ジャック=ルイ・ダヴィッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャック=ルイ・ダヴィッド
Jacques-Louis David
David Self Portrait.jpg
自画像(1794年、ルーヴル美術館蔵)
生誕 1748年8月30日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国 パリ
死没 (1825-02-29) 1825年2月29日(76歳没)
Flag of the Netherlands.svg ネーデルラント連合王国ブリュッセル
代表作ホラティウス兄弟の誓い
ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト
ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠
書斎のナポレオン』など
ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』(1801年、美術史美術館所蔵)
左下にボナパルトのほか、ハンニバルカール大帝の名がある。いずれもアルプス越えの戦将。この他にも4枚、同じ題の絵がある。
ブリュッセルにあるダヴィッドの墓

ジャック=ルイ・ダヴィッドフランス語: Jacques-Louis David1748年8月30日 - 1825年12月29日)は、フランス新古典主義画家18世紀後半から19世紀前半にかけて、フランス史の激動期に活躍した、新古典主義を代表する画家である。

生涯[編集]

1748年、フランスのパリに商人の子として生まれる。1757年の9歳のときに父親が決闘で殺害され、その後裕福な叔父によって育てられる。ダヴィッドが絵に興味を示しはじめたとき、彼の叔父はロココ絵画の大家で、ダヴィッドの母の従兄弟でもあるフランソワ・ブーシェのもとへ送る。しかし当時50歳代だったブーシェは弟子をとっておらず、知人のジョゼフ=マリー・ヴィアン1716年 - 1809年)という画家を紹介し、ダヴィッドは師事する。

長い修業期間を経て、ダヴィッドは1774年《アンティオコスとストラトニケ》で、当時の若手画家の登竜門であったローマ賞を得た。これはヴィアンに入門してから約10年後、26歳頃のことで、当時としては30歳頃が普通であり、少し早いデビューである。しかしダヴィッドは三年連続で落選したことを不服に思い、1772年にはハンガーストライキをおこなっている。この抗議は教師がもう一度絵を描くようにと励ますまで二日半続いた。ローマ賞受賞者は、国費でイタリア留学ができる制度になっており、ダヴィッドも受賞の翌1775年よりイタリアへ留学した。同年、師のヴィアンはローマのフランス・アカデミーの院長としてローマへ赴任したため、師弟揃ってのローマ行きとなった。

ダヴィッドは1780年までの約5年間、イタリアでプッサン、カラヴァッジョ、そしてカラッチなどの17世紀の巨匠の作品の研究に没頭する。こうしたイタリアでの研究を機に彼の作風は、18世紀のフランス画壇を風靡したロココ色の強いものから、新古典主義的な硬質の画風へと変わっていく。ルイ16世注文の《ホラティウス兄弟の誓い》(1784年)は王室から注文を受けて制作された最初の作品だが、サロンに出品されたさいに同時代の画家が「ダヴィッドこそ今年のサロンの真の勝利者である」と述べたほど大きな評判を集め[1]、ダヴィッドの代表作の一つとなった。

1789年フランス革命が勃発するが、このころのダヴィッドは、ジャコバン党員として政治にも関与していた。《球戯場の誓い》を描いている他バスティーユ牢獄襲撃事件にも加わっており、1792年には国民議会議員にもなっている。1793年には革命家マラーの死を描いた《マラーの死》を制作している。1794年にはロベスピエールに協力し、最高存在の祭典の演出を担当、一時期国民公会議長もつとめている。1793年までに、芸術委員会のメンバーとして、ロベスピエールを通じて多くの権力を獲得したダヴィッドは事実上フランスの芸術の独裁者となり、また王立アカデミーを即座に廃止したことで「筆のロベスピエール」とも呼ばれた。その後ロベスピエールの失脚に伴い、ダヴィッドの立場も危うくなり、一時投獄された。この時、自画像(未完成)と唯一の風景画を残している。

1795年の恩赦の後、ダヴィッドは革命と政治にそそいでいたエネルギーを若い画家へ教えることに切り替え、何百人もの若手画家の指導に専念した。

1797年にナポレオンをスケッチしているが肖像画を完成させるには至らなかった。1799年のナポレオンによる軍事クーデターのあと第一統領就任した彼は、ダヴィッドにフランスの勝利を記念する絵を複数枚描くように依頼する。また1800年にはレカミエ夫人による依頼で肖像画を依頼され、《レカミエ夫人像》を制作したが未知の理由で未完成のままに終わった(ダヴィッドの仕事が遅すぎると思ったレカミエが、1802年に代わりに同様の肖像画を描くようにと彼の生徒の一人フランソワ・ジェラールに依頼したため仕上げる機会を失ったともいわれている)。その後、ナポレオン・ボナパルトの庇護を受けて、1804年にはナポレオンの首席画家に任命されている。縦6.1メートル、横9.3メートルの大作《ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠》は1806年から1807年に描かれたものである。1808年「帝国における騎士ダヴィッド」(Chevalier David et de l'Empire)の爵位を与えられた。1815年のナポレオンの失脚後、ダヴィッドはまたも失脚し、1816年ブリュッセルへ亡命し、9年後の1825年に同地で時代に翻弄された77年の生涯を終えた。

ルイ16世の処刑に賛成票を投じたことが災いし、彼の遺体はフランスへの帰国を許されなかったが、心臓が現在ペール・ラシェーズ墓地に埋葬されている。

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木杜幾子『画家ダヴィッド』晶文社、1991, pp. 92-97)

ギャラリー[編集]

邦語文献[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ジャック=ルイ・ダヴィッドに関するカテゴリがあります。

  • 鈴木杜幾子『画家ダヴィッド 革命の表現者から皇帝の首席画家へ』(晶文社、1991年) ISBN 978-4-7949-6062-7
  • デーヴィッド・アーウィン(鈴木杜幾子訳)『新古典主義』(岩波書店、2001)ISBN 4000089293
  • ケネス・クラーク高階秀爾訳)『ロマン主義の反逆 : ダヴィッドからロダンまで13人の芸術家』(小学館、1988)ISBN 4093580316
  • ヒュー・オナー(白井秀和訳)『新古典主義』(中央公論美術出版、1996)ISBN 4805503149
  • デーヴィッド・ブレイニー・ブラウン(高橋明也)『ロマン主義』(岩波書店、2004)ISBN 4000089781
  • 高階秀爾編『ロマン主義』(『世界美術大全集:西洋編 20』小学館、1993) ISBN 4096010200
画集・図録
  • リュック・ド・ナントゥイユ(木村三郎訳)『ダヴィッド』(美術出版社、1987)ISBN 978-4-5681-6056-7
  • 鈴木杜幾子編『新古典主義と革命期美術』(『世界美術大全集:西洋編19』小学館、1993)ISBN 4096010197
論文
先代:
ジョルジュ・クートン
国民公会議長
1794年1月5日 - 1794年1月20日
次代:
アレクシス・ヴァディエ