フランソワ・ジェラール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランソワ・ジェラール
François Gérard (1770–1837), later Baron Gérard MET DP327712.jpg
生誕 (1770-05-04) 1770年5月4日
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領 ローマ
死没1837年1月11日(1837-01-11)(65歳)
フランスの旗 フランス王国 パリ
国籍フランス
著名な実績画家
運動・動向新古典主義

フランソワ・ジェラール(François Pascal Simon, Baron Gérard,1770年5月4日1837年1月11日)は、フランス新古典主義画家

生涯[編集]

ジェラールは1770年ローマにて、ローマ教皇庁駐在フランス大使ベルニ枢機卿の執事をしていた父、J・S・ジェラルドのもとに生まれ、幼少期をローマで過ごした。1782年12歳の時にフランスへ帰国、程なくして彫刻家のオーガスティン・パジューに、次いで画家のギイ=ニコル・ブルネに師事する。

1785年にサロンへ出品されたジャック=ルイ・ダヴィッドの『ホラティウス兄弟の誓い』を見て熱狂し、翌1786年には同氏のアトリエに入門した。1789年にローマ賞に応募し、ダヴィッドの弟子のアンヌ=ルイ・ジロデ=トリオソンに次いで2位となった。

1800年以降ナポレオン・ボナパルトの肖像画注文を決定打にジェラールは画家として確固たる地位を築いた。彼は帝政崩壊後もその地位を脅かされることなく諸外国の君主らからの注文を受け続けた。

1806年にレジオンドヌール勲章(シュバリエ)を受勲した。1811年にパリのエコール・デ・ボザールの教授に任じられた。ジェラールの弟子にはポーラン・ゲランシャルル・ド・スチューベンらがいた。

1837年パリにて死去する。

ギャラリー[編集]

フランソワ・ジェラールに学んだ学生[編集]

フランソワ・ジェラールに学んだ学生には以下のような画家がいる。

参考文献[編集]

  • Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Gérard, François". Encyclopædia Britannica. 11 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 764.
  • Lenormant, Charles (1847). François Gérard, peintre d'histoire: essai de biographie et de critique (2nd ed.). Paris: Adolphe René et compagnie. Retrieved 10 May 2009. A biography by Charles Lenormant.
  • Gérard, Henri; Viollet-le-Duc, Adolphe (1867). Correspondance de François Gérard: peintre d'histoire, avec les artistes et les personnages célèbres de son temps. Paris: Adolphe Lainé et J. Havard. Retrieved 10 May 2009. A biography by Adolphe Viollet-le-Duc followed by François Gérard's correspondence collected by his nephew Henri Gérard.
  • Gérard, Henri (1888). Lettres adressées au baron François Gérard, peintre d'histoire, par les artistes et les personnages célèbres de son temps (3rd ed.). Paris: A. Quentin. Retrieved 10 May 2009. A different biography by his nephew Henri Gérard, 14 etched portraits, additional letters and note