京都大学大学院経済学研究科・経済学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

京都大学大学院経済学研究科(きょうとだいがくだいがくいんけいざいがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Economics)は、京都大学大学院に設置される研究科の一つである。また、京都大学経済学部(きょうとだいがくけいざいがくぶ、英称:Faculty of Economics)は、京都大学に設置される学部の一つである。

概要[編集]

1900年に京都帝国大学法科大学に経済学第一講座財政学が設置された。1919年には京都帝国大学経済学部となり、1949年新制京都大学経済学部が誕生すると、1953年に大学院経済学研究科も置かれた[1]。経済学研究科には経済学専攻が置かれ、附属教育研究施設としては、プロジェクトセンターと東アジア経済研究センターが置かれている。なお、経済学研究科長の任期は2年である[2]

沿革[編集]

教育と研究[編集]

組織[編集]

経済学部[編集]

  • 入学定員240名・3年次編入定員20名[3]
    • 経済学科[3]
    • 経営学科[3]
    • 経済経営学科[3]

経済学研究科[編集]

  • 経済学専攻[2]

研究[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]