ジョゼフ・ボナパルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジュゼッペ1世 / ホセ1世
Giuseppe I / José I
ナポリ王スペイン王
Joseph bonaparte.jpg
ホセ1世(フランソワ・ジェラール画、1810年頃)
在位 1806年3月30日 - 1808年6月6日
(ナポリ王)
1808年6月6日 - 1813年12月11日
(スペイン王)
全名
出生 (1768-01-07) 1768年1月7日
Flag of Corsica.svg コルシカ共和国コルテ
死去 (1844-07-28) 1844年7月28日(満76歳没)
Flag of the Grand Duchy of Tuscany (1840).svg トスカーナ大公国フィレンツェ
埋葬 フランスの旗 フランス帝国パリオテル・デ・ザンヴァリッド
配偶者 ジュリー・クラリー
子女
王朝 ボナパルテ朝
父親 カルロ・マリア・ブオナパルテ
母親 マリア・レティツィア・ラモリーノ
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

ジョゼフ・ボナパルトフランス語: Joseph Bonaparte1768年1月7日 - 1844年7月28日)は、ナポレオン・ボナパルトの兄である。ナポリ王としてはジュゼッペ1世イタリア語: Giuseppe I, 在位:1806年 - 1808年)、スペイン王としてはホセ1世スペイン語: José I, 在位:1808年 - 1813年)。

生涯[編集]

初期の経歴[編集]

コルシカ島コルテにおいて、カルロ・マリア・ブオナパルテマリア・レティツィア・ラモリーノとの間に、次男(事実上の長男)として生まれる。出生時の名はジュゼッペ・ナブリオン・ブオナパルテコルシカ語: Giuseppe Nabulion Buonaparte)。ローマ駐在フランス全権公使などを歴任する。

1794年8月1日ジュリー・クラリーと結婚。以下の3女を儲けた。

フランス革命が勃発すると、革命政府によってヴィランドリー城を差し押さえられたが、後に皇帝に即位したナポレオンによってこの城を与えられた。帝政開始とともに帝国顕官大選挙人に就任。

ナポリ王とスペイン王[編集]

1806年、ジョゼフはナポリ軍の指揮権を与えられ、直後にナポリ王に即位した。その2年後、義弟ジョアシャン・ミュラがナポリ王位を継承し、ジョゼフはスペイン王ホセ1世となる(「ジョゼフ・ボナパルト治世下のスペイン」も参照)。ボルボン朝の内紛に乗じてフランスの影響力を強化せんとする、ナポレオン1世の意図を受けてのことであった。スペインの民はこれに反発し、即位したホセ1世を「ペペ・ボテージャ」(スペイン語: Pepe Botellaホセの愛称形と瓶で「酔いどれホセ」の意味)と呼んだ。しばしば「ジョゼフは流暢なスペイン語を話した」といわれるが、実際にはスペイン王に即位した際に、不承不承学んだに過ぎない。

スペインにおいては堅実に国内改革に努め、異端審問の廃止、封建制廃止などの旧体制打破を目指した。それらの改革はスペインの貴族、ブルジョワジーに支持され、スペインの近代化に貢献するかに思われた。しかしその性急な改革は、聖職者や地権者などの激しい反発を呼んだ。また、旧態依然とした体制を改善する文治政治の試みは、武断政治を執るナポレオン1世によって阻害された。ホセ1世自身はスペインのゲリラとの和解を目指したが、ナポレオン1世はゲリラ征伐の態度で一貫しており、駐留フランス軍による軍事制圧とスペイン国民への弾圧を推し進めた。こうした情勢の中で、ホセ1世はスペイン国民の支持を失っていった。スペイン独立戦争が激化すると共に軍政が布かれ、ホセ1世は傀儡と化した。1813年には廃位され、ナポレオン戦争終結後は亡命を余儀なくされた。

晩年[編集]

1832年、甥のナポレオン2世が死去した際には、ボナパルティストによってフランス皇帝に擬せられた。

1844年、フィレンツェにおいて76歳で没した。遺体はパリオテル・デ・ザンヴァリッドに葬られた。

人物[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Napoleon I” (英語). Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2015年9月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ジョゼフの廟(アンヴァリッド)
先代:
ナポレオン2世
フランス帝位請求者
1832年 - 1844年
次代:
ルイ1世