日本評論社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本評論社(にほんひょうろんしゃ)は、日本出版社の一つである。略称 nippyo。『法律時報』『法学セミナー』『経済セミナー』『数学セミナー』『こころの科学』『からだの科学』で知られる。

概要[編集]

1918年(大正7年)の創業。創業当初は文藝中心であったが、昭和初期には社会問題・社会科学の出版が多くなり、末弘厳太郎編の法律学関係全集や河合栄治郎の著書などで売り上げを伸ばし、急発展した。しかし、1938年1943年河合栄治郎事件(東大の河合教授が二・二六事件を批判し、著書が販売禁止になり、出版法違反で起訴された)、1942年1945年横浜事件治安維持法違反で多くの評論家や出版社が摘発された)と、二つの言論弾圧事件の試練に見まわれた。この時期には、『経済往来』(のち『日本評論』と改題)誌が、総合雑誌として、『改造』『中央公論』と伍していた。小説作品も、宮本百合子「三月の第四日曜」や幸田露伴「連環記」などの作品を掲載し、作品発表の舞台としても、評価されていた。

『法律時報』は1929年創刊で現在も刊行されており、法律以外にも経済・社会・政治・心理・教育・福祉・理工などの本も多く出版している。最近では「夜回り先生」こと水谷修藤田まことの本なども出版している。

本社[編集]

東京都豊島区南大塚3-12-4

代表的出版物[編集]

書籍[編集]

雑誌[編集]

関連項目[編集]

  • 末弘厳太郎(同社から多くの法律関係書を編集出版した)
  • 河合栄治郎(弟子の美作太郎が在籍した縁などから多くの編書、著書を出版した)
  • 石堂清倫(元同社社員、独立し社会評論家)
  • 美作太郎(元同社社員、独立し新評論を立ち上げる)
  • 新評論(同社出身の美作太郎が設立した出版社。「評論」の名を受け継いでいる)
  • 森田実(元出版部長・『経済セミナー』編集長。近年も日本評論社から著作を出版)

外部リンク[編集]