ジャン=マリー・ロラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャン=マリー・ロラン

ラ・プラティエール子爵ジャン=マリー・ロラン: Jean-Marie Roland, vicomte de La Platière1734年2月18日 - 1793年11月15日)は、フランス革命期の政治家経済学者ジロンド派の指導者であるマノン・ロラン(ロラン夫人)の夫で、妻に強く影響されていた。1792年にルイ16世の政府で内務大臣となる。1793年に失脚すると逃亡するが、妻の処刑を聞いて自殺した。

経歴[編集]

1776年に、20歳年下のマリー=ジャンヌ・フィリポンに出会う[1]。ロランは当時、尊敬される経済学者であり、シャルル=ジョセフ・パンクークの大百科事典の貢献者であった[2]。2人は、1780年2月4日に結婚し[3]、翌年に娘のマリエが生まれた[4]

妻のお蔭で、1792年3月にジロンド派に入り、内務大臣に就任する。彼のブルジョワジー的な見た目(シンプルなスーツ、ループなしのリボン)は、宮殿の廷吏を驚かせた[5]

辞任後、ジロンド派は攻撃され、ロランはパリを逃げて隠れた。逃亡中に死刑を宣告された。ロラン夫人はパリに残ったため1793年6月に逮捕され、11月8日に処刑された。妻の処刑を聞いたロランは、ルーアンの潜伏先から徘徊し、恐怖政治に対する恐怖を「妻が殺害されたことを知った瞬間から、私は敵に染まった世界には残らない」と表現した。ロランは1793年11月10日の夜にその紙を胸に付け、木にもたれて、杖刀で心臓を刺して自殺した[6][7]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ Dict. Académiciens de Lyon, p. 1149.
  2. ^ Il signe ainsi l'imposante somme intitulée Manufactures, Arts et Métiers, troisième tome de le seconde partie de l'Encyclopédie, ouvrage de plus de 1000 pages publié en 1790. Lire en ligne
  3. ^ "ROLAND de la Platière (Marie Jeanne Phlipon, dame)", Auguste Jal, Dictionnaire critique de biographie et d'histoire, p. 1077-1081.
  4. ^ AD Somme, registre paroissial de St-Michel d’Amiens 1780-1782, 5 octobre 1781.
  5. ^ Jean-Marie Roland De La Platière, Œuvres, Volume 2, Bidault,‎ , p. 82
  6. ^ Claude Perroud, "Note critique sur les dates de l'exécution de Mme Roland et du suicide de Roland", La Révolution française: revue d'histoire moderne et contemporaine, Paris: Société de l'histoire de la Révolution française, t. 22, 1895, pp. 15-26.
  7. ^ Siân Reynolds, Marriage and Revolution: Monsieur and Madame Roland, Oxford University Press, 2012, pp. 287-288.