イーリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

イーリス古希: Ἶρις, Īris)は、ギリシア神話に登場する女神である。英語読みではアイリス (Iris) となる。日本語では、長母音を省略してイリスとも表記される。

ヘーシオドスの『神統記』によれば、タウマースオーケアノスの娘エーレクトラーの娘で[1]ハルピュイアの姉。ヘルメースゼウスの腹心の部下であるように、イーリスはヘーラーの忠実な部下とされ、しばしば神々の伝令を務める。美術において背中に翼を持った姿で描かれる場合が多い[1]

イーリスはギリシア語で虹を意味する。英語では虹彩も「iris」という[2]。また、イーリスの聖花はアヤメ(アイリス)だが、この名もイーリスに由来する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Iris|Greek mythology”. Encyclopædia Britannica. 2018年5月10日閲覧。
  2. ^ irisの意味・使い方 - 英和辞典”. Weblio辞書. 2018年5月10日閲覧。

関連項目[編集]