マクシミリアン・ロベスピエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マクシミリアン・ロベスピエール
Maximilien de Robespierre
Robespierre.jpg
マクシミリアン・ロベスピエール、1790年頃
生年月日 1758年5月6日
出生地 Royal Standard of the King of France.svg フランス王国アルトワアラス
没年月日 1794年7月28日
死没地 Flag of France (1794–1815, 1830–1958).svg フランス共和国パリコンコルド広場
出身校 リセ・ルイ=ル=グラン
パリ大学
前職 弁護士
所属政党 ジャコバン派山岳派
サイン Signature de Maximilien de Robespierre.jpg
テンプレートを表示

マクシミリアン・フランソワ・マリー・イジドール・ド・ロベスピエール: Maximilien François Marie Isidore de Robespierre, 1758年5月6日 - 1794年7月28日)は、フランス革命期で最も有力な政治家で代表的な革命家

ロベスピエールは国民議会国民公会代議士として頭角をあらわし、共和主義が勢力を増した8月10日事件から権勢を強め、1793年7月27日公安委員会に入ってからの約一年間はフランスの事実上の首班として活躍した。9月25日、内憂外患の中でロベスピエールが希望していた国民公会からの完全な信任(独裁権)が、公安委員会の議決を経て認められた。左翼ジャコバン派の指導者として民衆と連帯した革命を構想、共和国を守るために国王や政敵などの粛清を相次いで断行し、"テルール"(恐怖政治)を敷いてテロリズムの語源となった[注釈 1]。ロベスピエールは普通選挙法の下の平等人権の擁護者で現代民主主義の先駆者でもあるが、その評価には恐怖政治期の独裁者というイメージが定着している。

概要[編集]

マクシミリアン・ロベスピエールは、1758年フランス北部に位置するアルトワ州の地方都市アラスで、弁護士の家庭に生まれる。早くに母を亡くし、その後父が失踪するなど家庭環境の動揺に直面するが、勉学に励んで進学を果たす。1780年、奨学金を得てパリリセ・ルイ=ル=グラン学院を優秀な成績で卒業し、翌年1781年アラスで弁護士を開業した。

1789年、ロベスピエールはフランス革命直前に三部会が招集されると立候補して選挙に勝利、議員に選出されて再びパリへと旅立つ。まもなく発足した憲法制定国民議会ではジャコバン派に属して演説能力を高め、リベラル政治家として活躍を見せた。1791年には国民議会での派閥抗争を次期立法議会に持ち越さぬために現職議員の立候補を禁止する法案を提出し、同法案を成立させた。1791年憲法が成立、立憲王政下に立法議会が発足したのにともないロベスピエールは一時下野してジャーナリストの世界に転身していく。『有権者への手紙』という誌名で新聞を発行して国民世論の支持を確立、パリでの足固めをしていく。程なくして国王一家が国外逃亡を図って失敗するヴァレンヌ事件が発生した。これを契機にジャコバン派から穏健派が脱退したが、この時ロベスピエールはフイヤン派ジロンド派を結成した時は立場を保持して、反戦、革命の継続を唱えて少数派の左派に留まった。

8月10日事件以後はジャコバン派の左派山岳派を指導して政局を掌握し、1792年国民公会選挙でアラスからパリ市内の選挙区に変えて立候補してトップ当選を果たした。1793年1月15日から1月19日まで、ルイ16世を訴追した国王裁判や処刑を主導するなど活躍を見せた。また、フランス革命戦争での苦戦の責任を厳しく追及し、開戦を決断しながら戦局を打開できないジロンド派の粛清を展開した。

1793年7月27日にロベスピエールが公安委員会に選出されて以降は、革命政権の確立と自己の政治的・社会的理想の実現に邁進した。ルソーの思想に影響を受け、一般意志すなわち自由・平等・友愛といった理念に加えて公共の福祉を重視した。また、政治的には国民の8割を占める小規模な独立自営農や独立小生産者に属したサン・キュロットと呼ばれる一般市民や無産労働者を支持基盤としており、プチブル民主主義共和国を理想とした。 フランス革命戦争で敗北が相次ぐなか戦争遂行を続けていくことに加え、ヴァンデ戦争といった内乱が生じたために国内の反革命勢力に対抗する必要が高まり、"テルール"と呼ばれた恐怖政治が導入された。ジャコバン派内の反対派に対しても粛清がおこなわれ、ロベスピエールは大衆運動を重視して議会と対立する路線を選択したエベール派、新興資本家階級と提携しようとしたダントン派の指導者たちを革命裁判所を通じて次々と逮捕・処刑した。

1794年6月8日、ロベスピエールは非キリスト教化を主導して最高存在の祭典を挙行するなど、革命政府の中核的存在となった。しかし、容赦のない弾圧への反発が強まり国民公会でのロベスピエールの立場は悪化し始めていく。7月27日テルミドール9日)、フーシェバラスタリアンら地方派遣議員は反対派を糾合して国民公会でロベスピエール派の逮捕を可決した。ロベスピエールは一旦逮捕されて監獄に送致されたが、監獄を出て市役所に赴き、市民に蜂起を促した。しかし、国民公会が派遣した国民衛兵に包囲されて逮捕され、弟やルイ・アントワーヌ・ド・サン=ジュストらと共にギロチンで処刑された(テルミドール反動)。

秩序と道徳を重んじて質素で堅実な生活を営んだため、市民に人気があり「清廉潔白な人」と称されたが、政敵からは非妥協的で人間的温かみが欠けた人物と評され、周囲から孤立した[2]

私生活[編集]

マキシミリアンの妹シャルロット・ド・ロベスピエールフランス語版。後に回想録を執筆する。
エレオノール・デュプレ英語版の肖像。ロベスピエールの事実上の妻となっていた[3]

私生活は至って質素で、紳士的な服装や振る舞いは広く市民の尊敬を集めた。テルミドールのクーデターで処刑されたときには、下宿していたデュプレ家に借金が残っていたともいわれる。その清潔さと独身であることから女性から特に人気があり、ロベスピエールが演説する日は女性の傍聴人が殺到したと伝えられている。

生涯独身を貫いたが、アラスの弁護士時代には、地方の名士として社交界に出入りして女性たちには好感をもって迎えられており、中でもデゾルティ嬢とは恋人関係にあるとの噂もあった。またパリに赴いてからは下宿先であるデュプレ家の長女のエレオノール・デュプレ英語版と内縁の妻同然の間柄だったという[注釈 2][注釈 3]。直系の子孫はいない。

生前は、端正な容貌をしていたとされており、肖像画などもそのように描かれていた。しかし、2013年にフランス法医学者グループが、著名な蝋人形師のマダム・タッソーが制作したデスマスクを元に顔を復元したところ、ロベスピエールの顔は、あばた顔で陰湿な目つきをしたものとなった。あばたは自己免疫不全類肉腫症によるものとされる。

弟のオーギュスタンは兄と同様に政治家の道を歩み、テルミドールのクーデターで兄共々処刑されている。妹のシャルロットによる兄弟の回想録がある[4]

評価[編集]

  • ナポレオン「もし処刑されていなかったら、この世でも最も優れた人物になっただろう。私と彼が出会わなかったことを残念に思う」[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 18世紀末に中央集権的な組織を備えた「政党」は存在しないため、ジャコバン派は議員たちの緩やかな連合体であって、国民公会内の一会派的な性格が強かった。したがって、ジャコバン体制はファシズムスターリニズムのような20世紀的な一党独裁体制とは異なっている。ロベスピエールが政権を掌握していた1793年から1794年の間もジャコバン派は少数派で、実際には独立した穏健な中間派(平原派)が多数派を占めており、立法行政司法警察財政軍事に及ぶ国政の全権を完全に掌握していたわけでない。柴田三千雄は、ジャコバン派の独裁を現代的な意味で理解するのは時代錯誤で歴史的に正確な理解ではないと指摘した上で、ロベスピエールによる恐怖政治やジャコバン独裁は、現代の恐怖政治独裁体制とは大きく性格が異なっていると強調している[1]
  2. ^ 彼女は未亡人と呼ばれ、亡くなった際にはロベスピエール未亡人に準じるとして、共和主義者が大勢、葬儀に参列した。
  3. ^ 妹のシャルロットはこれを否定して、兄は生涯童貞だったと述べている。

出典[編集]

  1. ^ 柴田(2007) p.167
  2. ^ 水村光男編 『世界史のための人名辞典』 山川出版社 1991年。 p.393
  3. ^ Hippolyte Buffenoir, Les Portraits de Robespierre, Ernest Leroux, 1910, p. 121
  4. ^ 和訳
  5. ^ ベントラン将軍「セントヘレナ覚書」

文献リスト[編集]

  • フランス革命関連
    • 浅羽通明『右翼と左翼』幻冬舎、2006年。ISBN 4-344-98000-X
    • 安達正勝『フランス革命の志士たち―革命家とは何者か』筑摩書房、2012年。
    • 安達正勝『物語フランス革命 バスティーユからナポレオン戴冠まで』中央公論新社、2008年。
    • 多木浩二『絵で見るフランス革命―イメージの政治学』岩波書店、1989年。
    • 松浦義弘『フランス革命の社会史』山川出版社、1997年。
    • 柴田三千雄『フランス革命』岩波書店、2007年。ISBN 978-4-00-600189-6
    • 遅塚忠躬『フランス革命 - 歴史における劇薬』岩波書店、1997年。ISBN 978-4-00-500295-5
    • 芝生みつかず『フランス革命』河出書房新社、1989年。
    • トーマス・カーライル『フランス革命史1〜6』柳田泉訳、春秋社、1947年、48年 [原著1837年]。
    • モナ・オズーフ『革命祭典』立川孝一訳、岩波書店、1988年7月 [原著1984年]、ISBN 978-4000003223
    • ミシェル・ヴォヴェル『フランス革命の心性』立川孝一ほか訳、岩波書店、1992年5月 [原著1985年]、ISBN 978-4-00-003622-1
    • 松浦義弘「フランス革命期のフランス」(柴田三千雄・樺山紘一福井憲彦編『フランス史 2 16世紀 - 19世紀なかば』山川出版社〈世界歴史大系〉、1996年7月。ISBN 978-4-634-46100-0。)
    • ハンナ・アーレント『革命について』筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、1995年6月 [原著1963年] ISBN 978-4480082145
    • アレクシス・ド・トクヴィル『旧体制と大革命』筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉1998年1月[原著1856年]、ISBN 978-4480083968
    • 『フランス革命事典 2』フランソワ・フュレ、モナ・オズーフ編、河野健二ほか監訳、みすず書房〈人物 1 みすずライブラリー〉、1998年12月 [原著1988年]。ISBN 978-4-622-05033-9
    • カール・マルクス『ルイ・ボナパルトのブリュメール18日』植村邦彦訳、平凡社平凡社ライブラリー 649〉、2008年9月。ISBN 978-4-582-76649-3
    • 二宮宏之「フランス絶対王政の統治構造」(『二宮宏之著作集 3 ソシアビリテと権力の社会史』岩波書店、2011年12月、ISBN 978-4-00-028443-1。)
    • 柴田三千雄『フランス革命はなぜおこったか 革命史再考』福井憲彦・近藤和彦編、山川出版社、2012年4月。ISBN 978-4-634-64055-9

外部リンク[編集]