。長母音を省略してエウリュビアとも表記される。

の2名が知られている。以下に説明する。

ポントスの娘[編集]

ガイアとポントスの娘で、ネーレウスタウマースポルキュースケートーと兄弟[1][2]ティーターンクレイオスと結婚して、アストライオスペルセースパラースの3人の有名な子孫を残した[3][4]。エウリュビアーは、ポセイドーンの支配下の副次的な海の女神である。

エウリュビアーは、ヘーシオドスの叙事詩『神統記』、そしてアポロドーロスの作品『ビブリオテーケー』で、簡潔に触れられている。

テスピオスの娘[編集]

テスピオスの50人の娘の1人。ヘーラクレースとの間にポリュラーオスを生んだ[5]

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、233行-239行。
  2. ^ アポロドーロス、1巻2・6。
  3. ^ ヘーシオドス、375行-377行。
  4. ^ アポロドーロス、1巻2・2-2・3。
  5. ^ アポロドーロス、2巻7・8。

参考文献[編集]

  • アポロドーロス『ギリシア神話』高津春繁訳、岩波文庫(1953年)
  • ヘシオドス『神統記』廣川洋一訳、岩波文庫(1984年)
  • 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』、岩波書店(1960年)

関連項目[編集]

エウリュビアは、北米の草花アスターen:Aster)の1種の名前でもある。