ピエール=ナルシス・ゲラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピエール=ナルシス・ゲラン
Lefèvre, Robert - Pierre Narcisse Guérin.jpg
生誕 (1774-03-13) 1774年3月13日
フランス、パリ
死没 1833年7月6日(59歳没)
国籍 フランス
著名な実績 絵画

ピエール=ナルシス・ゲラン(Pierre-Narcisse, baron Guérin、1774年3月13日 - 1833年7月6日)は、フランスパリ出身の画家

略歴[編集]

1785年に王立絵画彫刻アカデミーの美術学校に入学し、ユーグ・タラヴァル(Hughes Taraval:1729–1785)、ブレネ(Nicolas Guy Brenet:1728-1792)、ルニョー(Jean-Baptiste Regnault:1754-1829)に学んだ。1797年に有望な学生に与えられるローマ賞を「La Mort de Caton d'Utique」で受賞した。1799年にサロン・ド・パリに『マルクス・セクストゥスの帰還』を出展し賞を得た。

ローマ賞の奨学金でイタリアに留学し数年間滞在した。1810年からサロンへの出展を再開し、パリにスタジオを作り後進の画家を教えた。1816年にドジュー(Claude Dejoux)の後を継いで、王立アカデミーの教授となった。1822年から在ローマ・フランス・アカデミーの校長を務めた。

門弟[編集]

ウジェーヌ・ドラクロワテオドール・ジェリコーアリ・シェフェールアンリ・シェフェールなどの多くの画家がゲランの教えを受けた[1]

作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Frédéric Chappey, Les Professeurs des Beaux-Arts (1794-1873), dans : Romantisme, 1996. N°93. p. 95-101.