オーストリア帝国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オーストリア帝国
Kaisertum Österreich
オーストリア大公国
神聖ローマ帝国
1804年 - 1867年 オーストリア=ハンガリー帝国
オーストリアの国旗 オーストリアの国章
国旗 国章
国歌: 神よ、皇帝フランツを守り給え
オーストリアの位置
公用語 ドイツ語(話されていた言語としては他に、ハンガリー語チェコ語ポーランド語ルテニア語ルーマニア語スロヴェニア語クロアチア語セルビア語イタリア語
首都 ウィーン
皇帝
1804年 - 1835年 フランツ1世
1835年 - 1848年 フェルディナント1世
1848年 - 1867年 フランツ・ヨーゼフ1世
首相
1821年  - 1848年 国家宰相 クレメンス・ヴェンツェル・フォン・メッテルニヒ(初代)
1867年 - 1867年 閣僚評議会議長 フリードリヒ・フェルディナント・フォン・ボイスト(最後)
面積
1804年 698,700km²
人口
1804年 21,200,000人
変遷
成立 1804年8月11日
アウスグライヒ 1867年5月31日
通貨 マリア・テレジア・ターラー

オーストリア帝国(オーストリアていこく、ドイツ語: Kaisertum Österreich)は、1804年の成立から1867年オーストリア=ハンガリー帝国への改組まで、オーストリアハプスブルク=ロートリンゲン家(以下、単に「ハプスブルク家」と呼ぶ)がオーストリア皇帝として支配した多民族国家。

前身の、神聖ローマ帝国及びその有力な構成国であったオーストリア大公国時代と、オーストリア帝国、オーストリア=ハンガリー帝国の時代とをあわせて、ハプスブルク君主国あるいはハプスブルク帝国と総称される。

厳密には第一次世界大戦敗戦までオーストリア帝国は存続しているが、本記事ではアウスグライヒまでを扱う。

概要[編集]

17世紀初頭から続いた三十年戦争を経て成立したヴェストファーレン体制を端緒とし、さらに18世紀オーストリア継承戦争七年戦争などによる、政体としての神聖ローマ帝国の形骸化は誰の目にも明らかであった。さらにフランス革命を受けたナポレオン帝国の出現で、中世以来の神聖ローマ帝国は名実ともに消滅した。ハプスブルク家は、事実上の国家を形成していた中東欧に広がるオーストリア大公国の支配領域(ハプスブルク君主国)をもってオーストリア帝国を形成、帝室の勢力圏を再編成した。1822年、君主国は帝国郵便のタクシス家ボヘミアの国家領ホティーシャウを108万9200グルデンで売却した。

この時期の前半はナポレオン戦争とその後のメッテルニヒ時代であり、後半は1848年諸国民の春」によるウィーン体制崩壊後のフランツ・ヨーゼフ1世時代前半である。 この時代はドイツ近代国家の模索期で、「オーストリア皇帝を戴く大ドイツ主義」か、「プロイセン王を戴く小ドイツ主義」かで揺れ動いていた。 だが、広大な非ドイツ人地域の分離が前提となっている大ドイツ主義はオーストリアには迷惑千万であり、さりとて自らが統一ドイツから除外されてしまう小ドイツ主義も論外、非ドイツ人地域も包含した中欧帝国構想は時代遅れというトリレンマ状態にあった。 1866年普墺戦争によりオーストリアは完敗して大ドイツ主義も中欧帝国構想も挫折、最終的にオーストリアは統一ドイツから除外される。また1848年革命に代表される非ドイツ民族の不満を収拾するため、ドイツ民族に次ぐ大勢力であったハンガリー系(マジャル人)に大幅な譲歩(アウスグライヒ)を認め、1867年オーストリア=ハンガリー帝国(二重帝国)が発足した。

なお、二重帝国の成立後もオーストリア帝国は第一次世界大戦に敗戦するまで存続している。「オーストリア=ハンガリー帝国」とは、オーストリア帝国と、アウスグライヒによってオーストリア帝国から形式的に独立したハンガリー王国とによる同君連合の総称である。すなわち、アウスグライヒ以後もハンガリー王国以外の領域は引き続きオーストリア帝国であった。

領域[編集]

1855年のオーストリア帝国民族分布図
オーストリア帝国のデータ
民族構成 ドイツ人: 24%
ハンガリー人: 20%
チェコ人: 13%
ポーランド人: 10%
ルテニア人(ウクライナ人): 8%
ルーマニア人: 6%
クロアチア人: 5%
スロバキア人: 4%
セルビア人: 4%
スロベニア人: 3%
イタリア人: 3%

主要年表[編集]

以後の歴史はオーストリア=ハンガリー帝国#略年表を参照。

関連項目[編集]