河野健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河野 健二(かわの けんじ、1916年11月25日 - 1996年8月10日)は、日本歴史学者経済史家(専攻はフランス経済思想史)。京都大学名誉教授京都市立芸術大学名誉教授。

来歴・人物[編集]

徳島県出身。旧制徳島中学を経て、京都帝国大学経済学部卒業。

1960年京都大学教養部教授になる。1967年4月に、河野の『福沢諭吉』[1]が、同年12月に鹿野政直『福沢諭吉』[2]が発行された。両書は「脱亜論」へのコメントを含む新書版であったため、以来、「脱亜論」は日本帝国主義の理論として有名になった[3]。 1970年代には同様の、「脱亜論」をアジア侵略の礎とする論説が多く発行されるようになった[4]

1968年京都大学人文科学研究所教授1969年から1973年まで「朝日新聞」論壇時評を担当した。新京都学派の一人。1970年所長。1981年定年退官、愛知大学教授、中部大学教授、京都市立芸術大学学長、京都生涯学習総合センター所長を歴任。

桑原武夫の衣鉢を継ぎ、ルソープルードンフランス革命を共同研究し、またフランス革命と明治維新の比較研究を行った。

主な著作[編集]

編著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 河野(1967)
  2. ^ 鹿野(1967)
  3. ^ 平山(2004)、224-225頁。
  4. ^ 平山(2004)、226-227頁。