ジョゼフ=マリー・ヴィアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョゼフ=マリー・ヴィアン
Joseph-Marie Vien
JMVien.jpg
生誕 1716年6月18日
フランス,モンペリエ
死没 1809年3月27日
フランス,パリ

ジョゼフ=マリー・ヴィアン(Joseph-Marie Vien 、1716年6月18日 - 1809年3月27日)はフランスの「新古典主義」の画家である。

略歴[編集]

モンペリエに生まれた。同じ南フランス出身のシャルル=ジョゼフ・ナトワールに学んだ。1743年にローマ賞を受賞し、1744年からローマに留学し、1750年までローマに滞在した。ルネッサンス期のイタリア画家の作品を模写し、当時の在ローマ・フランス・アカデミーの校長、ジャン=フランソワ・ド・トロワの影響を受けた。

1750年にパリに戻った後は、自らの絵画学校を開き、1750年代は著名な美術史家。収集家、考古学者のケリュス伯爵(Anne Claude de Caylus)の支援を受け、学者、美術批評家のドゥニ・ディドロの支援や好意的な批評を受けた[1]

1775年に在ローマ・フランス・アカデミーの校長に任じられた。1781年にフランスに戻り、1789年に国王ルイ16世の筆頭宮廷画家となった。フランス革命を経て、1804年に第一執政になったナポレオン・ボナパルトはヴィアンに注目し、ヴィアンを伯爵に任じ、護憲元老院議員に任命した。1809年に亡くなった。

ヴィアンの弟子には新古典主義を代表する画家、ジャック=ルイ・ダヴィッドがいる。

1753年に画家のマリー=テレーズ・ルブールと結婚し、同名の息子(Joseph-Marie Vien le jeune: 1761-1848) も画家となった。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Encyclopædia Britannica , 1911

参考文献[編集]

  • Thomas W. Gaethgens: Joseph-Marie Vien, Peintre Du Roi, 1716-1809. , Arthena 1988, ISBN 2-903239-09-6
  • Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Vien, Joseph Marie" . Encyclopædia Britannica (11th ed.). Cambridge University Press.