ジャック・イベール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャック・イベール
Jacques Ibert
Jacques Ibert.jpg
基本情報
生誕 1890年8月15日
フランスの旗 フランス共和国、パリ
死没 (1962-02-05) 1962年2月5日(71歳没)
フランスの旗 フランス、パリ
職業 作曲家
ウィキポータル 関連ポータルのリンク

ジャック・フランソワ・アントワーヌ・イベール(Jacques François Antoine Ibert, 1890年8月15日 - 1962年2月5日)は、フランス作曲家。しばしばその作風は、軽妙、洒脱、新鮮、洗練などと言った言葉で評される。

来歴[編集]

イベールはパリで生まれた。1910年パリ音楽院に入学[1]アンドレ・ジェダルジュの対位法講義では「フランス6人組」のダリウス・ミヨーアルチュール・オネゲルと同窓であった。第一次世界大戦中は海軍士官として従軍。1914年に音楽院を卒業し、5年後の1919年、カンタータ『詩人と妖精Le poète et la fée』にてローマ大賞を受賞した。1923年まで3年間ローマに留学、『寄港地』などを作曲した。1937年から1960年まで(第二次世界大戦中を除く)在ローマ・フランス・アカデミーの館長だった[2]1940年、フランス政府よりの依頼を受けて、日本の皇紀2600年奉祝曲として『祝典序曲』を作曲。

1940年6月にパリが陥落すると、北アフリカで抗戦を継続しようとする政治家たちにイベールは同行し、このためにヴィシー政権によってイベールは反逆者と見なされ、曲の演奏が禁じられていた[3]。1944年に在ローマ・フランス・アカデミー館長に復職した。

1955年から1957年までパリの国立オペラ劇場連合(RTLNオペラ座オペラ=コミック座)の監督をつとめた[4]

1962年にパリにて死去。遺体はパリ16区パッシー墓地にて埋葬された。

作品[編集]

管弦楽曲[編集]

  • レディング監獄のバラード(La Ballade de la geôle de Reading)(1921年)- オスカー・ワイルドの同名の詩にもとづく。
  • 交響組曲『寄港地』(Escales)(1922年)
  • 組曲『遊戯』(Jeux)(1923年)
  • スケルツォ『妖精の郷』(Féerique, scherzo)(1925年)
  • 室内管弦楽のためのディヴェルティスマンDivertissement pour orchestre de chambre)(1930年)
  • 海の交響曲(Symphonie marine)(1931年)
  • 交響組曲『パリ』(Paris, Suite symphonique)(1931年)
  • 祝典序曲Ouverture de fête)(1940年)
  • エリザベス朝組曲(Suite Élisabéthaine)(1944年)
  • ルイヴィル協奏曲(Louisville concerto)(1953年)
  • ボストニアーナ(Bostoniana)(1955年)- ボストン交響楽団創立75周年記念に作曲した未完成の交響曲の第1楽章を没後に出版したもの。
  • バッカナール(Bacchanale)(1956年)
  • 架空の愛へのトロピズム(Tropismes pour des amours imaginaires)(1957年)

協奏曲[編集]

室内楽・器楽[編集]

  • 奇想曲(フルートピアノ
  • 組曲『物語』(Histoires)(1917年)- 本来はピアノ独奏曲だが、フルートとピアノ用にも編曲された。マルセル・ミュールによるサクソフォーンとピアノ編曲も知られる。とくに第2曲「小さな白いろば」は単独で演奏される。
  • 木管五重奏のための3つの小品(1930年)
  • 10の楽器のための奇想曲(1930年)
  • 弦楽四重奏曲(1942年)
  • ヴァイオリン、チェロとハープのための三重奏曲(1944年)
  • 即興曲(トランペットとピアノ)(1951年)

オペラ[編集]

  • ペルセウスとアンドロメダ(Persée et Andromède)(1921年)
  • アンジェリック(Angélique)(1927年)
  • イヴトの王様(Le Roi d'Yvetot)(1930年)
  • ゴンザーグ(Gonzague)(1931年)
  • 鷲の子(L'Aiglon)(1937年)- アルテュール・オネゲルとの合作。エドモン・ロスタンの同名の戯曲に基づく。
  • カルディナル家の姉妹(Les Petites Cardinal)(1938年)- アルテュール・オネゲルとの合作オペレッタ。

バレエ音楽[編集]

付随音楽[編集]

  • イタリアの麦藁帽子(Un Chapeau de paille d’Italie)(1930年初演)
    • 本作から『ディヴェルティスマン』が編まれた。
  • ドノゴー(Donogoo)(1930年初演)- ジュール・ロマンの戯曲。
  • サモス島の庭師(Le Jardinier de Samos)(1932初演)
  • 7月14日Le Quatorze Juillet de Romain Rolland)(1936年)- 7人による合作。
  • 夏の夜の夢(Le Songe d’une nuit d’eté)(1942年)

映画音楽[編集]

60作を越える映画音楽を書いている[2]

出典[編集]

  1. ^ Jean-Pierre Thiollet (2004), “Jacques Ibert”, Sax, Mule & Co, H & D, p. 135, ISBN 2914266030 
  2. ^ a b (イタリア語) Jacques Ibert, Villa Médicis Académie de France à Rome, https://www.villamedici.it/direttori/ibert-jacques/ 
  3. ^ Jacque Ibert : Le Chevalier errant / Les Amours de Jupiter, Timpani Records, (2015), https://www.eclassical.com/shop/17115/art68/4946268-255604-3377891312305.pdf 
  4. ^ M. Jacques Ibert est nommé administrateur de la Réunion des théâtres lyriques nationaux, Le Monde, (1955-08-10), https://www.lemonde.fr/archives/article/1955/08/10/m-jacques-ibert-est-nomme-administrateur-de-la-reunion-des-theatres-lyriques-nationaux_1939767_1819218.html 

外部リンク[編集]