京都大学エネルギー理工学研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

京都大学エネルギー理工学研究所(きょうとだいがくエネルギーりこうがくけんきゅうじょ、英称:Institute of Advanced Energy Kyoto University、IAE)は、京都府宇治市(京都大学宇治キャンパス)にある、エネルギー学の研究を行う、京都大学の附置研究所共同利用・共同研究拠点)である。略称はエネ研

沿革[編集]

エネルギー理工学研究所のルーツは京都帝国大学工学部に設置された中央実験所にまで遡ることができる[1]

  • 1914年 京都帝国大学工学部に中央実験所が設立される。
  • 1941年 5研究部門からなる工学研究所として附置される。
  • 1959年 ヘリオトロンA
  • 1960年 ヘリオトロンB
  • 1965年 ヘリオトロンC
  • 1966年 工学部附属超高温プラズマ研究施設が設立される。
  • 1968年 宇治キャンパスに移転。
  • 1969年 原子炉安全解析実験装置室【南1号棟】
  • 1970年 ヘリオトロンD
  • 1971年 工学研究所が原子エネルギー研究所[8研究部門]に改称される。
  • 1972年 マグネトプラズマ実験装置室【北1号棟】
  • 1975年 ヘリオトロンDM
  • 1976年 ヘリオトロン核融合研究センターが設立される。
  • 1980年 ヘリオトロンE
  • 1981年 高温液体伝熱流動実験室【南2号棟】
  • 1983年 プラズマエネルギー直接変換実験棟【南3号棟】
  • 1996年 原子エネルギー研究所とヘリオトン核融合研究センターの一部が合同して、エネルギー理工学研究所が改組により発足し、併せて附属エネルギー複合機構研究センターが設立される。
  • 1999年 ヘリオトロンJ
  • 2004年 国立大学法人京都大学設立、量子光・加速粒子総合工学研究棟【北2号棟】
  • 2006年 附属エネルギー複合機構研究センターに改組される。
  • 2010年 NMR装置群
  • 2011年 文部科学省認定(認定機関:2011年度〜2015年度)共同利用共同研究拠点「ゼロエミッションエネルギー研究拠点」活動が開始される。

組織[編集]

エネルギー理工学研究所には3つの研究部門と1つの附置研究センターがあり、これらに事務部等が加わっている[2]

  • エネルギー生成研究部門 (Advanced Energy Generation Research Division)
    • 量子放射エネルギー研究分野 (Quantum Radiation Energy Research Section)
    • 原子エネルギー研究分野 (Advanced Atomic Energy Research Section)
    • 粒子エネルギー研究分野 (Advanced Particle Beam Energy Research Section)
    • プラズマエネルギー研究分野 (Advanced Plasma Energy Research Section)
    • 先進エネルギー評価研究分野 (Advanced Energy Research Research Section)
  • エネルギー機能変換研究部門 (Advanced Energy Conversion Research Division)
    • 複合機能変換過程研究分野 (Advanced Energy materials Research Section)
    • レーザー科学研究分野 (Advanced Laser Science Research Section)
    • エネルギー基盤材料研究分野 (Advanced Energy Structural Materials Research Section)
    • 複合系プラズマ研究分野 (Complex Plasma System Research Section)
    • クリーンエネルギー変換研究分野 (Clean Energy Research Section)
  • エネルギー利用過程研究部門 (Advanced Energy Utilization Research Division)
    • 複合化学過程研究分野 (Chemical Reaction Complex Processes Research Section)
    • 分子ナノ工学研究分野 (Molecular Nanotechnology Research Section)
    • 生物機能化学研究分野 (Biofunctional Chemistry Research Section)
  • エネルギー複合機構研究センター (Laboratory for Complex Energy Processes)
    • センター附属研究分野 (Complex Energy Processes)
    • ADMIREエネルギー利用推進室 (ADMIRE)
    • 技術室 (Technical Section)
  • 共同利用・共同研究推進室 (Office of Zero-Emission Energy Research)
  • 広報・資料室 (Office for Public Relations and Press)
  • 研究支援部 (Department of Research Support)
    • 環境安全管理室 (Safety and environment)
    • 情報管理・広報室 (Information and public relations)
    • 技術支援室 (Technical support)
  • 事務部 (Administrative department)

大学院教育[編集]

エネルギー理工学研究所では、エネルギー科学研究科の下記専攻の協力講座として大学院教育を行っている[3]

所在地[編集]

  • 611-0011 京都府宇治市五ヶ庄

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]