ギヨーム・ギヨン=ルティエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギヨーム・ギヨン=ルティエール

ギヨーム・ギヨン=ルティエール(Guillaume Guillon Lethière、1760年1月10日 - 1832年4月22日)はフランスの「新古典派」の画家である。

略歴[編集]

カリブ海のフランスの海外県グアドループのサンタンヌ(Sainte-Anne)で生まれた。母親はグアドループの解放奴隷で、父親のピエール・ギヨンはフランス人の公証人であった。1799年にパリで父親に認知された。幼い頃から絵の才能を示し父親はフランスで教育することに決め1774年にフランスに移った。

家族の3番目の息子であったので3番目をしめす「Letiers」の名前を名乗って、ルーアンに設立された美術学校( l’école publique gratuite de dessin)でジャン=バティスト・デシャン(Jean-Baptiste Descamps)に学んだ。3年間の修行で技術は上達した。後に「Letiers」の名前の綴りは「Le Thière」に変えた。王立絵画彫刻アカデミーの教授、ガブリエル=フランソワ・ドワイアンに弟子入りして働いた。

1784年にローマ賞に応募し、2位となり、2年後、再び応募して入選しなかったが、ローマに留学した。当時ローマにいたジャック=ルイ・ダヴィッドとともに新古典主義のスタイルを発展させた。数年間ローマに留まり、1791年にパリに戻った。

1807年から1816年まで在ローマ・フランス・アカデミーの校長を務め、1818年にレジオンドヌール勲章(シュバリエ)を受勲した。1819年からエコール・デ・ボザールの教授に任じられ、教えた学生にはイジドール・ピルステオドール・ルソールイ・ブーランジェらがいた。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • B. Foucart, G. Capy und G. Firent Laballe: Guillaume Guillon Lethière. Paris und Pointe-à-Pitre, 1991.
  • Darcy Grimaldo Grigsby: Revolutionary Sons, White Fathers and Creole Difference: Guillaume Guillon Lethière’s „Oath of the Ancestors“ of 1822. In: Yale French Studies, 101 (2002): S. 201–226.
  • T. Oriol: Les Hommes célèbres de La Guadeloupe. Basse-Terre, 1935, S. 39–47.