ルイ=ジャン=フランソワ・ラグルネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルイ=ジャン=フランソワ・ラグルネ
Louis-Jean-François Lagrenée
Louis Jean Francois Lagrenée - Self-portrait.jpg
自画像
生誕 1725年1月21日
フランス,パリ
死没 1805年6月19日
フランス,パリ

ルイ=ジャン=フランソワ・ラグルネ(Louis-Jean-François Lagrenée、1725年1月21日 - 1805年6月19日)はフランスの画家である。弟の画家、ジャン=ジャック・ラグルネ(Jean-Jacques Lagrenée、通称: Lagrenée le jeune)と区別するため「Lagrenée l'aîné」とも呼ばれる。

略歴[編集]

パリで生まれた[1]。後に国王の筆頭画家になる、シャルル=アンドレ・ヴァン・ローの弟子になった。1744年から王立絵画彫刻アカデミーの学生になり、数年間ローマでも学び、1755年にフランスに戻った後、ルイ15世のもとで王立絵画彫刻アカデミーの会員となり[2]、1758年に教授となった。

1760年にロシア皇帝エリザヴェータに招かれ、サンクトペテルブルクに移った。前年に亡くなったルイ=ジョゼフ・ル・ロラン(Louis-Joseph Le Lorrain) が務めていた、ロシアの宮廷画家、サンクトペテルブルク美術アカデミーの校長の地位を引き継いだ[3]。2年後パリに戻り、王立絵画彫刻アカデミーの教授の仕事に戻り、1763年に弟とローマに移った。1781年に在ローマ・フランス・アカデミーの校長に任命され1787年までその職を続けた。フランス革命後、ナポレオンの帝政が始まった後、パリのエコール・デ・ボザールの副校長やルーブル美術館の学芸員に任じられ、1804年にレジオンドヌール勲章(シュバリエ)を受勲した[4]が程なくして亡くなった。

作品[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Dictionnaire historique, critique et bibliographique Menard & Desenne, Paris, 1822, 15th ed.
  2. ^ Dictionnaire historique, critique et bibliographique Menard & Desenne, Paris, 1822, 15th ed.
  3. ^ A Biographical and Critical Dictionary of Painters and Engravers, M. Bryan, (enlarged by George Stanley),London, 1849.
  4. ^ Archives Nationale, Paris. Cote: LH/1443/12, LAGRENEE AINE, No. 1443012.